走ると股関節が痛くなるマラソンランナーの為の身体分析

投稿日:

股関節痛ランナーの分析アイキャッチ

ランナーの痛み

走っていると股関節の前側や外側が痛くなってしまうというご意見をよく耳にする。
股関節の痛みもランナーにとって非常に起こりやすいトラブルの一つである。
しかし股関節のトラブルに対する詳しい対処の仕方が分からない人が多いため、そのような方々に向けて分かりやすく股関節が痛くなる分析方法をご紹介していく。
※記事を読む時間が取れない方には以下の動画もオススメです。 動画の中では股関節が痛いランナー向けの身体の分析方法を柔YAWARAが紹介しております。YouTubeでは柔YAWARAによく寄せられるお身体のトラブルについて、それを解消するためのエクササイズを定期的に紹介しておりますので、是非チャンネル登録もよろしくお願いします。



股関節が痛くなる原因

股関節が痛くなる原因は、股関節自体に負担がかかっているだけでない。
以前ご紹介した『身体の分析方法』でお伝えしたように上下にある腰や膝の機能も悪くなっている可能性がある。
その為、股関節だけをケアしていてはいけない。
腰や膝の状態も確認して行く必要がある。それを踏まえながら身体の分析を行っていく。

股関節に負担をかける要因を検査しよう

検査項目は前述したように「股関節」「腰」「膝」である。
これらがどの程度動くかを検査して行く。
判定方法としては、痛くない方の関節と比べて硬いかどうかを確かめていただきたい。

腰の検査方法

体幹の側屈

方法
・座って行う。
・体を左右に倒す。
※左右を比較して動きが悪いかどうかを診ていく。

腰の検査
腰の検査

骨盤歩き

方法
・長座をとる。
・骨盤だけで歩く。
※前後に動きやすいかどうかをチェックする。

腰の検査
腰の検査

股関節の検査方法

股関節を内側に倒す

方法
・寝て行う。
・股関節を内側に倒す。
※良い方と比べて硬いかどうかを診ていく。

股関節の検査
股関節の検査

膝の検査方法

膝をまげる

方法
・長座で行う。
・二本の指で膝が自然に曲がるところまで曲げる。
※良い方と比べて硬いかどうかを診ていく。

膝の検査

まとめ

今回は走ると股関節が痛い方向けの身体の分析方法をご紹介した。

POINT
・股関節のケアを行う前にまずは問題点を探っていくことが大切である。
・股関節の状態を調べるのはもちろんのこと、腰や膝の状態も検査していこう。

身体が痛くなって、闇雲に身体をケアしても意味がない。
しっかり身体を分析して、状態を把握していくことが改善への近道となる。
分析するのは手間だがやって損はない。
是非分析してからケアを行なっていこう!

長尾 龍男
この記事を書いた人 : 長尾 龍男

愛知県岡崎市在住。整体院柔YAWARAを設立した理学療法士。柔YAWARAにて関節のトラブル由来の肩こりや腰痛、膝の痛みのケアを提供しております。その傍、「理学療法士」として整形外科で培った知識を活かして、『障害の原因』や『予防方法』『身体のメンテナス・ケアのやり方』をこちらのメディアにてご紹介しております。僕の想いはただ一つ。【僕の技術によって皆様の「お身体」のトラブルが改善し、より良い状態になっていただく事。】 ※より詳しいプロフィールや僕の想いは運営者情報もご覧ください。

Copyright© 健康増進メディア『柔 YAWARA』|愛知県岡崎市で理学療法士が立ち上げた整体院が運営するメディア , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.