【筋力改善初級編】股関節痛ランナーはまずこの部位を筋力強化しよう!

投稿日:

ランナーの痛み

マラソンをやっている方で時たま股関節の痛みを訴える方がいる。
走っている時の股関節の痛みの原因としては股関節周囲の柔軟性の欠如がまず考えられる。
その為、柔軟性が改善されるだけで、落ちたパフォーマンスは戻ってくる。
しかし筋力不足により再び痛みをぶり返してしまったりする事もある。
その為、次の段階として股関節周囲の筋力強化が必須となる。
今回は柔軟性を改善させた後に再度症状がぶり返さないうにする為の筋力改善エクササイズをご紹介していく。
※記事を読む時間が取れない方には以下の動画もオススメです。 動画の中では股関節が痛いランナー向けの筋力強化エクササイズを柔YAWARAが紹介しております。YouTubeでは柔YAWARAによく寄せられるお身体のトラブルについて、それを解消するためのエクササイズを定期的に紹介しておりますので、是非チャンネル登録もよろしくお願いします。


股関節が痛くなるランナーの為の股関節筋力および連動性改善エクササイズ

注意
股関節の痛みが強い時はまず柔軟性を改善してからこちらのエクササイズを行ってください。
関連記事
⇨【初級編】股関節が痛いマラソンランナーはまずこの柔軟から始めよう
⇨【上級編】股関節が痛いランナーのパフォーマンスがUPする柔軟性改善エクササイズ

体幹ツイスト

目的
体幹の筋力(腹斜筋)を強化し、股関節への負担を減少させる。
方法
仰向けで寝る。
片方の膝を立て、反対側の手をまっすぐ上に伸ばす。
伸ばした手の甲が立てた膝の外側をタッチするように捻りながら腹筋を行う。
左右10回ずつ行おう。

腹筋
腹筋

体幹と股関節の連動エクササイズ

目的
体幹と股関節周りの筋力強化および連動性を改善する。
方法
膝を曲げ、横向きになる。
肘で支えたままお尻を持ち上げる。
その状態をキープしたまま、股関節を前後に振って動かす。
前後10回ずつ行っていこう。

足フリ
足フリ

椅子を用いたランジスクワット

目的
股関節と膝周りの筋力強化および連動性を改善する。
方法
片方の足を椅子に乗せる。
反対側は一歩前にだす。
その状態で腰を落としてランジを行う。
10回行っていこう。

ランジ
ランジ

まとめ

今回は股関節痛ランナーの為の筋力改善エクササイズをご紹介した。

POINT
・股関節の痛みが生じたら、まず股関節の分析から行おう。
・痛みが強い時は柔軟性をまず改善させよう!
・股関節痛再発の為に股関節や体幹、膝の筋力を改善させていこう。

股関節は動きの範囲が大きい為一度痛めてしまうと中々治りづらい面がある。
しかし股関節という大きな可動性を有した関節が機能するようになるだけで、パフォーマンスは劇的に改善していく。
また再発も起こりやすい場所である為、痛みがある程度落ち着いたらしっかりと筋力を改善させていくべきである。
そうすることによりパフォーマンスの向上に加え、走っている時の股関節の痛みが生じづらくなるのでぜひお試しいただきたい。

長尾 龍男
この記事を書いた人 : 長尾 龍男

愛知県岡崎市在住。整体院柔YAWARAを設立した理学療法士。柔YAWARAにて関節のトラブル由来の肩こりや腰痛、膝の痛みのケアを提供しております。その傍、「理学療法士」として整形外科で培った知識を活かして、『障害の原因』や『予防方法』『身体のメンテナス・ケアのやり方』をこちらのメディアにてご紹介しております。僕の想いはただ一つ。【僕の技術によって皆様の「お身体」のトラブルが改善し、より良い状態になっていただく事。】 ※より詳しいプロフィールや僕の想いは運営者情報もご覧ください。

Copyright© 健康増進メディア『柔 YAWARA』|愛知県岡崎市で理学療法士が立ち上げた整体院が運営するメディア , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.