腰椎椎間板ヘルニアの症状と治し方を徹底解説!

投稿日:2017年9月20日 更新日:

腰痛

腰椎椎間板ヘルニアにかかっている人の数は人口の約1%。

手術に至る人は人口10万人にあたり年間46.3人

引用:腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドラインより

ちなみに人間が一生の内に腰痛を経験する割合は、約84%。

日本国民の殆どが腰痛を経験すると言って過言ではない。

そんな『腰椎椎間板ヘルニア』について今回取り上げる。

腰椎椎間板ヘルニアで困っている方のお役に立てれば何よりだ!

※記事を読む時間が取れない方には以下の動画もオススメです。 動画の中では軽度な腰のヘルニア改善方法を柔YAWARAが実演紹介しております。YouTubeでは柔YAWARAによく寄せられるお身体のトラブルについて、それを解消するためのエクササイズを定期的に紹介しておりますので、是非チャンネル登録もよろしくお願いします。

椎間板ヘルニアとはなにか?

骨と骨の間にある椎間板が身体の動きの負荷に耐えられず、飛び出てしまったものを椎間板ヘルニアと呼ぶ!

ヘルニア突出

その飛び出した椎間板が神経に触れてしまうと足にしびれが出てしまったりする。

ちなみに20歳代で約30%に、高齢者になる80%以上に椎間板の異常がみられる!

腰椎椎間板ヘルニアの発症率は、10~40代で発症が高く、50代以降で低くなっている。

しかし、50代以降にヘルニアがないわけではない。

腰椎椎間板ヘルニアになってしまう原因とは?

腰椎椎間板ヘルニアになってしまう原因としては、様々なものがある。

その原因のどれもが日常生活での負担や悪い生活習慣による体重増加などが原因となる。

主な原因を下に列挙した。

主な原因

  • 体重の増加
  • 腰への過度な負担
  • 運動不足

ちなみに昔の人が面白い研究をされている。

椎間板の内圧、つまり椎間板にかかる負担について調べた研究である!

写真のように 1.立ってかがむ時 ➱ 2.座っている時 ➱ 3.立っている時 の順で椎間板の圧が高くなっている。

椎間板の内圧研究

出典:筋骨格系のキネシオロジー 発行者 大畑秀穂 発行所 医歯薬出版株式会社 P291

座って動かないことは心肺機能的に楽だが、実は立っているときよりも腰に負担を与えてしまい、腰椎椎間板ヘルニアを悪化させてしまう要因となってしまうのだ。

※軽度な腰痛はストレッチポールで予防が可能です。こちらの記事にて詳しく解説しておりますのでぜひお試しください。

ストレッチポールで体幹を鍛えて腰痛予防!

あああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ...

続きを見る

腰椎椎間板ヘルニアの主な3つの症状

腰椎椎間板ヘルニアになってしまうとどの様な症状が出るかご存知だろうか?

実はこの様な症状が出てしまうのだ。

主な症状

  • 腰痛
  • 足への痛み・シビレ
  • 腰痛+足への痛み・シビレ

これらについて下記に詳しく解説していく。

腰痛

実は椎間板が出てしまうと椎間板の厚さが薄くなってしまう。

この事よって、腰の関節への負担が増してしまうのだ。

これが腰痛の原因となってしまう。

背骨|岡崎市

※この様な腰の関節の負担による腰痛を椎間関節性腰痛と呼びます。ヘルニアが有り、主に腰痛しか出ていない方はこちらの椎間関節性腰痛の改善方法の記事も合わせてご覧になられると良いです。

アイキャッチ
30〜40代に多い『椎間関節性腰痛』の改善方法

誰しもが腰に痛みや違和感を経験した事があるはずだ。 巷ではその腰痛の殆どが『腰椎椎間板ヘルニア』と認識されている。 しか ...

続きを見る

足への痛み・シビレ

冒頭で椎間板ヘルニアとは椎間板が飛び出してしまうという意味と解説した。

この飛び出した椎間板が神経を圧迫してしまうことがある。

その事によって足に痛みやシビレを引き起こす原因となってしまう。

神経根圧迫上から見た図|岡崎市

腰痛+足への痛み・シビレ

椎間板ヘルニアの症状がひどい場合は、腰痛に加え、足の痛みやしびれなどが出てしまう人が多い。

この様な人はかなり重篤化しているのですぐに医療機関への受診をオススメする。

腰椎椎間板ヘルニアの検査方法

それではどの様に椎間板ヘルニアであるかを特定していけばよいのか?

医療機関でレントゲンやMRIをとれば一発で分かるが、大昔はそのような物を利用しなくても特定することが出来ていた。

それは主に神経へストレスをかけて痛みやしびれを誘発させる徒手検査によって行っていたのだ。

これはセルフでもある程度はチェックできるのでご紹介する。

ヘルニアの検査1

方法

  • 背骨の脇を押していこう!

※押して痛い場所にヘルニアがある確率が高い!

背骨の脇を押す

ヘルニアの検査2

方法

  • 浅く腰掛ける。
  • 違和感がある足の膝を伸ばす。
  • 身体を立てて、前に倒おす。

※写真の部分の角度が60°以上いかない。ふくらはぎに痛みやシビレが出るようならヘルニアが考えられる!

浅く腰掛ける

ヘルニアテスト

ヘルニア検査

ヘルニア検査2

腰椎椎間板ヘルニアを治す方法

検査をして腰椎椎間板ヘルニアが疑われるようなら、この様な手順で治していこう!

改善までの道のり

  • 痛みが強い時は安静にする!
  • 痛みが減ってきたら体操を行う!

