とても分かりやすいテニス肘の症状と改善方法

投稿日:2017年1月26日 更新日:

肘の痛み

日常生活を送っていく上で腕を酷使していることがある。

そのことによって、肘への負担が大きくなり痛みを出す人が多い。

皆様もこのような経験はないだろうか?

  • 物を持つと肘の外側が痛い。
  • 肘を押すと痛む。
  • ラケットを振ると肘が痛くなる。

など

意外と多くの方がかかる肘のトラブル。

しかも、放置されて症状を悪化させてしまう方が山ほどいる。

今回はそんな肘の外側に痛みが出る『テニス肘』についてお伝えする。

テニス肘(バックハンドテニス肘)とは?

テニス肘とは俗称で正式には上腕骨外側上顆炎という病名が付けられる。

テニスのバックハンドの繰り返しによって肘の外側に痛みが生じることが多い事から、『テニス肘』と呼ばれる。

また長時間のパソコン作業などによっても肘の外側に痛みが生じることがある。

因みにテニス肘には今回ご紹介するバックハンドテニス肘フォアハンドテニス肘がある。

※フォアハンドテニス肘はゴルフ肘とも呼ばれている。詳しい改善方法はこちらの記事にて解説しておりますのでぜひ御参考にしてください。

アイキャッチ
超わかりやすい!ゴルフ肘の症状・治し方を徹底解説!

ゴルフ肘はクラブを何度も繰り返して振ることにより、肘に負担がかかることによって発生する。 もちろんゴルフ以外に日常生活の ...

続きを見る

テニス肘の主な症状

以下にテニス肘の症状を列挙した。

主なテニス肘の症状

  • テニスのバックハンドを打つ時に肘が痛む。
  • 肘の外側を押すと痛む。
  • 物を持つと肘の外側に痛みが出る。
  • パソコンのキーボードを押す時に肘の外側が痛む。

テニス肘はテニス以外のでも、物を持ったり、パソコンのキーボードを押すときなどの日常生活の中でも度々痛みが出てしまう。

テニス肘が発生する原因とは!?

突然肘の外側に痛みが出るのではなく、テニスや、パソコン作業の繰り返しによって肘の外側に負担がかかり痛みが出る。

その為、運動時だけでなく日常生活でも負担がかかっていないかを確認することが大切だ。

痛み出してしまう原因となる筋肉の場所

痛みが出る筋肉は『短橈側手根伸筋』『総指伸筋』『尺側手根伸筋』と呼ばれる筋肉だ。

以下に外側上顆炎いわゆるテニス肘になった時に痛くなってしまう筋肉をトレースした写真をご紹介しておく。

1.総指伸筋

2.尺側手根伸筋

3.短橈側手根伸筋

これらの筋肉が肘の外側に集中して付着している部分に痛みが出てしまう。

テニス肘の検査方法

下記のチェックシートも合わせて行って頂きたい。

自分の肘の外側の痛みがテニス肘かな?と感じたら以下のセルフチェックとテニス肘の検査法を行ってみよう!

テニス肘のセルフチェック

以下にテニス肘かどうかを判断するためのチェックシートを記載した。

セルフチェックシートにチェックを付けて自分の肘の状態を確認しよう!

テニス肘チェックシート

□ 物を持つ時、肘の外側に痛みがでる。
□ テニスのバックハンドストローク時に肘の外側に痛みがでる。
□ 肘の外側を押すと痛みがでる。
□ 手首を甲側に動かして上から抵抗を加えると肘の外側に痛みがでる。
(下記の検査法をご参照してください)
□ 指を伸ばして、反対の手で上から押して抵抗をかけると肘の外側に痛みがでる。
(下記の検査法をご参照してください)

