柔 YAWARA|岡崎市の肩こり・腰痛・膝痛専門整体

柔 YAWARA|岡崎市の肩こり・腰痛・膝痛専門整体

岡崎市羽根町で理学療法士免許所有者が行う整体

*
  •    

腰痛

一般の人も知るべきぎっくり腰になった時の対処法【2018年版】

投稿日: 更新日: 2018年09月12日

ぎっくり腰アイキャッチ
柔YAWARA
柔YAWARA

愛知県岡崎市羽根町で小さな整体のお店を営んでいる傍ら、肩こりや腰痛・膝の痛みなどでお困りの方々へお身体のケアについての情報を発信中。3度の飯よりお身体のケアが大好き。

ぎっくり腰とは俗称であり、急性腰痛の事を指す。

何をしたわけでもなく、急な激痛が腰に生じてしまう。

時には痛みで歩けなくなる人がいるほどだ。

そんなぎっくり腰になった時の為に、知っておくべき対処法をご紹介する。

※記事を読む時間が取れない方には以下の動画もオススメです。 動画の中ではぎっくり腰になった時の対処法を柔YAWARAが実演紹介しております。YouTubeでは柔YAWARAによく寄せられるお身体のトラブルについて、それを解消するためのエクササイズを定期的に紹介しておりますので、是非チャンネル登録もよろしくお願いします。

スポンサーリンク

急性腰痛とは

冒頭でも説明した通り、ぎっくり腰とは所謂俗称であり、日本整形外科学会では「急性腰痛」または「急性腰痛症」という疾患名がつけられる。

急性的に発症した腰痛の事を指す。

腰骨の関節のズレが関節の動きを阻害してしまうと考えられている。

ぎっくり腰の原因

腰骨の関節が動く際にぶつかってしまうことにより傷が生じてしまう。

その事により急激な痛みを出してしまう。

椎間関節

椎間関節
腰骨を左斜め後ろから見ています。

※詳しくはこちらの記事にてご紹介しております。ぎっくり腰に関する知識が深まりますので是非ご覧ください。

なぜぎっくり腰になるのか?その原因を分かりやすく解説します。 | 柔 YAWARA|岡崎市の肩こり・腰痛・膝痛専門整体

ぎっくり腰の対処方法

ぎっくり腰になった時の主な対処方法

1.コルセットや腰痛ベルトを巻いて安静に保つ。

2.腰に負担をかけない寝方で腰の修復を促す。

3.固定後3日以降から痛みがない範囲で腰回りを動かしていく。

上記について詳しく解説していく。

1.コルセットや腰痛ベルトを巻いて安静に保つ。

前述した通り、ぎっくり腰は腰の関節に傷が生じ痛みを出すものが多い。

その為、腕の擦り傷や切り傷と同様に固定して安静にする必要がある。

腰の場合はコルセットや腰痛ベルトを用いて固定し安静に保つ。

3日程度でひどい痛みが落ち着き、2週間程度で炎症症状が落ち着いてくる。

その為、その間は固定を続ける必要がある。

コルセットで固定を!

※ぎっくり腰になった時に固定する為に、オススメのコルセットがこちらです。

DAIYA bonbone プロハードスリム

2.腰に負担をかけない寝方で腰の修復を促す。

実はぎっくり腰になってしまうと痛みで睡眠障害を引き起こしてしまう事がある。

その為、痛みを軽減する寝方で腰の内部の傷を修復していく事が大事となる。

膝を曲げて寝る

クッションを入れる

方法

仰向けになり、膝の下にクッションなどを入れる。

このようにする事で腰への負担が軽減する。

横向きで寝る

クッションを入れる

方法

横向きになり、膝の間にクッションなどを入れる。(長い抱き枕でも良い)

このようにする事で腰への負担が軽減する。

3.固定後3日以降から痛みがない範囲で腰回りを動かしていく。

腰の関節の中には滑液と呼ばれる潤滑油の役割をする液体が入っている。

このお陰で腰の関節はスムーズに動く事が出来る。

関節包・滑液

しかし、ぎっくり腰にて固定を続けてしまうとこの機能が衰えてしまう。

その為、固定後3日以降は徐々に動かしていく必要がある。

もちろん症状が悪化しないように、痛みが出ない範囲で行なっていかなければならない。

骨盤の体操

骨盤体操

骨盤体操

方法

浅く腰掛ける。

痛みが無い範囲で骨盤を前後に動かす。

10回行おう。

上記の方法を試しても改善しない方は是非一度当店にて施術を!

予約受付システムからのご予約なら一切の手間は不要!ご新規の方は初検料1000円割引キャンペーン実施中!

※腰骨の傷が修復してくる2週以降はさらに腰回りの動きを改善させていく必要があります。こちらの記事に詳しい改善体操をご紹介しておりますので是非ご参考にしてください。

ぎっくり腰になって2週間以降に行ないたい改善体操 | 柔 YAWARA|岡崎市の肩こり・腰痛・膝痛専門整体

参考にした文献

参考文献

・ぎっくり腰に関しては
いわゆるぎっくり腰のX線所見 椎間関節の「ずれ」を中心に

・コルセットに関しては
腰痛症に対する装具療法

・関節の潤滑については
関節内運動学 4D-CTで解き明かす 著者 片岡寿雄 発行所 株式会社南江堂

・腰の炎症については
・エビデンスに基づくインジャリーケア スポーツ外傷・障害マネジメントの理論的背景 著者 Gary Delforge 発行者 長島宏之 発行所 有限会社 ナップ

上記の文献の内容を参考に一般の方にも分かりやすいようにまとめました。

まとめ

今回はぎっくり腰になった時の対処法について詳しく解説した。

POINT

・ぎっくり腰は腰の関節の傷により、強い痛みが生じてしまう。

・最初の2週間は炎症が強いのでコルセットや腰痛ベルトでしっかり固定をしよう。

・ぎっくり腰の症状で睡眠障害を引き起こさない為にも、腰の負担が減る方法で寝よう。

ぎっくり腰で日常生活が送れなくなる事もある。

また再発を繰り返してしまう人も非常に多い。

その為、ぎっくり腰になった初期からしっかりとした対処が出来るようにしておこう。

この記事がそんなぎっくり腰でお悩みの方のお役に立てれば何よりだ。

柔YAWARA
柔YAWARA

愛知県岡崎市羽根町で小さな整体のお店を営んでいる傍ら、肩こりや腰痛・膝の痛みなどでお困りの方々へお身体のケアについての情報を発信中。3度の飯よりお身体のケアが大好き。

-腰痛
-, , ,

こちらの記事もオススメ!