「最近おしりから太ももが痛いんだよね」の原因は腰にあった!

投稿日:2018年3月18日 更新日:

アイキャッチ

股関節の痛み

立っているとお尻から太ももの外が痛くなってしまう。痺れたような感じが出てしまう。

そのような訴えをされる方が非常に多い。

その背景には、以前から腰に違和感があった。痛みがあった。ヘルニアと診断された。などがある。

今回はそんなおしりから太ももにかけての痛みや痺れについて解説していく。

※記事を読む時間が取れない方には以下の動画もオススメ。 動画の中ではおしりの痛みの原因について柔YAWARAが解説しております。YouTubeでは柔YAWARAによく寄せられるお身体のトラブルについて、それを解消するためのエクササイズを定期的に紹介しておりますので、是非チャンネル登録もよろしくお願いします。

おしりから太ももにかけて痛みが出る原因

おしりから太ももにかけてでる痛みやしびれの殆どは腰の関節の関連痛が考えられる。

このような時に痛みが出やすい

・長時間立っている時。
・長時間座っている時。
・腰を反らしたりする時。
・身体をひねった時。

このような腰からの関連痛に関する研究がされている。

腰の関節に向かう脊髄神経後枝内側枝という神経に電気刺激を与えて、どのような痛みが出るか研究されている。

・第1腰椎の脊髄神経後枝内側枝に刺激を与えた場合

第1腰椎の脊髄神経後枝内側枝に刺激

・第2腰椎の脊髄神経後枝内側枝に刺激を与えた場合

第2腰椎の脊髄神経後枝内側枝に刺激

・第3腰椎の脊髄神経後枝内側枝に刺激を与えた場合

第3腰椎の脊髄神経後枝内側枝に刺激

・第4腰椎の脊髄神経後枝内側枝に刺激を与えた場合

第4腰椎の脊髄神経後枝内側枝に刺激

・第5腰椎の脊髄神経後枝内側枝に刺激を与えた場合

第5腰椎の脊髄神経後枝内側枝に刺激

・第1仙椎の脊髄神経後枝内側枝に刺激を与えた場合

 第1仙椎の脊髄神経後枝内側枝に刺激

上記の写真は関連痛のだいたいの部位を示しているので、詳しくは文献をご覧ください。

脊髄神経後枝内側枝の電気刺激 による腰椎椎間関節 性疼痛の分析

上記のように腰の関節にトラブルが生じるとお尻や太ももなどにトラブルが出ることになる。

なぜ腰の関節に関連痛が生じてしまうのか?

腰の関節に傷がついてしまうので、関連痛が生じてしまう。

椎間関節の痛み

傷がつく原因としては、「腰を反らしすぎる」事や「不意に身体を捻る」などの動作で傷がついてしまう。

もちろん腰のヘルニアがあるとより腰の関節を痛めやすくなる。

※他にも腰痛からこのような症状が出るのでこちらの記事から確認してみてください!

まるで地図!腰痛の場所からわかるその原因と症状 | 柔 YAWARA|岡崎市の肩こり・腰痛・膝痛専門整体

※腰の関連痛から来るおしりの痛みの改善法がこちらの記事が御参考になります!

40代に多い!おしりから太ももに痛みやしびれが出た時の改善法 | 柔 YAWARA|岡崎市の肩こり・腰痛・膝痛専門整体

まとめ

今回はおしりから太ももにかけての痛みや痺れに関する原因について解説した。

POINT

・腰の関節に負担がかかるとおしりや太ももにトラブルが出る。
・腰の関節に負担がかかる原因としては、腰を反りすぎたり、立ち続けたりすることなどがある。

おしりや太ももに痛みなどを訴える人は非常に多い。

そして、その症状を放置して悪化させてしまう人も多いのが事実だ。

症状が悪化してからでは、改善するまでに時間を要してしまうのを肝に命じておこう。

おしりから太ももにかけての痛みがある方は無理をせずに早急に医療機関への受診をおすすめする。

訂正:2019/03/18

長尾 龍男
この記事を書いた人 : 長尾 龍男

愛知県岡崎市在住。整体院柔YAWARAを設立した理学療法士。柔YAWARAにて関節のトラブル由来の肩こりや腰痛、膝の痛みのケアを提供しております。その傍、「理学療法士」として整形外科で培った知識を活かして、『障害の原因』や『予防方法』『身体のメンテナス・ケアのやり方』をこちらのメディアにてご紹介しております。僕の想いはただ一つ。【僕の技術によって皆様の「お身体」のトラブルが改善し、より良い状態になっていただく事。】 ※より詳しいプロフィールや僕の想いは運営者情報もご覧ください。

Copyright© 健康増進メディア『柔 YAWARA』|愛知県岡崎市で理学療法士が立ち上げた整体院が運営するメディア , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.