このような管理方法でヘルニアを改善していこう!

以下に詳しく解説していく。

コルセットで安静に保とう!

腰痛にしても、足の痛みやシビレにしても、痛みや違和感の出始めは『安静』が大事である。

最初の1週間はコルセットなどで固定し、安静に保つ必要がある。

※このようなコルセットが安静・固定にオススメです!参考までにご覧ください。

※当店でも同様なコルセットを取り扱って販売をしております。サイズや着用方法の解説、コルセットの機能に対するご質問等にも対応しておりますのでぜひご覧ください!

DAIYA bonbone プロハードスリム

腰椎椎間板ヘルニアの改善体操

長期間のコルセットの固定は、はっきり言って良くない。

腰の関節が固まり、腹部の筋力も低下するからだ。

※コルセットによる長期固定の弊害についてはこちらの記事にて詳しく解説しておりますので是非御覧ください。

コルセットの間違った使い方アイキャッチ
症状を長引かせる『コルセット』『腰痛ベルト』の間違った使い方を解説

多くの方がコルセットや腰痛ベルトを過度に使用し過ぎて2次的なトラブルを発生させているケースがある。 その2次的なトラブル ...

続きを見る

そうならない為には、コルセットによる長期固定をしたら、体操などで腰回り・股関節周りを動かすことが大切である。

腰椎椎間板ヘルニアを改善させていくポイントとしては前述したとおり、① 腰の動きの改善② 股関節の柔軟性の改善が重要となる。

その為、以下に腰と股関節の改善体操をご紹介する。

注意事項

  • 全て自己責任の上体操を行ってください。
  • 痛みが出ないように行ってください。
  • そしてなにより痛い時はストレッチを行ってはいけない!

腰椎・骨盤体操

方法

  • 座った状態で行う。
  • 骨盤を前後に揺らすように動かす。

前後各10回ずつ行おう!

骨盤体操|岡崎市

※腰痛や腰のヘルニアの症状を改善させていく腰椎・骨盤体操の方法はこちらの記事にて詳しく解説しておりますので是非御覧ください。

腰痛を緩和させる超基本的な体操5選

おー、いて… おぉ、腰めっちゃ痛いわ~... あの~ こんな人はこの記事を読んで体操を行わずに、コルセット締めて3日間安 ...

続きを見る

股関節の柔軟性改善体操

方法

  • 浅く腰掛ける。
  • つま先を上にあげる。
  • 股関節の付け根から足を左右に揺らすように捻る。
  • 左右10回ずつ行おう!

    股関節ワイパー

    ※腰のヘルニア改善のためには、股関節の動きが鍵となっています。なぜなら、股関節の硬さが腰に大きな影響を与えるからです。そんな股関節の柔軟性を改善していく体操はこちらの記事にて詳しく解説しております!是非ご参考にしてください。

    柔らかい股関節がつらい腰痛を救う!

    今や国民病となった腰痛。 力仕事をしていても、デスクワークをしていても腰痛の危険性に脅かされている。 腰痛は8割以上原因 ...

    続きを見る

    上記の体操を行っても改善されない方は是非一度当店の施術を!

    予約システムからのご予約なら一切手間は不要!さらに初検料1000円割引キャンペーン実施中!

    付け足し:実はヘルニアはなくなる!?

    椎間板ヘルニアは実は自然に消えてなくなってしまう。

    このような文献を見つけたのでご紹介する。

    椎間板ヘルニアは自然縮小するものがある。ヘルニアのサイズが大きいものや、遊離脱出したもの、MRIでリング状に造影されるものは高率に自然縮小する。逆にヘルニアのサイズが小さいものでは低率である。

    引用:腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドラインより

    簡単に解説すると「大きく飛び出たヘルニアは消える確率が高く、小さいものは消える確率が少ないよ」という意味である。

    つまり、大きいヘルニアは消えて無くなる可能性があるということだ!

    まとめ

    今回は腰椎椎間板ヘルニアの原因・症状~治し方までをまとめた。

    POINT

    • 腰椎椎間板ヘルニアは若い人に多い病気である。
    • 飛び出した椎間板は時間とともに消えて行く場合もある。
    • デスクワークなどの身体を動かさない仕事は腰椎椎間板ヘルニアになるリスクが高い。
    • 痛みや違和感・シビレが強い最初の時期はコルセットでの安静・固定が大事。
    • 痛みが引いてきたら腰や股関節の体操を行おう!

    日本国民の殆どが経験する腰痛。

    特に腰椎椎間板ヘルニアは最も名前が知られている有名な病気だ。

    腰の痛みや足の痛み、シビレで悩まされる事が多い。

    しかし、諦めないで欲しい。

    正しい手順さえ踏めば、症状は改善していく!

    なので、しっかりとお身体のケアを行っていこう!

    訂正:2019/03/21

    長尾 龍男
    この記事を書いた人 : 長尾 龍男

    愛知県岡崎市在住。整体院柔YAWARAを設立した理学療法士。柔YAWARAにて関節のトラブル由来の肩こりや腰痛、膝の痛みのケアを提供しております。その傍、「理学療法士」として整形外科で培った知識を活かして、『障害の原因』や『予防方法』『身体のメンテナス・ケアのやり方』をこちらのメディアにてご紹介しております。僕の想いはただ一つ。【僕の技術によって皆様の「お身体」のトラブルが改善し、より良い状態になっていただく事。】 ※より詳しいプロフィールや僕の想いは運営者情報もご覧ください。

    Copyright© 健康増進メディア『柔 YAWARA』|愛知県岡崎市で理学療法士が立ち上げた整体院が運営するメディア , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.