まるで地図!腰痛の場所からわかるその原因と症状

投稿日:2017年9月25日 更新日:

腰痛

腰痛は人によって訴える場所がとにかく違う。

ある人は『腰の中心が痛い!』といい、ある人は『腰の外側が痛い!』と訴えられる。

腰痛の知識がない人にとって、どれも同じ腰痛なんではないか?と考えてしまうだろう。

これは専門家ですら、頭を悩ませる事が非常に多い。

今回そんな腰痛について、部位別にその原因と特徴をまとめてみた。

腰痛でお悩みならこの記事を見て、自分がどんな原因で腰痛なのかを特定してみてはいかがだろうか?

腰痛の場所や部位から分かる原因

前述したとおり腰痛には様々な種類のものがある。

その為一般の方でも分かりやすいように痛みが出る部位別で症状をカテゴライズしたのでぜひ御参考にして頂きたい。

腰痛の部位

腰痛の原因

  1. 腰のヘルニアや腰の関節(椎間関節)のトラブル
  2. 腰方形筋・第12肋骨のトラブル
  3. 梨状筋のトラブル
  4. ヘルニアによる神経症状
  5. ギックリ腰の痛み
  6. 内臓からの関連痛

これらの腰痛の原因について詳しく解説していく。

ヘルニアや椎間関節のトラブル

下の写真の部位に痛みが出る場合の多くが腰のヘルニアや腰の関節(椎間関節)のトラブルによるものだ。

腰の関節・ヘルニアの痛み

腰の関節に傷ついて痛みが出ていたり、腰のヘルニアが出ていることによって腰痛を引き起こしている可能性が高い。

ヘルニア・関節痛み

※腰の関節(椎間関節)のトラブルによる腰痛の場合はこちらの記事がお役に立ちます。是非御参考にしてください。

アイキャッチ
30〜40代に多い『椎間関節性腰痛』の改善方法

誰しもが腰に痛みや違和感を経験した事があるはずだ。 巷ではその腰痛の殆どが『腰の椎間板ヘルニア』と認識されている。 しか ...

続きを見る

※腰のヘルニアについてはこちらの記事にて詳しく改善方法を解説しておりますので是非御覧ください。

腰椎椎間板ヘルニアの症状と治し方を徹底解説!

腰椎椎間板ヘルニアにかかっている人の数は人口の約1%。 手術に至る人は人口10万人にあたり年間46.3人 引用:腰椎椎間 ...

続きを見る

腰方形筋・第12肋骨のトラブル

この部位の痛みは腰方形筋と呼ばれる筋肉や第12肋骨の関節にトラブルが生じている事が多い。

症状としては立っていたり、歩いていたりすると写真の部分に痛みがでる。

また横に身体を倒す時に痛みが出てしまうのが特徴だ。

腰方形筋や第12肋骨はこの場所にある。

第12肋骨・腰方形筋

これらのトラブルからくる痛みは写真のような部位に痛みとして出る。

腰方形筋・第12肋骨が原因

※上記の場所に痛みが出ている人はこちらの記事で紹介している体操が非常に有効なので是非お試しください。

腰痛を緩和させる超基本的な体操5選

おー、いて… おぉ、腰めっちゃ痛いわ~... あの~ こんな人はこの記事を読んで体操を行わずに、コルセット締めて3日間安 ...

続きを見る

梨状筋のトラブルと椎間関節の関連痛

梨状筋と呼ばれる筋肉の影響によって神経の痛みが出ることがある。

また腰の関節のトラブルから来る関連痛もある。

これらが原因の場合は、長時間立っていたり、座っていたりすると写真の部分に痛みを訴える人が多い。

特によくお尻が痛いとの表現で痛みを訴えることが多い。

梨状筋は骨盤に付着していて殿部に位置している筋肉だ。

梨状筋

この梨状筋のトラブルやヘルニアによって腰の関節に負担がかかってトラブルが出ている人は写真のような部位に痛みを訴えられる。

梨状筋・ヘルニアの痛み

※梨状筋に痛みが出ている人は股関節の動きを改善していくのが有効的です。股関節の動き改善にはこちらの記事がオススメ!是非お試しください。

柔らかい股関節がつらい腰痛を救う!

今や国民病となった腰痛。 力仕事をしていても、デスクワークをしていても腰痛の危険性に脅かされている。 腰痛は8割以上原因 ...

続きを見る

※腰の関節のトラブルから関連痛による痛みの改善方法はこちらの記事にまとめてありますのでご参考にしてください。

アイキャッチ
40代に多い!おしりから太ももに痛みやしびれが出た時の改善法

前回はおしりから太ももになぜ痛みやしびれが出てしまうのか?その原因について詳しく解説した。 原因の一つとして、腰を反らし ...

