30〜40代に多い『椎間関節性腰痛』の改善方法

投稿日:2018年8月4日 更新日:

アイキャッチ

腰痛

誰しもが腰に痛みや違和感を経験した事があるはずだ。

巷ではその腰痛の殆どが『腰椎椎間板ヘルニア』と認識されている。

しかし、現場の意見としては『椎間関節』由来の腰痛が非常に多い。
※椎間関節とは腰の関節のことである。

今回はそんなあまり知られていない椎間関節性腰痛の改善方法を解説していく。

※記事を読む時間が取れない方には以下の動画もオススメです。 動画の中では椎間関節性腰痛の改善方法を柔YAWARAが実演紹介しております。YouTubeでは柔YAWARAによく寄せられるお身体のトラブルについて、それを解消するためのエクササイズを定期的に紹介しておりますので、是非チャンネル登録もよろしくお願いします。

椎間関節性腰痛の改善方法

椎間関節性腰痛とは椎間関節(腰椎の関節)がトラブルによる痛みである。

また、椎間関節性腰痛の痛みは周囲の筋肉などにも痛みを出してしまう事があるとされている。

椎間関節性の疼痛は,関節内に限局するものではなく,周囲の筋・靱帯組織や神経組織など関節外組織も,疼痛の発生メカニズムに重要な役割を演じているものと考えられる.

引用:椎間関節性腰痛の基礎

この椎間関節性腰痛を改善していくためには以下の2点が重要だ。

椎間関節性腰痛を改善していくPOINT

  • コルセットによる固定
  • 椎間関節の動きの改善

以下に具体的な改善方法を解説していく。

痛みが強い初期はコルセット固定を!

痛みが出た初期はコルセットでしっかり固定をした方が良い。

なぜなら椎間関節に痛みが出てから約2週間は炎症の症状が続いてしまうからだ。

切り傷をした時に、バンドエードをするのを思い浮かべて頂ければわかりやすい。

それと同様に椎間関節性腰痛は、椎間関節に傷が出来て痛みが出ている状態なのでコルセットにて2週間程度は固定する必要があるのだ。

このようなコルセットや腰痛ベルトがオススメなので是非試して頂きたい。

当店でも同様のコルセットを取り扱っております。公式サイトにて販売を行っております。サイズや機能など疑問に思ったことがあれば公式サイト内のチャットよりご相談ください。
※今なら送料無料キャンペーン実施中!

DAIYA bonbone プロハードスリム

椎間関節性腰痛の改善体操

2週間ほど経ち、痛みが軽減して来たら体操を行なって腰椎の椎間関節を動かし改善させていこう。

もちろん痛みがない範囲で行うのが基本である。

その為、以下の注意事項をよくお読みの体操を行ってください。

注意事項

  • 痛みがない範囲で動かしていこう。
  • 体操後に痛みが増悪する場合は、体操を中止してください。

骨盤の前後傾体操

方法

  • 椅子に浅く腰掛ける。
  • 骨盤を前後に傾けていく。
  • 前後10回行おう。

※痛みがない範囲で行おう。

骨盤体操

骨盤体操

体幹側屈体操

方法

  • 椅子に浅く腰掛ける。
  • 肩と骨盤を近づけるようにに傾けていく。
  • 左右10回行おう。

※痛みがない範囲で行おう。

側屈体操

側屈体操

四つ這い骨盤前後傾体操

方法

  • 四つ這いになる。
  • 骨盤と背骨を前後に傾けていく。
  • 前後10回行おう。

※痛みがない範囲で行おう。

四つ這い骨盤体操

四つ這い骨盤体操

四つ這い側屈体操

方法

  • 四つ這いになる。
  • 骨盤と背骨を前後に傾けていく。
  • 左右10回行おう。

※痛みがない範囲で行おう。

四つ這い側屈体操

四つ這い側屈体操

インナーマッスルの強化

方法

  • 椅子に浅く腰掛ける。
  • 息を吐きながら、お腹に力をいれた状態で足を上げていく。
  • 左右10回行おう。

※痛みがない範囲で行おう。

インナーマッスル強化

インナーマッスル強化

上記の体操をやっても改善しない方は是非一度当店にて施術を!

予約受付システムからのご予約なら一切の手間は不要!ご新規の方は初検料1000円割引キャンペーン実施中!

椎間関節性腰痛のそもそもの原因とは?

椎間関節は脊柱(※背骨の意味)にかかる荷重の16%を受けているそうだ。

Adamsら1)の研究によると,椎間関節は脊柱に対する全荷重の16%を受けている.残りの84%は椎体および椎間板が受ける.

引用:椎間関節性腰痛の基礎

椎間関節性腰痛は、腰を反ったり、捻ったりすることによって、腰椎の椎間関節に負担がかかり痛みを引き起こしてしまう。

その原因の一つとして、腰椎椎間板ヘルニアがあることが挙げられる。

なぜなら腰椎同士の距離が縮まり腰椎の椎間関節関節への負担が増大してしまう為だ。

関節に負担がかかる

※椎間関節性腰痛の原因についてはこちらの記事にて詳しく解説しておりますので是非御参考にしてください。

椎間関節性腰痛アイキャッチ
意外と知られていない椎間関節性腰痛の原因を大公開!

『椎間関節性腰痛』という腰痛をご存知だろうか? 腰痛の中で腰椎(※腰骨の意味)の椎間関節(※腰骨の関節の意味)に痛みを出 ...

続きを見る

※椎間関節性腰痛かどうかを検査する方法はこちらの記事にて実演紹介しておりますのでぜひ御覧ください!

椎間関節性腰痛検査法アイキャッチ
関節が原因?椎間関節性腰痛の簡単検査法をご紹介

腰痛といえば、腰のヘルニアつまり腰椎椎間板ヘルニアを思い浮かべる方が多いかと思う。 しかし一言で腰と言っても、骨があり、 ...

続きを見る

まとめ

今回は『椎間関節性腰痛』の改善方法について解説した。

POINT

  • 椎間関節性腰痛の痛みが強い初期はコルセットでしっかり固定をしよう。
  • 痛みが低下して来たタイミングで、腰骨の動きを改善していこう。
  • コルセットで弱った筋肉もしっかり鍛えていこう。

椎間関節性腰痛にかかってしまう人は意外と多い。

腰のヘルニアがある人で腰が痛い人は高確率で椎間関節性の腰痛を患っている。

適切な管理を行わないといつまでも症状が続いてしまうのでしっかり改善していただきたい。

この記事がそんな腰の痛みでお困りの方のお役に立てれば幸いだ。

訂正:2019/04/10

長尾 龍男
この記事を書いた人 : 長尾 龍男

愛知県岡崎市在住。整体院柔YAWARAを設立した理学療法士。柔YAWARAにて関節のトラブル由来の肩こりや腰痛、膝の痛みのケアを提供しております。その傍、「理学療法士」として整形外科で培った知識を活かして、『障害の原因』や『予防方法』『身体のメンテナス・ケアのやり方』をこちらのメディアにてご紹介しております。僕の想いはただ一つ。【僕の技術によって皆様の「お身体」のトラブルが改善し、より良い状態になっていただく事。】 ※より詳しいプロフィールや僕の想いは運営者情報もご覧ください。

Copyright© 健康増進メディア『柔 YAWARA』|愛知県岡崎市で理学療法士が立ち上げた整体院が運営するメディア , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.