知らなきゃ損!しゃがむ時に膝裏が痛くなる本当の原因

投稿日:2022年3月24日 更新日:

アイキャッチ

膝の痛み

この記事で分かること

  • しゃがむと膝裏が痛くなる原因がわかる
  • 膝窩筋と腓腹筋が原因で膝裏が痛くなるメカニズムが分かる
  • 膝窩筋や腓腹筋は『変形性膝関節症』や『足首のトラブル』で硬くなりやすい理由がわかる

40歳以上の方でしゃがむと膝裏が痛くなる方が非常に多い。

なぜ膝裏の痛みが起きてしまうのか?

実は「膝窩筋」と「腓腹筋」という筋肉が原因で膝裏が痛くなることが多い。

そのメカニズムについて今回の記事で詳しく解説していく。

※長野市のSeitai Zen繕がしゃがむと膝裏が痛くなるメカニズムを動画で詳しく解説しております。読む時間が取れない方はぜひ下の動画をご覧下さい。

しゃがむと膝裏が痛くなる原因➀:膝窩筋

しゃがむと膝裏が痛くなる原因の一つ目が膝窩筋だ。

この章では「どうして膝窩筋が原因で膝の裏に痛みが出てしまうのか?」

その理由を膝窩筋の構造を踏まえて詳しく解説していく。

膝窩筋が硬くなる原因➀:軽度な変形性膝関節症

膝窩筋をテーピングで再現した。

膝窩筋

膝窩筋は脛骨の内側から、大腿骨の外側に向かって走っている筋肉である。

膝窩筋が働くと、つま先を内側に向けたり膝を曲げたりする。

そもそも膝というのは、構造上少しつま先を内側に向けながら、曲がる。

つま先が内側に向いて曲がる

膝窩筋は膝が曲がる時に活動して、膝の曲がりを補助してくれる重要な筋肉である。

ではなぜ、膝窩筋がしゃがむときに痛くなってしまうのか?

原因の一つ目が、膝が伸びきっていないからだ。

膝が伸びきっていない人は軽度な変形性膝関節症を患っている方に多い特徴である。

軽度な変形性膝関節症になっている方は、内側広筋が細くなっている。

内側広筋というのは膝を伸ばしきるために必要な筋肉である。

しかし、年齢を重ねるとだんだんと内側広筋が細くなっていく。

その事により、膝が伸びきらなくなる。

膝が伸びきらないと膝が内側に入りやすくなってしまう。

膝が伸びないと内側に入る

膝が内側に入ると大腿骨は内側へ脛骨は外側へ捻じれる。

大腿骨は内側脛骨は外側

膝窩筋はつま先を内側に向ける働きがある。

つまり、大腿骨は外側へ、脛骨は内側へ捻じれる動きとなる。

脛骨が内側へ

軽度な変形性膝関節症の方は膝が伸びきらない事で、常に膝窩筋が伸ばされている状態になる。

その事で膝に負担がかかり、膝窩筋が硬くなるのだ。

ある文献によると膝窩筋は膝を曲げてから120°までは縮む。

しかし、120°を超えると膝の構造上、大腿骨についている部分が伸びてしまう。

つまり、膝窩筋に負担がかかり硬くなってしまうと、膝を120°より深く曲げると膝の裏側が痛くなってしまう原因となる。

※膝裏痛の原因を特定する方法はこちらの記事にて詳しく解説しておりますのでぜひご参考にしてください。

5つのテストで『膝裏痛』を検査!本当の原因を追及せよ!

しゃがむ時や日常生活の中で膝裏の痛みが気になる事はないだろうか? 年齢を重ねてきたことも関係してくる。 膝裏の痛みの原因 ...