続きを見る

腰のヘルニアによる神経症状

足に痛みやシビレがある場合は、腰のヘルニアによる神経の症状の可能性が高い。

症状としては、立っていたり、座っていたりすると足にかけての痛みやシビレが出てしまう。

ひどい場合は、何をしていても足に痛みやジンジンとした痺れが出てしまい、日常生活に支障が出てしまうこともある。

腰のヘルニアによる神経症状の痛みは下のような場所に現れる。

ヘルニアの痛み

※腰のヘルニアで足に痛みやしべい症状がある方は是非こちらの原因や改善方法をまとめた記事をご覧ください。腰のヘルニア改善の為に役に立ちますので是非ご覧ください。

アイキャッチ
腰のヘルニア改善方法の記事まとめ

腰痛になると腰のヘルニアだ!とおっしゃる方をよく耳にする。 腰のヘルニアとは腰椎椎間板ヘルニアの事をさしている。 もしあ ...

続きを見る

ギックリ腰による痛み

不意な動作や過度な腰への負担がかかることが原因で、腰の関節(椎間関節)や腰方形筋・第12肋骨へのトラブルが生じる。

症状としては、痛みが生じた3日間は痛みが強い。

多くの場合は1~2週間で症状が軽減する。

管理が不十分であれば、長引く事が多く、再発することも多い。

ぎっくり腰

※ぎっくり腰になった時にどのように対処していけば良いか分からない人は是非こちらの記事をご覧ください。ぎっくり腰改善の為の情報をご紹介しております。

ぎっくり腰アイキャッチ
一般の人も知るべきぎっくり腰になった時の対処法【2018年版】

ぎっくり腰とは俗称であり、急性腰痛の事を指す。 何をしたわけでもなく、急な激痛が腰に生じてしまう。 時には痛みで歩けなく ...

続きを見る

内臓からの関連痛

これは腰痛の中でも最も気をつけていただきたいものである。

それは内臓からの関連痛だ。

この内臓からの関連痛は何もしていなくても、腰に痛みがでている。

寝ていても腰の痛みが軽減しないという症状がある場合は、内臓による痛みが出ている可能性がある。

その為、早期に内科への受診をおすすめする。

※内臓からくる関連痛に関してはこちらの記事にて詳しく解説しております。背中や腰に常に鈍痛があるようでしたら、内臓からのSOSかもしれません!ご注意ください!

こんな背中の痛みがあったら整体院・接骨院へは行くな!まず内科へ行け!

20歳を超え働きだすと、誰しもが背中の痛みを経験する事だろう。 時には何かに取り憑かれたのではないかと思うぐらい痛くなる ...

続きを見る

まとめ

今回は腰痛の場所別の原因と特徴をまとめた。

POINT

  • 腰の中心付近の場合は、ヘルニアや腰の関節(椎間関節)が原因である。
  • 腰の横側の場合は、腰方形筋・第12肋骨のトラブルが原因である。
  • お尻が痛い場合は、梨状筋の影響による神経の症状が原因である。
  • 足への痛みやシビレはヘルニアによる神経への負担が原因である。
  • ぎっくり腰による痛みは最初の3日間が一番つらい。
  • 内臓の痛みは何もしていなくとも腰に痛みがでる
  • 腰痛と言っても、いろいろな場所に様々な症状として出現する。

    時には内臓の痛みによって、腰痛を起こす場合もある。

    たかが腰痛とは思わず、痛みとしっかり向き合っていただきた。

    どの場所でどのような痛みが出ているかを知ることが非常に大事となる。

    そして対処の仕方も変わってくるのだ。この記事が腰痛でお困りの方の助けになれば幸いだ。

    訂正:2019/03/21

    長尾 龍男
    この記事を書いた人 : 長尾 龍男

    愛知県岡崎市在住。整体院柔YAWARAを設立した理学療法士。柔YAWARAにて関節のトラブル由来の肩こりや腰痛、膝の痛みのケアを提供しております。その傍、「理学療法士」として整形外科で培った知識を活かして、『障害の原因』や『予防方法』『身体のメンテナス・ケアのやり方』をこちらのメディアにてご紹介しております。僕の想いはただ一つ。【僕の技術によって皆様の「お身体」のトラブルが改善し、より良い状態になっていただく事。】 ※より詳しいプロフィールや僕の想いは運営者情報もご覧ください。

    Copyright© 健康増進メディア『柔 YAWARA』|愛知県岡崎市で理学療法士が立ち上げた整体院が運営するメディア , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.