理学療法士が教える登山の時でも役に立つ膝のサポーター

投稿日:

アイキャッチ

コルセット・サポーター

普段生活しているだけなのに、何故か歩く時や階段の登り降りで膝に痛みが出てきてしまう。
そんな人が世の中にはかなりいらっしゃる。
そして、その中には登山を愛する人たちも多い。
登山はゴツゴツした道を突き進んでいかなければならない。
もちろん、アップダウンも激しい。
それに伴う膝への負担も大きくなる。
以前このような歩く時の膝の痛みを解決する方法を紹介した。
歩くと膝が痛い人の簡単チェックと改善方法 | 柔 YAWARA|岡崎市の肩こり・腰痛・膝痛専門整体
このような解決方法に加えて、今から紹介するサポーターを活用していただくと膝の痛みの回復や登山による膝への負担が変わってくる。
今回はそんな膝の痛みで困っている人や登山で膝が痛い人にも使える膝のサポーター『ファンクションニーOA』を紹介する。

膝のサポーターを使用する目的

膝のサポーターには色々な種類がある。
筋肉をサポートしてくれるものから、靭帯を怪我した時に膝を固定する時に使用するものがある。
今回ご紹介する『ファンクションニーOA』は膝の筋肉をサポートするものだ。
用途としては、歩いたり、階段の登り降り、登山などでの膝への負担を軽減する目的がある。
負担を軽減する事により、膝の内部の傷を早く修復させる事ができる。
あくまでも、負担を減らす目的で使用していただきたい。
不用意に長期間しようすると膝の筋肉が衰えてしまう恐れがあるからだ。
また『ファンクションニーOA』は補助ベルトがあるため、それにより筋肉をサポートしてくれる。
また後ろがなにもないので通気性もよいので、山登りなどの強度が高い運動でも実用的に使える。

ファンクションニーOAの活用方法

※ 記事を読む時間が取れない方には以下の動画もオススメ。動画の中では膝のサポーターの装着方法について柔YAWARAが実演紹介しています。YouTubeでは柔YAWARAによく寄せられるお身体のトラブルについて、それを解消するためのエクササイズや役に立つサポーターを定期的に紹介しておりますので、是非チャンネル登録もよろしくお願いします。



膝のサポーターの付け方のPOINT
・皺にならないようにしっかり伸ばして着用する。
・2本の補助ベルトで圧を調整する。

動画で紹介しているサポーターがこちら!
DAIYA bonbone ファンクションニーOA
また、「階段の登り降り」で膝が痛い人はこちらの記事で詳しく紹介している。
階段昇降で膝が痛い時に使って欲しい理学療法士おすすめサポーター | 柔 YAWARA|岡崎市の肩こり・腰痛・膝痛専門整体

まとめ

今回は理学療法士がおすすめする登山にも使える膝のサポーター『ファンクションニーOA』のご紹介をした。

POINT
・膝のサポーターは膝の痛みを軽減し、治癒を促進させる目的で使用する。
・不用意な長期間の着用は膝の筋肉を衰えさせてしまうので注意しよう。
・『ファンクションニーOA』は普段使いだけでなく、通気性・サポート力もあるので登山の時にも使用しやすい!
・『ファンクションニーOA』特有の補助ベルトでしっかり圧をかけて膝への負担を軽減させよう。

膝のサポーターは、症状に合わせて適切に選び、着用していく事が大事である。
基本靭帯損傷の時は、膝を固定してくれるようなサポーターを。
怪我をしていないのに歩く時や階段の登り降りで膝が痛い場合は筋肉をサポートしてくるものを選ぼう!
そのようにしっかり選ぶことで、膝の痛みの回復も変わってくるので是非知っておいて欲しい。

長尾 龍男
この記事を書いた人 : 長尾 龍男

愛知県岡崎市在住。整体院柔YAWARAを設立した理学療法士。柔YAWARAにて関節のトラブル由来の肩こりや腰痛、膝の痛みのケアを提供しております。その傍、「理学療法士」として整形外科で培った知識を活かして、『障害の原因』や『予防方法』『身体のメンテナス・ケアのやり方』をこちらのメディアにてご紹介しております。僕の想いはただ一つ。【僕の技術によって皆様の「お身体」のトラブルが改善し、より良い状態になっていただく事。】 ※より詳しいプロフィールや僕の想いは運営者情報もご覧ください。

Copyright© 健康増進メディア『柔 YAWARA』|愛知県岡崎市で理学療法士が立ち上げた整体院が運営するメディア , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.