痛みがあるランナー向け!『簡単』身体分析理論

投稿日:

ランナーの身体分析アイキャッチ

ランナーの痛み

マラソンを行なっていると身体のトラブルはつきものである。
練習にて身体に痛みが出てしまう理由としては、その運動負荷に対して身体が耐えることが出来ないからだ。
身体が痛くなってしまったら、どこが原因かを特定しなければならない。
今回はそんな身体に痛みが出た時に何が原因でその痛みを引き起こしているかをセルフチェックできる方法をご紹介していく。
※記事を読む時間が取れない方には以下の動画もオススメです。 動画の中では身体が痛いランナーに知ってほしい身体分析理論を柔YAWARAが紹介しております。YouTubeでは柔YAWARAによく寄せられるお身体のトラブルについて、それを解消するためのエクササイズを定期的に紹介しておりますので、是非チャンネル登録もよろしくお願いします。


痛みが出ている部位だけでなくその上下の関節にも着目しよう!

基本痛みが出ている場所は『負担』が集中している場所と考えた方が良い。
負担が集中している
その為、痛みが出る場所に負担がかかる原因を探さなければなりません。
探し方のポイントは痛くなった部位の『上下の関節の硬さ』を見ていくことだ。
例えば膝が痛いのなら、その上下に位置している股関節や足首の硬さをみていく。
どちらかもしくは両方が硬い場合、負担が分散できない為、膝に痛みが集中してしまうという原理だ。
上下の関節を見よう

異常をきたしているかは左右で比較しよう!

また硬さの定義として、他の人と比較する人が非常に多い。
しかし個体差がある以上、他人と比較しても意味がない。
他人と比較するのではなく、自分の身体の左右差で確認していこう。
左右差を比較しよう
例えば左膝が痛い場合、上下にある股関節や足首の硬さをみる。
次に右側の股関節や足首の硬さをチェックして左右差をみる。
股関節や足首の両方もしくはどちらかが硬ければ、それは膝に負担を与える要因となる。
その部位を改善していかなければならない事になる。
※身体に痛みがある初心者ランナーの方に知っていただきたいトレーニングの考え方・理論に関してはこちらに詳しくご紹介しておりますでの是非ご参考にしてください。

参考にした文献

参考文献
・サッカー専用ボディ強化計画 監修 鈴木章史 三栖英揮

上記の文献を参考に分かりやすく簡単にまとめました。

まとめ

今回は身体に痛みが出てしまった時にランナーの皆様に行なって欲しい分析方法の考え方をご紹介した。

POINT
・痛みが出ている場所は『負担』が集中している場所と考える。
・痛みが出ている部位の上下の関節にも着目しよう。
・トラブルが起きているかどうかは自分の身体の左右差で確認しよう。

ランナーの方々は高強度の負担を強いられ、身体にトラブルを引き起こすことが多い。
身体が痛くなった時、まずはいたみが出る原因を特定していくことが懸命である。
そうすれば、解決策も見つけやすくなり、早期に痛みを解消することができるので覚えておこう。
訂正:2018/09/28

長尾 龍男
この記事を書いた人 : 長尾 龍男

愛知県岡崎市在住。整体院柔YAWARAを設立した理学療法士。柔YAWARAにて関節のトラブル由来の肩こりや腰痛、膝の痛みのケアを提供しております。その傍、「理学療法士」として整形外科で培った知識を活かして、『障害の原因』や『予防方法』『身体のメンテナス・ケアのやり方』をこちらのメディアにてご紹介しております。僕の想いはただ一つ。【僕の技術によって皆様の「お身体」のトラブルが改善し、より良い状態になっていただく事。】 ※より詳しいプロフィールや僕の想いは運営者情報もご覧ください。

Copyright© 健康増進メディア『柔 YAWARA』|愛知県岡崎市で理学療法士が立ち上げた整体院が運営するメディア , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.