膝の筋肉を補助してくれるサポーターの機能と使い方をご紹介

投稿日:

筋肉を補助するサポーターの機能アイキャッチ

コルセット・サポーター

膝を痛めた時に使用するサポーターには色々な種類がある。
靭帯を補助してくるサポーターや、筋肉を補助してくれるサポーターなど色々ある。
今回は膝の筋肉を補助してくれるサポーターの機能と使い方をご紹介していく。
※記事を読む時間が取れない方には以下の動画もオススメです。 動画の中では膝が痛い時にサポーターを着用する理由を柔YAWARAが紹介しております。YouTubeでは柔YAWARAによく寄せられるお身体のトラブルについて、それを解消するためのエクササイズを定期的に紹介しておりますので、是非チャンネル登録もよろしくお願いします。



膝の痛みを引き起こす原因は?

まず膝の構造としては以下のような構造となっている。
大腿骨・脛骨・膝蓋骨という骨がある。
膝の骨
膝の痛みを引き起こす原因は色々なものがあるが、代表的なものとして『お皿の動きのトラブル』がある。
外側の筋肉が硬くなることによってお皿が外側に引っ張られ、大腿骨とぶつかり膝の外側やお皿の下が痛くなってしまう。
痛みが出る原因

痛みを軽減するためには

痛みを軽減するためには以下の方法がある。

方法
・太腿の外側の筋肉を柔らくする。
・テープやサポータなどでお皿が外側に動かないようにする。

お皿のトラブルに役立つ筋肉補助サポーター

上記のようなお皿でのトラブルの時に役に立つのが筋肉を補助してくれるサポーターである。
ファンクションニーOA
画像のサポーターは『ファンクションニーOA』と呼ばれるサポーターである。
下に位置する補助ベルトと上に位置する補助ベルトが、テーピングと同じような働きをして筋肉を補助してくれる。
ファンクションニーOA
ファンクションニーOA
またお皿の動きも過剰に外側に行かないようにしてくれるので優れものだ。
ファンクションニーOA
※お皿のトラブルによる膝の痛みの場合はこのようなサポーターが非常に有効的である。
オススメの膝のサポーター
DAIYA bonbone ファンクションニーOA

まとめ

今回は膝の筋肉を補助してくれるサポーターの機能と使い方をご紹介した。

POINT
・膝の痛みの原因は様々だが代表的なのがお皿の動きのトラブルによる痛みだ。
・お皿のトラブルには筋肉を補助してくれるサポーターが非常に有効的である。

近年サポーターは色々なものが出ていて、一般の人にとって、どれを使ったらいいのかが分からなくなっている。
膝の痛みの原因に合わせて、使い分けていく事が正解である。
その一例として今回は膝の筋肉を補助してくれるサポーターをご紹介した。
お皿周りのトラブルでお悩みの方のお役に立てれば幸いだ。

長尾 龍男
この記事を書いた人 : 長尾 龍男

愛知県岡崎市在住。整体院柔YAWARAを設立した理学療法士。柔YAWARAにて関節のトラブル由来の肩こりや腰痛、膝の痛みのケアを提供しております。その傍、「理学療法士」として整形外科で培った知識を活かして、『障害の原因』や『予防方法』『身体のメンテナス・ケアのやり方』をこちらのメディアにてご紹介しております。僕の想いはただ一つ。【僕の技術によって皆様の「お身体」のトラブルが改善し、より良い状態になっていただく事。】 ※より詳しいプロフィールや僕の想いは運営者情報もご覧ください。

Copyright© 健康増進メディア『柔 YAWARA』|愛知県岡崎市で理学療法士が立ち上げた整体院が運営するメディア , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.