ビルケンシュトックのつま先構造がスムーズな歩きを生み出す理由だ!

投稿日:2019年7月26日 更新日:

BIRKENSTOCK トゥーグリップの機能アイキャッチ

足の痛み

ドイツ生まれのビルケンシュトックのサンダル。

ドイツは日本よりも足病医学が進んでおり、2世紀以上前より履物に関してはシビアに考えられている。

この点は日本人も見習わなければならない。

日本人は先進国の中でも履物に関しては、ただのファッションとしか捉えておらず、足元から健康を作っていくという意識が非常に疎いようだ。

特に幼少期の履物に関してはシビアに考えなければならない。

何故なら、成長過程で足の形が決まるからである。

もちろん遺伝的な要素もあるが大半は成長過程で足の形は決まってしまう。

もし幼少期に足に合わないような履物を履いていたとすると足の成長は阻害され、日本人に多い扁平足を招いてしまう事がある。

この扁平足から膝や腰、肩などに負担がかかってしまい痛みが出やすい体になってしまうのだ。

それぐらい足の発育は大切なものである。

そんな足の発育にもよく、もし扁平足になってしまっても足の機能を高めてくれるのがビルケンシュトックだ。

ビルケンシュトックはその構造からその人本来の歩き方を引き出してくれ、歩きやすくしてくれる。

今回は足の機能を高めてくれるビルケンシュトックのつま先部分にあるトゥグリップという構造に着目して、歩きやすさを引き出す理由について解説していく。

※動画内にて柔YAWARAがビルケンシュトックのトゥグリップの機能について詳しく解説しております。

YouTube BIRKENSTOCKのトゥーグリップの機能

ビルケンシュトックのトゥグリップの機能は足趾の機能を最適化してくれる

BIRKENSTOCKのトゥーグリップの機能

ビルケンシュトックのつま先部分にあるトゥグリップは前述したようにブレーキをかける(蹴り出す)時期に役に立つ構造である。

ビルケンシュトックのトゥグリップ

足趾がしっかり地面にかむことによって、前方への推進力に対してのブレーキをかけることができる。

以下のような実験をしていただきたい。

  1. 足趾を上に反らして、そのまま前方に倒れる。
  2. 足趾を地面にかんで、前方へ倒れる。

いかがだろうか?

足趾が地面に噛んでいないほうが前方に倒れて行くことが分かるだろうか?

つま先を挙げた状態

前方への制動ができない

前方へ倒れてしまう

逆に足趾が地面に噛んでいれば、前方への倒れることなく踏ん張ることができるのが分かるはずだ。

指が地面をかんでいると

前方への制動ができて前へ倒れない

歩くときも同じである。

歩きやすさを出すために、前方への推進力を減少させ、反対側の足を良い位置へと出さなければならない。

そのためには、足趾がしっかり地面にかまなければならないのだ。

ビルケンシュトックのトゥグリップはその足趾を使いやすくするための構造となっている。

その為、ビルケンシュトックのヒールカップやアーチサポートで得られた推進力で前方へ進み、反対側の足を出すためにトゥグリップでブレーキをかけて歩くスピードをコントロールしているのである。

それがビルケンシュトックのつま先部分にあるトゥグリップの機能であり歩きやすさを引き出してくれる理由である。

※以前ビルケンシュトックの超絶機能についての概要をこちらの記事にてまとめたのでご参考までにご覧下さい。

ビルケンシュトックを履く超絶効果!「身体が楽に動く」驚くべき機能とは?

この記事で分かる3つの事 ビルケンシュトックの良さについて ビルケンシュトックの機能について ビルケンシュトックのサイズ ...

続きを見る

ビルケンシュトックの機能はまだまだたくさんある!

人の歩行は実は非常に複雑である。

机や椅子を思い浮かべていただきたい。

3本足もしくは4本足でやっと安定感が得られる。

しかし、人間は2本足で立っている。

これはとても高度なバランスを制御する機能が働く事によって、2本足で立てるのである。

当たり前のように立っているのだが、実はとてもすごいことなのである。

そして、さらにそこから2本足で歩けるというのは非常に複雑な制御機能が働いている。

人の歩きについて語ってしまうとこの記事だけでは書ききれないため、歩きの主要な3つの時期をご紹介しておく。

歩く時の特徴➀踵を着く時期➁片足立ちになる時期③つま先でけり出す時期

ビルケンシュトックはこの人間の歩きの主要な3つの時期に効果的に良い影響を与えてくれる構造となっているので簡単に解説していく。

踵をつく時期にヒールカップが機能する

踵をつく時期とは文字通り足を一歩踏み出し踵が接地する時期である。

前方への推進と衝撃吸収

この時期は

  • 前方への推進力
  • 体への衝撃を吸収する

という役割を担っている。

踵からしっかりつくことにより前方への推進力が生まれ、スムーズな歩きとなり、歩きやすくしてくれるのだ。

これがもしつま先から接地してしまうと後ろへの推進力が働くので、うまく歩くことが出来ず、すぐ疲れてしまうのだ。

※踵をつく時期の機能を高めてくれるヒールカップの構造についてはこちらの記事にて詳し宇解説しているのでぜひご参考にしてください。

ヒールカップの機能アイキャッチ
【ビルケンシュトックの歩きやすさに迫る】踵に隠された機能とは⁉︎

季節を問わずにビルケンシュトックのサンダルや靴は多くの方々に愛され、履かれている。 なぜこんな多くの方にビルケンシュトッ ...