続きを見る

膝窩筋が硬くなる原因②:がに股や扁平足

膝窩筋が硬くなる原因として、がに股や扁平足も関係している。

がに股傾向や扁平足が強い方はつま先が外側に向いてしまう。

つま先が外側に向くという事は、脛骨も外側に捻じれるので、膝窩筋が伸ばされやすくなる。

膝窩筋が常に伸ばされる

膝窩筋が常に伸ばされるのを防ごうと力を入れ続けているので硬くなる。

その他にも、うちくるぶしの後ろにある筋肉が硬くなるとつま先は外側に向きやすくなる。

うちくるぶしの後ろにある筋肉が硬くなる事で、脛骨が外側に捻じれる。

そして、より膝窩筋が硬くなり、120°以上曲げた時に膝裏痛がでる原因となる。

これは足首の捻挫をされている方に非常に多い傾向だ。

親指を上向きに反れない方や、つま先をあげると外へ逃げてしまう方は、足首の問題を解決していかなければいけない。

親指を反れない

つま先が外へ向く

膝窩筋が原因でしゃがむときに膝裏が痛くなってしまう方はその背景に、軽度な変形性膝関節症や扁平足、足首の捻挫などがあるので覚えておこう。

※膝裏痛が悪化してしまうトラブルについてこちらの記事で詳しくまとめておりますので、膝裏痛の痛みでお困りの方はぜひご参考にしてください。

アイキャッチ
40代に多い膝裏痛が悪化してしまう2つのトラブルとは!?

膝を曲げる時なぜか膝裏が痛くなってしまう事はないだろうか? 40代になると膝裏の痛みが悪化することが多くなる。 特に足首 ...

続きを見る

※腓腹筋の改善方法で行ってはいけない悪魔の3つの行為についてはこちらの記事にて解説しておりますのでぜひご覧下さい。

膝裏痛をより悪化させる!?行うとやばい3つの間違い

皆様は膝裏が痛い時、どのように対処していますか? 多くの方が、マッサージやストレッチを行っていることが多いと思います。 ...