当てはまるものが3個以上あったらテニス肘(上腕骨外側上顆炎)が疑われる。

検査方法1

方法

肘の外側を押してみて痛みが出るかどうかを確認する。
※押して痛みが出れば、テニス肘の可能性がある。

検査方法2

方法

片手で持ち上げられるものを持つ。
※肘の外側に痛みが出れば、テニス肘の可能性がある。

検査方法3

方法

手首を甲側に動かす。
反対の手で抵抗をかける。
※肘の外側に痛みが出れば、テニス肘の可能性がある。

検査方法4

方法

反対の手で指に抵抗を加える。
※肘の外側に痛みが出れば、テニス肘の可能性がある。

※どの検査でも痛みが出るようだったら、テニス肘の可能性が大いにある。

テニス肘の修復期間

テニス肘はどのくらいで痛みが改善して、完治するのか?と思われる方が多いだろう。

状態にもよるがしっかりとした管理が行えれば、2~4週で炎症は治まり痛みが軽減してくる。

4~8週以内には改善が見込まれる。

しかし、日常的に負担をかけてしまう場所なので痛みを長引かせてしまう方が多い。

テニス肘の改善方法

テニス肘は前述したように繰り返しの負担が肘の外側にダメージを与え、痛みを出してしまういわば怪我のようなものだ。

その為、適切に管理していくことが大切となる。

以下に改善するための方法を解説する。

痛みが出はじめた時の管理方法

痛みが出始めた時の1~2週間は炎症期と呼ばれる。

この時期に無理なストレッチや痛いところを押しすぎると炎症がかえって強くなり悪化する。

その為、適切な固定で安静を保ち、痛みが出ない範囲で使っていくのが大事となる。

※テニス肘の痛みが強い時にオススメの装具がこちら

柔YAWARA
肘が痛い時は安静を保つためにこのような装具を利用するのが一番だ!

テニス肘の改善体操

2週間ほどの炎症期が過ぎ、痛みが軽減したら肘の柔軟性を出す体操を行おう!

以下の注意点をよく読み行ってください。

体操の注意点

  • 痛くなるような動かし方はしてはいけない。
  • 痛みが出ない範囲で動かそう!
  • ストレッチは全体に行わないでください。

どれも痛みを助長させてしまうので気をつけよう!

下記にテニス肘を改善に導く4つの柔軟体操を解説していく。

手首の体操

方法

手を組み、動く範囲で手首を上下させる。
10回行おう!

手首の体操1

肘の曲げ伸ばし

方法

肘が動く範囲で、曲げ伸ばしを行おう!
10回行おう!

肘の体操

手首を回す体操

方法

動く範囲で、手首を回そう!
10回行おう!

手首の体操3

肩甲骨の体操

方法

バンザイをする。
肩甲骨を背中の中央に寄せる。
10回行おう!

肩こり体操

※テニス肘に似ているようで違うゴルフ肘の改善法はこちらの記事を御覧ください!

アイキャッチ
超わかりやすい!ゴルフ肘の症状・治し方を徹底解説!

ゴルフ肘はクラブを何度も繰り返して振ることにより、肘に負担がかかることによって発生する。 もちろんゴルフ以外に日常生活の ...

続きを見る

上記の体操をやっても改善しない方は是非一度当店の施術を!

予約システムからのご予約なら一切手間は不要!さらに初検料1000円割引キャンペーン実施中!

まとめ

今回はテニス肘(上腕骨外側上顆炎)について解説した。

POINT

  • テニス肘は繰り返しの動作による負担で生じる。
  • 決してテニスをやっている人だけでなく、日常生活の中でもテニス肘になる事がある。
  • 痛みが出始めた時が肝心。すぐに装具を使って安静にしよう。
  • 痛みが強い時は無理にストレッチしない。
  • テニス肘を改善させる為には、痛みが出ない範囲で手首や肘、肩甲骨の動きをよくしていこう!

テニス肘になってしまったら、適切な方法で管理していこう!

そうしなければ、症状が悪化してしまい、いつまでも痛みが続いてしまう。

この記事がテニス肘でお困りの方のお役に立てれば幸いだ。

訂正:2019/03/20

長尾 龍男
この記事を書いた人 : 長尾 龍男

愛知県岡崎市在住。整体院柔YAWARAを設立した理学療法士。柔YAWARAにて関節のトラブル由来の肩こりや腰痛、膝の痛みのケアを提供しております。その傍、「理学療法士」として整形外科で培った知識を活かして、『障害の原因』や『予防方法』『身体のメンテナス・ケアのやり方』をこちらのメディアにてご紹介しております。僕の想いはただ一つ。【僕の技術によって皆様の「お身体」のトラブルが改善し、より良い状態になっていただく事。】 ※より詳しいプロフィールや僕の想いは運営者情報もご覧ください。

Copyright© 健康増進メディア『柔 YAWARA』|愛知県岡崎市で理学療法士が立ち上げた整体院が運営するメディア , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.