続きを見る

片足立ちになる時期

踵を接地したら、次は片足立ちになる時期である。

片足立ちの安定性

この片足立ちになる時期は踵を接地して生まれた前方への推進力を上手く前方へ伝える時期である。

片足立ちになる時期に必要なのが『片足立ちの安定性』である。

片足立ちの安定性がなければ、前述したように、前方への推進力を上手く前方へ伝える事が不可能になる。

この安定性を向上させてくれるのが、ビルケンシュトックの土踏まずの部分にある『アーチサポート』の構造である。

このビルケンシュトックの構造によって、踵をついてからの推進力が左右に逃げずに前方へ伝えることができるのである。

その事によって、スムーズに前へ歩くことができ、あるきやすく感じるのだ。

※ビルケンシュトックのアーチサポートの構造についてはこちらの記事にて詳しく解説しているのでぜひご覧ください。

ビルケンシュトックアーチサポートの機能アイキャッチ
ビルケンシュトックは扁平足に良い!秘密はアーチサポートに隠されていた

オシャレで機能的なサンダルとして有名なのがビルケンシュトックのサンダルである。 種類も豊富であり、夏用のサンダルだけでな ...

続きを見る

ブレーキをかける(蹴り出す)時期

そして最後はブレーキをかける(蹴り出す)時期である。

これは先ほど解説したビルケンシュトックのトゥーグリップが大活躍する時期である。

つま先でブレーキ

踵をついて、片足立ちになる時期を経て前方へ移動した推進力を減少させる時期である。

もし前方への推進力が減少させることが出来なければ、反対側の足を出す時にとても非効率的な動きになってしまう。

それだけでなく、止まる時に多大な力が必要となるので運動効率的に悪くなってしまうのだ。

その為、つま先でブレーキをかける時期が必要になってくる。

前方への推進力が減少させる最大の立役者がトゥグリップであることを覚えておこう。

ビルケンシュトックのつま先のトゥグリップが歩きやすさを生み出す理由のまとめ

今回はビルケンシュトックのつま先部分のトゥグリップの構造がなぜ歩きやすさを引き出してくれるのか?その理由について詳しく解説していた。

POINT

  • ビルケンシュトックのつま先部分のトゥグリップの構造は歩きのブレーキをかける(蹴り出す)時期に役に立つ。
  • つま先部分のトゥグリップがあることによって、つま先の機能が高まる。
  • つま先部分のトゥグリップによって、歩きのブレーキをかけやすくなり、反対側の足を出しやすくなる。

今回はビルケンシュトックのつま先部分のトゥグリップの構造に着目して記事を書いたが、ビルケンシュトックの凄さはそれだけではない。

ビルケンシュトックに用いられている素材などもよく考えられている。

足から健康を提供したい!という想いが伝わってくる構造である。

巷ではオシャレサンダルだと認識されがちであるがその裏側には2世紀に渡る足の知識が詰め込まれているのだ。

その機能を発揮するためには、正しいサイズを選んで履くことが大切になる。

物の構造には理由がある。

その理由をしっかり理解した上で使用していくことも大事である。

足のトラブルだけでなく、身体にトラブルが生じている人はまずは足元から見直してみてはいかがだろうか?

ビルケンシュトックが絶対に役に立つはずだ。

長尾 龍男
この記事を書いた人 : 長尾 龍男

愛知県岡崎市在住。整体院柔YAWARAを設立した理学療法士。柔YAWARAにて関節のトラブル由来の肩こりや腰痛、膝の痛みのケアを提供しております。その傍、「理学療法士」として整形外科で培った知識を活かして、『障害の原因』や『予防方法』『身体のメンテナス・ケアのやり方』をこちらのメディアにてご紹介しております。僕の想いはただ一つ。【僕の技術によって皆様の「お身体」のトラブルが改善し、より良い状態になっていただく事。】 ※より詳しいプロフィールや僕の想いは運営者情報もご覧ください。

Copyright© 健康増進メディア『柔 YAWARA』|愛知県岡崎市で理学療法士が立ち上げた整体院が運営するメディア , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.