ビルケンシュトックは扁平足に良い!秘密はアーチサポートに隠されていた

投稿日:2019年7月19日 更新日:

ビルケンシュトックのアーチサポートは扁平足に効くアイキャッチ

足の痛み

オシャレで機能的なサンダルとして有名なのがビルケンシュトックのサンダルである。

種類も豊富であり、夏用のサンダルだけでなく、冬用や靴まである。

そんなビルケンシュトックのサンダルは非常に履きやすく、日本人に多い扁平足の方でも歩きやすさを実感する事ができる。

扁平足の方がビルケンシュトックを履くと何故歩きやすくなるのだろうか?

その秘密はビルケンシュトックの2つのアーチサポートの構造に隠されている。

今回は扁平足の方でも歩きやすくなるビルケンシュトックのアーチサポートの構造について解説していく。

何故ビルケンシュトックを履くと扁平足の方でも楽に歩けるのか?

ビルケンシュトックのサンダルは非常によく考えて作られている。

それは構造だけでなく、素材までも足に良い環境を与えるものとなっている。

それもそのはず、ビルケンシュトックが生まれたドイツでは2世紀近く前より『足の医学』が発達し日本よりも足に対する意識が高いのだ

残念ながら、日本ではまだ靴はファッションとしての履物という意識が強く、健康を支える土台という認識を持っている人が少ない。

その為、大きすぎる靴を選んでしまったり、小さすぎる靴を履いていたりと非常に足に負担をかけてしまっている。

それに加えて日本の生活様式の関係で、「扁平足」になりやすい環境でもある。

幼少期より適切な靴を履き、足の発育が上手く進めばこのような扁平足になる事はすくないだろう。

しかし、例え扁平足になってしまったとしても、扁平足による弊害を防ぐ方法はいくらでもある。

その一つとして、ビルケンシュトックのような機能的な履物もしくはインソールを使用する事である。

その理由としては、ビルケンシュトックに搭載されている2つのアーチサポートが扁平足の足にとてもいい影響を与えるからだ。

※ビルケンシュトックのヒールカップの機能についてはこちらの記事にて詳しく解説しているので是非ご参考にしていただきたい。

BIRKENSTOCKアイキャッチ
【ビルケンシュトックの歩きやすさに迫る】踵に隠された機能とは⁉︎

季節を問わずにビルケンシュトックのサンダルや靴は多くの方々に愛され、履かれている。 なぜこんな多くの方にビルケンシュトッ ...

続きを見る

足に良い機能的な履物であるビルケンシュトックのアーチサポートについて解説する前に

  1. 人間の正常な歩き
  2. 扁平足の人の歩き

について説明する。

その後に、2つのアーチサポートの機能について解説していく。

※柔YAWARAが動画内にてビルケンシュトックの2つのアーチサポートの機能について詳しく解説しております。YouTubeでは柔YAWARAによく寄せられるお身体のトラブルについて、それを解消するためのエクササイズを定期的に紹介しておりますので、是非チャンネル登録もよろしくお願いします。



正常な歩きについて

人の歩きは非常に複雑であり、いくつもフェーズに分けて分析する事ができる。

今回は一般の方にも分かりやすいように、主要な3つのフェーズをご紹介していく。

正常な歩きでは

  • 踵を接地する時期
  • 片脚立ちになる時期
  • ブレーキをかける時期(蹴り出す時期)

の主要な3つのフェーズがある。

前方へ推進しやすくなる

衝撃を吸収してくれる

つま先でブレーキ

※以前こちらのビルケンシュトックの機能についての概要を解説した記事でも、正常な歩きについてご紹介しているのでこちらの記事も是非ご覧ください。

ビルケンシュトックを履く超絶効果!「身体が楽に動く」驚くべき機能とは?

健康は足下から! 病院で勤務していた頃から、履物はビルケンシュトックを愛用していた。 足の構造を勉強して、インソールも学 ...

続きを見る

ビルケンシュトックに搭載されている2つのアーチサポートは特に『片脚立ちになる時期』『ブレーキをかける時期(蹴り出す時期)』に役に立つ。

この時期に安定性をもたらしてくれるのがアーチサポートなのである。

なぜ安定性が増すかについては後ほど綴っていく。

扁平足の人の歩きについて

扁平足とはどんな足の状態かご存知だろうか?

扁平足というのは足のアーチが潰れてしまい、歩きに重要な後脛骨筋や長腓骨筋と呼ばれる筋肉が働きづらい状態の足の事を呼ぶ。

内側縦アーチ正常

内側縦アーチ扁平足

外側縦アーチ正常

外側縦アーチ扁平足

横アーチ正常

横アーチ扁平足

扁平足は、

  1. 踵を接地する時期の衝撃吸収はできるが、踵をついた時に生まれる推進力を得づらい。
  2. 片脚立ちになる時期に安定した片脚立ちができないので、前方への推進力が生まれづらい。

という主にこの2つの特徴を有している。

簡単に言ってしまえば、足のアーチがないので、推進力が前方へ伝わらず、前に進もうとしても上手く進む事が出来ないのだ。

そして、知らぬ間に努力して歩く為、足底や膝などの他の関節が痛くなってしまうのだ。

これが扁平足であるデメリットとである。

しかし、この扁平足は前述した通り成長過程で適切な靴を履いて生活する事によって有る程度は回避できるのだ。

その為、子供の靴選びは非常に大切なのである。

ビルケンシュトックの2つのアーチサポートの効果を解説

大人になっても扁平足の人はどうしたら良いのだろうか?

