双六小屋〜双六岳・三俣蓮華岳を越えて百名山『鷲羽岳』を縦走登山

投稿日:

鷲羽岳アイキャッチ

YAMA LIFE

このブログではお身体のトラブルに関する情報をメインに書いていますが、時たまにキャンプや登山、旅の思い出などを綴っております。
今回は夏季休業を利用して、嫁と双六岳、三俣蓮華岳、鷲羽岳の縦走登山をしてきたのでその旅の記録を綴ります。
※初日と最終日の新穂高温泉〜双六小屋間のお話はこちらに綴ってありますので、是非こちらの方もご覧ください。
双六岳への道〜北アルプスの美しさと厳しさを味わった登山〜 | 柔 YAWARA|岡崎市の肩こり・腰痛・膝痛専門整体
前回の記事で書いた通り、初日に嫁が足を痛めたので三俣蓮華岳まで行って引き返す予定ですが…
おそらくクライマーズハイになっていたのでしょう…
鷲羽岳を目にしたら登らずにはいられなくなり、登りに行ってしまいました。

双六小屋〜三俣蓮華岳〜鷲羽岳の所要時間

所要時間
【1時間10分】双六小屋 → 双六岳
【1時間10分】双六岳 → 三俣蓮華岳
【45分】三俣蓮華岳 → 三俣山荘
【1時間10分】三俣山荘 → 鷲羽岳
【3時間25分】鷲羽岳 → 三俣峠から巻道 → 双六小屋

双六小屋を眺めながらいざ双六岳へ

双六岳までは一気に上まで上がって稜線を歩いて行くコースがあります。
双六小屋をバックにチングルマを見下ろすのもいい感じです。
双六小屋
上まで上がると世界が変わります!双六岳の全貌が見えてきました!
双六岳
双六岳
双六岳
お決まりのポーズ
双六岳

雷鳥に会えると噂の双六岳で奇跡が

双六岳に到着すると間も無く、雲が立ち込めてきてしまいました。
双六岳山頂
せっかくの展望がと思っていたら、なんと!
雷鳥さんが親子で7匹ほど現れたではありませんか!!
雷鳥
北岳でオコジョと遭遇した以来の感動を味わいました。
※インスタグラムでは何気ない日常を配信しております。是非フォロー宜しくお願い致します。

双六岳をバックに三俣蓮華岳へ

雷鳥に出会えた余韻に浸りながら、いざ三俣蓮華岳へ!
三俣蓮華岳へ
三俣蓮華岳へ
稜線がカッコいい!
稜線きれい
ようやくたどり着いた三俣蓮華岳もやはり雲でいっぱいに…
三俣蓮華岳山頂
本来はここで引き返す予定でしたが、時たま垣間見える鷲羽岳を見て嫁が
「あそこへ登りたい!」
と言いだしました。
意外と近くに見えたので「よし行こう!」と答えました。
おそらく僕も嫁もクライマーズハイになっており、感覚がぶっ飛んでいたのかもしれせん。
帰りがまさかあんな事になるとは…

三俣山荘への道が意外と険しい

目の前に三俣山荘があるのに全然つかない!
鷲羽岳
嫁がそう愚痴をこぼしている通り、降りても降りても全然近づかないのでびっくりです。
降りも意外と急なので帰りは大丈夫なのか?と思うほどでした。

三俣山荘でエネルギー補給をしてからいざ鷲羽岳へ

やっとの思いで三俣山荘へ着き、そこで持参のカレーメシと山荘のラーメンをいただきました!
鷲羽岳のあの急坂をみて、登れるのかなと若干不安な気持ちに…

急坂鷲羽岳!下山がとにかく怖かった…

近くなれば、近くなるだけ鷲羽岳の全貌が…
本当に急で腰が引けてしまいました…苦笑
途中池があり、晴れていれば槍ヶ岳が映り込むそうです。
残念ながら見えませんでしたが、非常に綺麗でした!
鷲羽岳途中の池
そしてようやく山頂へ!
曇っていながらも燕岳・常念岳など北アルプスの山々が美しく見ることができました!
鷲羽岳山頂
そして、帰りが過酷…
帰路
高所恐怖症の僕には地獄でした…

View this post on Instagram

鷲羽岳下山 嫁:腰が引けてるぞ! という投げかけに、ヘタレの私は動画で言っているように答えました。 ほんと、この山は初心者には厳しい…苦笑 #鷲羽岳 #鷲羽岳山頂 #鷲羽岳かっこよ過ぎ #鷲羽岳に一目惚れ #北アルプス * #山登りが好きな人と繋がりたい #山登り好きな人と繋がりたい #山登りが好き #トレッキング初心者 #もう一度登りたい * #嫁と登山 #嫁さんに感謝 #嫁とデート #登山初心者🔰 #縦走登山 * #絶景ポイント #絶景かな #絶景体験 #絶景でした #絶景ハンター * #instamountain #instamountains #highking #climbing #montain * #テント泊 #テント泊登山 #テント場 #登山初心者 #岡崎市の整体院柔yawara

Tatsuo Nagaoさん(@seitai_yawara)がシェアした投稿 -

行動計画はしっかり守ろうと思った帰り道

実は鷲羽岳に登頂したのが15時30分でした。
そこから双六岳まで帰るとなると約3時間30分。
日の入りがおよそ18時45分ぐらいなので、ギリギリ日があるうちに戻れるかどうかの瀬戸際でした…
荷物も軽く、双六岳の巻道があったおかげで、どうにか暗くなる前には双六小屋までたどり着けたので良かったです。
かなりヒヤヒヤしましたが…
※危険ですので、行動計画はしっかり立ててしっかり守りましょう!
途中鷲羽岳が綺麗に見え、雲が幻想的でした。
帰路
山の空はなんとも言えませんね。
帰路

終わりに

若干冷静な判断が出来ずに鷲羽岳に登ってしまいましたが、綺麗な景色を堪能できましたし、無事に戻れたのでひとまず良かったです。
『そこに山があるから登って行くんだ!』と誰かが言っていましたが…
登るときは苦しいし、もう2度と登りたくないと思っても、やはり『そこに山があるから』登ってしまうのですよね笑
今回はその気持ちがよく分かった登山でした!
※新穂高温泉〜双六小屋間のお話はこちらからご覧になれます!是非綺麗な景色を覗きに来てください。
双六岳への道〜北アルプスの美しさと厳しさを味わった登山〜 | 柔 YAWARA|岡崎市の肩こり・腰痛・膝痛専門整体

ちょい足し

カメラを弄っている時、嫁に盗撮されました!
もうちょっとカッコイイポーズの時に撮ってくださいよ笑
ちょい足し

長尾 龍男
この記事を書いた人 : 長尾 龍男

愛知県岡崎市在住。整体院柔YAWARAを設立した理学療法士。柔YAWARAにて関節のトラブル由来の肩こりや腰痛、膝の痛みのケアを提供しております。その傍、「理学療法士」として整形外科で培った知識を活かして、『障害の原因』や『予防方法』『身体のメンテナス・ケアのやり方』をこちらのメディアにてご紹介しております。僕の想いはただ一つ。【僕の技術によって皆様の「お身体」のトラブルが改善し、より良い状態になっていただく事。】 ※より詳しいプロフィールや僕の想いは運営者情報もご覧ください。

Copyright© 健康増進メディア『柔 YAWARA』|愛知県岡崎市で理学療法士が立ち上げた整体院が運営するメディア , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.