続きを見る

しゃがむと膝裏が痛くなる原因➁:腓腹筋

しゃがむと膝裏が痛くなる原因の2つ目が腓腹筋である。

腓腹筋をテーピングで再現した。

腓腹筋

腓腹筋は踵から大腿骨につく筋肉だ。

働きはつま先を伸ばすことや、膝を曲げる動きである。

また構造上、腓腹筋は大腿骨の内側でつく部分で太くなる。

腓腹筋内側頭

では「なぜ腓腹筋が原因で膝裏に痛みが出てしまうのか?」について解説していく。

腓腹筋が硬くなる原因➀:膝が内側に入ってしまう事が多い

膝は構造上、かるいX脚になっている。

X脚

実は腓腹筋の内側は、膝が内側に入りすぎないように制動をしている。

内側に入るのを制限

その他にも腓腹筋の内側は、つま先を内側に行き過ぎないように制限する働きがある。

正常に膝が伸びきっていれば、問題はない。

しかし、軽い変形性膝関節症のように、膝が伸びきらなくなると、腓腹筋にトラブルが起きる。

理由としては、膝が伸びきらなくなると膝が内側に入りやすくなるからだ。

膝が内側に入りやすいという事は腓腹筋の内側によって、膝が内側に入るのを防ぐ働きが強くなる。

そして腓腹筋に負担がかかってしまい、硬くなる。

腓腹筋が硬くなる原因➀:足首が常に曲がった状態

その他にも膝が伸びきらないことによって、足首が常に曲がってしまう。

足首が常に曲がってしまうと、腓腹筋が伸ばされる状態となり、負担がかかる原因となる。

腓腹筋が伸ばされる

腓腹筋の内側が硬くなってしまうと、実は膝を曲げる動きに支障がでてしまう。

なぜなら、膝を曲げる際、つま先を内側に向けながら動くからだ。

つま先が内側に向いて曲がる

前述した通り、腓腹筋の内側はつま先を内側に行き過ぎないように制動する働きがある。

つまり、腓腹筋の内側が硬くなるとつま先が内側に向きづらくなる。

つま先が内側に向きづらくなると膝が正常に曲がらなくなるため、膝の裏に痛みが出てしまう。

腓腹筋のトラブルによる膝裏痛も、膝窩筋と同様に、軽度な変形性膝関節症や、足首の捻挫後のトラブル、扁平足の方に生じやすい問題なので覚えておこう。

※膝裏痛を引き起こしてしまう3大原因については、こちらの記事にてまとめてありますので、膝裏痛でお困りの方は是非ご覧下さい。

アイキャッチ
【膝裏痛】3大原因を解説!筋肉だけが膝裏痛を引き起こす原因ではない

なぜ膝裏の痛みが起きてしまうのか? 膝の筋肉の「膝窩筋」と「腓腹筋」が原因で膝裏が痛くなることが多い。 実は、膝裏痛の原 ...

続きを見る

※膝裏痛を解消する為の効果的なマッサージ方法はこちらの記事にて詳しく解説しておりますのでぜひご参考にしてください。

たった3つの筋肉をほぐすだけで劇的に膝裏痛が変わる!マッサージのコツとは!?

膝裏痛が気になってはいるものの、何もせずに適当に触っていないだろうか? ただ適当に痛い部分を触っているだけではなく、膝裏 ...

続きを見る

まとめ

今回はしゃがむと膝裏が痛くなる原因について詳しく解説した。

POINT

  • しゃがむと膝裏が痛くなる原因は「膝窩筋」と「腓腹筋」だ
  • 膝窩筋はつま先が外へ向くと伸ばされやすく膝裏で痛みが出やすい。
  • 腓腹筋は膝が内側にはいると負担がかかり膝裏で痛みが出やすい
  • 膝窩筋や腓腹筋は『変形性膝関節症』や『足首のトラブル』で硬くなりやすい。

しゃがむときに膝裏が痛くなってしまう原因となる筋肉は膝窩筋と腓腹筋だ。

膝窩筋はつま先が外に向いてしまうと常に負担がかかり、硬くなってしまう筋肉である。

また膝を120°以上曲げる時に伸ばされる筋肉でもある。

そのため、膝窩筋が硬くなると深く曲げた時に膝裏痛が出る。

腓腹筋は膝や足首をまたぐ筋肉だ。

特に腓腹筋の内側は膝が内側に入ってしまう事が多くなると硬くなる。

腓腹筋の内側が硬くなると、膝を曲げる際つま先が内側に入りづらくなり、膝裏に痛みを出す。

膝窩筋も腓腹筋のトラブルによる膝裏痛は、背景に「変形性膝関節症」や「足首のトラブル」が存在いる。

そのため、膝以外にトラブルが出ていないか?という事もチェックしていった方が良いので覚えておこう。

膝裏の痛みでお悩みの方は是非一度当店にて施術を!
予約受付システムからのご予約なら一切の手間は不要!

ご新規の方は初検料1000円割引キャンペーン実施中!

長尾 龍男
この記事を書いた人 : 長尾 龍男

長野県長野市在住。2015年8月愛知県岡崎市にて整体院「柔YAWARA」を設立。2021年6月に長野県長野市にて『Seitai Zen繕』を設立した理学療法士。Zen繕にて関節のトラブル由来の肩こりや腰痛、膝の痛みのケアを提供しております。その傍、「理学療法士」として整形外科で培った知識を活かして、『障害の原因』や『予防方法』『身体のメンテナス・ケアのやり方』をこちらのメディアにてご紹介しております。僕の想いはただ一つ。【僕の技術によって皆様の「お身体」のトラブルが改善し、より良い状態になっていただく事。】 ※より詳しいプロフィールや僕の想いは運営者情報もご覧ください。

Copyright© ゼンブログ|長野県長野市で理学療法士が立ち上げた整体院の「肩こり・腰痛・膝痛」解決ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.