前述した通り、扁平足の方は足のアーチがない為、本来得られるはずの推進力が得られない状態に陥っている。

その為、非常に運動効率が悪くなっており、歩いていても非常に疲れやすい状態に陥っている。

その為、アーチを復元するテーピングやインソールもしくはこちらの記事でご紹介しているビルケンシュトックを履く事が有効的だ。

そうする事で扁平足の方の運動効率が上がり、疲れにくくなる。

扁平足の方がビルケンシュトックを履く事によって運動効率が上がる秘密は2つのアーチサポートがあるからだ。

外側と内側アーチサポート

以下に

  1. 内側のアーチサポートの機能
  2. 外側のアーチサポートの機能

について解説していく。

内側のアーチサポートの機能について

内側のアーチサポートは足の『内側縦アーチ』を支えてくれる構造となる。

内側アーチサポート

内側縦アーチ扁平足

この内側縦アーチを支えてくれる事によって『後脛骨筋』と呼ばれる筋肉が活動しやすくなるのだ。

後脛骨筋

外側のアーチサポートの機能について

外側のアーチサポートは足の『外側縦アーチ』を支えてくれる構造となる。

外側アーチサポート

外側縦アーチ扁平足

この外側縦アーチを支えてくれる事によって『長腓骨筋』と呼ばれる筋肉が活動しやすくなるのだ。

長腓骨筋

これらの内側と外側のアーチサポートの効果により、扁平足によって上手く機能できていなかった長腓骨筋や後脛骨筋が機能しやすくなる。

つまり、『片脚立ちになる時期』の左右のふらつきがなくなり安定性が増す。

その結果、踵を接地した時に得られる推進力が左右に逃げずに前方へ上手に伝わるようになり、扁平足の方の前方への推進力が増し歩きやすくなるのだ。

片脚立ちの時期の安定性が増し、前方への推進力が向上する

※片脚立ちの時期で前方へ推進したら、次は反対側の足をうまく出すために、ブレーキをかける時期が待っている。そのブレーキをかける時期の機能を高めてくれるのが、ビルケンシュトックのトゥグリップの役割だ!詳しくはこちらの記事にて解説しておりますのでぜひご覧ください。

ビルケンシュトックのトゥグリップのすごい機能アイキャッチ
ビルケンシュトックのつま先構造がスムーズな歩きを生み出す理由だ!

ドイツ生まれのビルケンシュトックのサンダル。 ドイツは日本よりも足病医学が進んでおり、2世紀以上前より履物に関してはシビ ...

続きを見る

扁平足の方でも楽に歩けるビルケンシュトックのアーチサポートのまとめ

今回は扁平足の方でも履けば楽に歩く事が出来るビルケンシュトックのアーチサポートの機能について解説した。

POINT

  • 扁平足は足のアーチが潰れ、歩行に必要な「後脛骨筋」や「長腓骨筋」が機能しづらい状態の足の事を呼ぶ。
  • ビルケンシュトックの2つのアーチサポートは足のアーチをサポートしてくれ、「後脛骨筋」や「長腓骨筋」の機能を高めてくれる。
  • 足のアーチがサポートされ「後脛骨筋」や「長腓骨筋」の機能が高まると『片脚立ちの時期』の左右の安定性が増す事で前方へ上手く推進する事が出来る。つまりビルケンシュトックを履く事で扁平足の人でも歩きやすくなる。

日本人は非常足に関して疎い部分がある。

足は身体を支える土台であるが故に、この部分の障害は身体の至る所に負担を与える原因となってしまう。

本当ならば幼少期から足の発育を考えていった方が良いのだ。

もし大人になっても扁平足ならば、扁平足自体を治すことは難しい。

その為、今回ご紹介した機能的な履物であるビルケンシュトックをご使用していただく事が有効的である。

健康は足元から!

これは間違いないのだ。

※当店の公式サイトにてビルケンシュトックをネット販売しております。ご興味がある方は是非ご覧ください。只今送料無料キャンペーン実施中です。

【BIRKENSTOCK】フロリダ ソフトフットベッド[ブラック]メンズ(普通幅タイプ)

訂正:2019/07/26

長尾 龍男
この記事を書いた人 : 長尾 龍男

愛知県岡崎市在住。整体院柔YAWARAを設立した理学療法士。柔YAWARAにて関節のトラブル由来の肩こりや腰痛、膝の痛みのケアを提供しております。その傍、「理学療法士」として整形外科で培った知識を活かして、『障害の原因』や『予防方法』『身体のメンテナス・ケアのやり方』をこちらのメディアにてご紹介しております。僕の想いはただ一つ。【僕の技術によって皆様の「お身体」のトラブルが改善し、より良い状態になっていただく事。】 ※より詳しいプロフィールや僕の想いは運営者情報もご覧ください。

Copyright© 健康増進メディア『柔 YAWARA』|愛知県岡崎市で理学療法士が立ち上げた整体院が運営するメディア , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.