肩こりや鎖骨に痛みがある人は胸郭出口症候群かも⁉︎

投稿日:2017年7月26日 更新日:

肩こり

肩こりで悩んでいる人はたくさんいる。しかし、たかが肩こりと馬鹿にする人が多い。軽い肩こりを放置していたら、いつの間にか重症化していた!という事例があるにも関わらず。

今回ご紹介するのが、胸郭出口症候群というものだ。

これは、筋肉が神経・血管を圧迫してしびれなどの症状を招く症候群である。聞きなれない名前だと思うが、胸郭出口症候群になる人は非常に多い。今回はそんな胸郭出口症候群の特徴についてまとめ、チェックリストを作成したのでご紹介する。

※記事を読む時間が取れない方には以下の動画もオススメ。 動画の中では柔YAWARAが胸郭出口症候群の原因と検査方法を解説しています。YouTubeでは柔YAWARAによく寄せられるお身体のトラブルについて、それを解消するためのエクササイズを定期的に紹介しておりますので、是非チャンネル登録もよろしくお願いします。

胸郭出口症候群とはどのような病気でどのような症状がでるのか?

胸郭出口症候群とは首の付根や鎖骨、肋骨周りの神経の通り道が筋肉によって圧迫してしまうものである。症状として代表的なものが腕・手の痛みやシビレ、だるさ、肩こりなどだ。悪化すると握力が入りづらくなる。

一般的に女性のなで肩体型に多いとされている。

運営者の臨床経験では、ライン作業員・美容師など、長時間の繰り返しの作業・固定姿勢が多い職業の方にも多く発生すると感じる。

4つの分類に分けられるに分けられる胸郭出口症候群

胸郭出口症候群は以下の4つの分類に分けられる。

斜角筋症候群

斜角筋という筋肉が神経・血管を圧迫されて生じる。

斜角筋症候群|岡崎市

小胸筋症候群(過外転症候群)

小胸筋という筋肉が神経・血管を圧迫されて生じる。

小胸筋症候群|岡崎市

頚肋症候群

12本しかない肋骨に加え、首の骨に「頚肋」と呼ばれる骨によって、神経・血管が圧迫されて生じる。

頚肋|岡崎市

肋鎖症候群

鎖骨と第1肋骨の間で、神経・血管が圧迫されて生じる。

肋鎖症候群|岡崎市

胸郭出口症候群かチェックしてみよう!

以下の項目に胸郭出口症候群かどうか疑われる症状等を列挙したので自分の賞状をチェックしてみよう!

胸郭出口症候群チェックリスト

❒ 以前から肩こりは酷かった。
❒ 以前から首や肩にチクチクするような感じがあった。
❒ 腕の方まで痛みがある。
❒ 肩や腕、手が腫れてしまう。
❒ 腕にシビレが出てしまう。
❒ 最近握力がはいりづらい。

4つ以上チェックが入った人は、胸郭出口症候群の症状が疑われる

胸郭出口症候群に対する3つの検査でセルフチェックをしよう!

以下に胸郭出口症候群を見極める為の代表的な3つの検査方法をご紹介している。チェック項目と合わせて行ってみよう!

胸郭出口症候群の検査1

方法

痛みやシビレが出ている方の首の付根(鎖骨の内側)を押す。
痛みやシビレがでるようなら、胸郭出口症候群を疑う。

モレーテスト|岡崎市

胸郭出口症候群の検査2

方法

痛みやシビレが出ている方の腕でカバンなどを持つ。
首をカバンを持っている方向と逆方向に倒す。
カバンを持っている方の腕に、痛みやシビレがでるようなら、胸郭出口症候群を疑う。

肩引き下げテスト|岡崎市

胸郭出口症候群の検査3

方法
痛みやシビレが出ている方の肩と肘を直角に曲げる。
グーパーグーパーを3分間繰り返す。
痛みやシビレが出てグーパーグーパーを3分間繰り返すことが出来ない場合は胸郭出口症候群を疑う。

ルーステスト|岡崎市

※こちらの記事で胸郭出口症候群の改善方法に関して詳しくご紹介しております。胸郭出口症候群の検査を行って症状が出ているようでしたら、ご参考になりますのでぜひご覧ください。

アイキャッチ
ひどい肩こりと勘違いしやすい胸郭出口症候群の改善方法を解説

スマホやパソコンを使う事が多くなった現代。 首や背中・肩甲骨、腕周りがかたまってしまい、神経に負担をかけてしまっている人 ...

続きを見る

※また四十肩や五十肩などになり、肩が動かせなくなっている人にも胸郭出口症候群が併発するケースがあります。こちらの記事にて四十肩や五十肩の改善方法をまとめてありますのでぜひご覧ください。

これで安心!四十肩・五十肩の症状~治し方の記事まとめ!

四十肩・五十肩でお困りの人は山ほどいます。その殆どの人が、間違った認識のケアをして更に症状を悪化させています。今回は四十 ...

続きを見る

参考にした文献

参考文献

・関節昨日解剖学に基づく整形外科運動療法ナビゲーション 上肢 編集 整形外科リハビリテーション学会 発行者 浅原実朗 発行所 株式会社メジカルビュー社 p26-29

上記の文献の内容を参考に一般の方でもわかりやすいように胸郭出口症候群に関する情報をまとめました。

まとめ

今回は胸郭出口症候群の症状とテストについてまとめた。

POINT

・胸郭出口症候群とは首の付根や鎖骨、肋骨周りの筋肉が神経の通り道を圧迫してしまうもの。
・症状には手のしびれや腫れ、腕の痛み等がある。
・一般的に女性のなで肩に多いとされている。
・長時間の固定姿勢をとる職業の方に多い。
・四十肩・五十肩に併発している人もいる。

たかが肩こりだと馬鹿にしてはいけない。何気ない肩こりが、実は神経や血管を圧迫して重症化させてしまうケースが有るからだ。
重症化してしまえば、改善にも時間がかかってしまう。そうならないためにも、日頃から身体のケアを行って欲しい。

訂正:2019/03/11

長尾 龍男
この記事を書いた人 : 長尾 龍男

愛知県岡崎市在住。整体院柔YAWARAを設立した理学療法士。柔YAWARAにて関節のトラブル由来の肩こりや腰痛、膝の痛みのケアを提供しております。その傍、「理学療法士」として整形外科で培った知識を活かして、『障害の原因』や『予防方法』『身体のメンテナス・ケアのやり方』をこちらのメディアにてご紹介しております。僕の想いはただ一つ。【僕の技術によって皆様の「お身体」のトラブルが改善し、より良い状態になっていただく事。】 ※より詳しいプロフィールや僕の想いは運営者情報もご覧ください。

Copyright© 健康増進メディア『柔 YAWARA』|愛知県岡崎市で理学療法士が立ち上げた整体院が運営するメディア , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.