肩甲骨の覚え方

投稿日:

理学療法士の知識・信念



当サイトがオススメする解剖学の勉強方法をご紹介する。


まずはじめに。


解剖学は文字で覚えるな!


解剖学は位置と形で覚えよう!


肩甲骨はたくさんの筋肉と靭帯がつく場所なので、しっかり覚えていこう!



当サイトのルール


・A4紙に大きく描くこと。

・参考書は最後に開くこと。

・矢状面・前額面・水平面の位置と形をしっかり覚えること。

・簡単にデフォルトして覚えること。


当サイトの使い方



絵をA4紙に大きく描く。

そこに名称を書き込む。

確認テストを最後に設置してあるので覚えたか確認する。

全て左側の骨を書いている。


あくまでも位置と形を覚えること!


これができれば参考書の内容が自然と頭に入ってくる。

肩甲骨の形と名称


まず絵を書こう!



前額面(正面)


肩甲骨前|岡崎市


前額面(後面)


肩甲骨後|岡崎市


矢状面(外側)


肩甲骨外側|岡崎市

肩甲骨の実物を見てみよう!



前額面(前面)


肩甲骨前|岡崎市


前額面(後面)


肩甲骨後ろ|岡崎市


矢状面(外側)


肩甲骨外側|岡崎市

各名称を書き込もう!



前額面(前面)


肩甲骨前解答|岡崎市


前額面(後面)


肩甲骨後解答|岡崎市


矢状面(外側)


肩甲骨外側解答|岡崎市


ここまで出来れば自然と位置と形が頭に入っているはず!

覚えたことをテストしよう!



15秒後におきに問題と解答が入れ替わります。


前額面(前面)


肩甲骨前面問題|岡崎市


前額面(後面)


肩甲骨後面解答|岡崎市


矢状面(外側)


肩甲骨外側|岡崎市

参考文献

当サイトで勉強してから文献を読むと更に身につく!

長尾 龍男
この記事を書いた人 : 長尾 龍男

愛知県岡崎市在住。整体院柔YAWARAを設立した理学療法士。柔YAWARAにて関節のトラブル由来の肩こりや腰痛、膝の痛みのケアを提供しております。その傍、「理学療法士」として整形外科で培った知識を活かして、『障害の原因』や『予防方法』『身体のメンテナス・ケアのやり方』をこちらのメディアにてご紹介しております。僕の想いはただ一つ。【僕の技術によって皆様の「お身体」のトラブルが改善し、より良い状態になっていただく事。】 ※より詳しいプロフィールや僕の想いは運営者情報もご覧ください。

Copyright© 健康増進メディア『柔 YAWARA』|愛知県岡崎市で理学療法士が立ち上げた整体院が運営するメディア , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.