ジョギングで腰痛になる原因を調べよう!−腰痛ランナー身体分析編−

投稿日:

腰痛ランナーの身体分析方法アイキャッチ

ランナーの痛み

長い距離を走るとどうしても身体に負担がかかってしまう。
特にランナーの方に多いのが走っている時の腰の痛みである。
腰は多方面からの負担がかかってしまう部位である。
その為、どこの部位が腰へ負担をかけているかを調べなければならない。
今回はそんな腰痛ランナーの為の腰分析方法をご紹介していく。
※記事を読む時間が取れない方には以下の動画もオススメです。動画の中ではジョギングやランニングで腰痛になってしまう原因を特定する方法を柔YAWARAが紹介しております。YouTubeでは柔YAWARAによく寄せられるお身体のトラブルについて、それを解消するためのエクササイズを定期的に紹介しておりますので、是非チャンネル登録もよろしくお願いします。


腰痛は腰だけを診ていてはいけない

腰に痛みがある時は、腰自体のケアはもちろんのこと、腰に負担がかかる要因も同時に改善させないといけない。
以前ご紹介した記事でお伝えしたように、上下の関節をチェックしていくことが大切である。
腰が痛い場合は背中の関節や股関節をチェックしていかなければならない。
※こちらの記事から詳しいい身体の分析方法をご紹介しておりますのでぜひ知識を深めるために御覧ください。
痛みがあるランナー向け!『簡単』身体分析理論 | 柔 YAWARA|岡崎市の肩こり・腰痛・膝痛専門整体

腰の分析方法

前述したように腰だけではなく、背中や股関節の分析も同時に行なっていく。

腰の検査方法

方法1
1.両膝を抱える。
※太ももが胸の前につかなかったら腰の後面に硬さがある。

抱え込み

方法2
1.うつ伏せから肘立ての状態にして腰を反らせる。
2.肘立てからさらに肘を伸ばした状態にする。
※肘立ての状態よりも肘を伸ばした状態で痛みが出るようなら体幹の前の柔軟性や腰骨の関節の動きが悪くなっている。

腰をそらす
腰をそらす

背中の関節の検査法

方法
1.手を鎖骨につけて身体を左右に捻る。
※左右差を比べて、身体が開かない方が硬くなっていると判断しよう。

回旋検査
回旋検査

股関節の検査方法

方法1
1.股関節を自然に止まるところまで曲げる。
※膝頭が90°を超えなければ、股関節に硬さが生じている。

股関節屈曲検査

方法2
1,股関節を曲げる。
2.そのまま膝を内側に倒していく。
※膝頭が反対側の肩を超えなければ、股関節が硬くなっている状態だ。

股関節屈曲内転検査1
股関節屈曲内転検査2
※身体の分析ができたら次は腰痛を予防改善そしてパフォーマンスを向上する目的で柔軟性を改善していこう!詳しくはこちらの記事でご紹介しておりますので宜しくお願い致します。

まとめ

今回は腰痛ランナーの『腰』分析方法をご紹介した。

POINT
・走っていて腰が痛い場合は腰だけでなく、背中や股関節にも着目しよう!
・もちろん腰自体にトラブルが起きていないかを確認することも大事である。

非常に長い距離を走る上で、腰などの関節にトラブルが生じてくるのは仕方がないことだ。
しかし、その負担が痛みになるのか?もしくは、そのまま何事も起こらないので済むかは身体のケアの仕方次第になる。
身体のケアの前に何が問題であるかを分析する方法としてこちらの記事を活用していただければ幸いだ。

長尾 龍男
この記事を書いた人 : 長尾 龍男

愛知県岡崎市在住。整体院柔YAWARAを設立した理学療法士。柔YAWARAにて関節のトラブル由来の肩こりや腰痛、膝の痛みのケアを提供しております。その傍、「理学療法士」として整形外科で培った知識を活かして、『障害の原因』や『予防方法』『身体のメンテナス・ケアのやり方』をこちらのメディアにてご紹介しております。僕の想いはただ一つ。【僕の技術によって皆様の「お身体」のトラブルが改善し、より良い状態になっていただく事。】 ※より詳しいプロフィールや僕の想いは運営者情報もご覧ください。

Copyright© 健康増進メディア『柔 YAWARA』|愛知県岡崎市で理学療法士が立ち上げた整体院が運営するメディア , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.