柔 YAWARA|岡崎市の肩こり・腰痛・膝痛専門整体

柔 YAWARA|岡崎市の肩こり・腰痛・膝痛専門整体

岡崎市羽根町で理学療法士免許所有者が行う整体

*
  •    

ランナーの痛み

初心者ランナー必見!練習し続けたいのに身体に痛みが出てしまう理由

投稿日: 更新日: 2018年09月28日

初心者ランナー身体の痛みが出る理由アイキャッチ
柔YAWARA
柔YAWARA

愛知県岡崎市羽根町で小さな整体のお店を営んでいる傍ら、肩こりや腰痛・膝の痛みなどでお困りの方々へお身体のケアについての情報を発信中。3度の飯よりお身体のケアが大好き。

よくランナーの方で練習がしたいのに膝や腰などの痛みで練習が出来ない。

負荷をかけたトレーニングができなくなるというご意見を頂くことがある。

そもそも人間の身体は日常生活でも体内で「破壊」と「自己修復」を繰り返している。

怪我する理由

ランナーの方はこれに加え、練習による身体の「破壊」が多くなる。

原則として「破壊」と「自己修復」のバランスが崩れてしまった時に身体の痛みが生じてしまう。

怪我する理由

基本てきには、練習を休めば「破壊」の割合が少なくなるので痛みは消えてくる。

しかし、ランナーの方だと大会などの関係やパフォーマンスが落ちてしまうという観点から休もうにも休むことが出来ないのが現状かと。

その為、いかに痛みが出て、どのように痛みに対処していくかについての知識が必要となる。

今回は特に何故身体に痛みが出てしまうのかについてご紹介していく。

※記事を読む時間が取れない方には以下の動画もオススメです。 動画の中では初心者ランナーに知っていただきたい身体に痛みが出てしまう理由について柔YAWARAが紹介しております。YouTubeでは柔YAWARAによく寄せられるお身体のトラブルについて、それを解消するためのエクササイズを定期的に紹介しておりますので、是非チャンネル登録もよろしくお願いします。



スポンサーリンク

遠くに走る為に必要な2つの能力

マラソンランナーの場合、大きく2つの機能が必要となる。

一つが心肺機能

心肺機能

一つが身体機能

身体機能

遠くまでより早く走る為には、肺や血中に呼吸を多く取り込む必要がある。

さらには速く走るための身体機能つまり「筋力」や「関節の動き」が必須だ。

運動負荷の耐性は身体ごとに決まっている。

仮に現時点の身体の機能として、『100』の運動負荷にしか耐える事が出来ないとする。

100の負荷

それに対して『200』の運動負荷を加わり続ければ、心肺機能もしくは身体のどちらかが壊れてしまう。

200の負荷

多くの場合は身体にトラブルが生じてしまうことが多い。

身体が痛くなる原因は身体のオーバーユース

つまり何故走り続けると痛みが出てしまうかと言うと、長い距離を走る上でその運動負荷に身体が耐えられないからである。

当たり前な話だが、運動負荷による身体の「破壊」が自己修復力を超えてしまえば、様々な痛みとなって身体に現れてしまう。

痛みが出た時点で組織には傷がついている状態であると認識しよう!

残念ながらその痛みは組織の傷が修復するまで改善しないのである。

怪我の痛み

練習を辞めたくないランナーに知って欲しい「痛み」に対する考え方

もちろん痛みを我慢して、練習を続ける事は出来る。

しかし、選手生命は格段と短くなってしまうだろう。

組織の傷がある状態で同じような運動負荷を加えればより壊れてしまうからである。

一番はやはり安静にする事が大切だ。

だが、前述したように練習も休むことは難しい。

ではどのように安静を保ちながら、運動パフォーマンスを落とさず、トレーニングをして行くのか?

このように考えてみてはいかがだろうか?

トレーニングの考え方

・走るという動作以外で心肺機能を鍛える。

・マラソンの練習量を半分にして、痛めているところに負担がかからないような種目で身体へのトレーニングを行なっていく。

※怪我なくトレーニングを行うためには、まず身体の分析をしっかり行おう。例え痛みが出ていたとしてもしっかり自分の体を自分でチェック出来ていれば、症状が悪化すことはないからだ。是非こちらの記事をご参考にしてください。

参考にした文献

参考文献

・サッカー専用ボディ強化計画 監修 鈴木章史 三栖英揮

上記の文献を参考に分かりやすく簡単にまとめました。

まとめ

今回は初心者ランナーに知って頂きたい、練習をし続けたいけど痛みが出てしまう理由についてご紹介した。

POINT

・練習で腰や膝などに痛みが生じる原因は身体にとって運動負荷が、高すぎるから。

・痛みが出てしまった時点で組織に傷ができてしまっている。

・痛みが出てしまったら、運動量は変えずに運動の種目を変えて痛めているところへの負担を軽減させ、自己修復を促すようにしよう。

早くなるためには過度な負荷を与えないといけないが、度が過ぎると痛みが出てしまうので注意していただきたい。

一番は痛みが出ないように身体にあった運動負荷で練習をするのが大切である。

こちらの記事がモチベーションの高い初心者ランナーの方のお役に立てれば何よりだ。

訂正:2018/09/28

柔YAWARA
柔YAWARA

愛知県岡崎市羽根町で小さな整体のお店を営んでいる傍ら、肩こりや腰痛・膝の痛みなどでお困りの方々へお身体のケアについての情報を発信中。3度の飯よりお身体のケアが大好き。

-ランナーの痛み

こちらの記事もオススメ!