開業して1年!人生はロールプレイング

投稿日:

Seitai Zen繕

いつもお世話になっております。

Seitai Zen繕の長尾です。

2022年6月1日にて、開業してからまる1年が経ちました!

長野市に来たのが2021年3月27日。

店舗探して、内装作って開業したのが2021年6月1日。

クレイジーすぎる開業の仕方でした(笑)

この1年はホントに一瞬の出来事の様に過ぎ去ったと思います。

いや~、振り返ると大変だったけど、楽しい、だけどやっぱり大変だった1年でした。

今回の記事では開業してからの1年間を振り返って、お客様への感謝をつづっていきます。

この1年はどうだったのか?

一言で言えば、「本当に大変」でした。

ですが、とても学びのある1年だったと思います。

なんでも、初動には大きな力が必要です。

車も走り出しに大きな力がかかるので、ガソリンが大量に消費されます。

まさにそれと同じで大量のエネルギーを使った1年になったかと。

何にエネルギーを使ったのかを考えると

  • 長野のお客様達はどんな特徴の人が多いのか?
  • どんな文化なのか?
  • 何を生活の主としているのか?

などなど、長野という土地に住んでいる人々を知ることに大きなエネルギーを使ったと思います。

長野に住むまでは、登山で月に2,3回は愛知県から足を運んでいました。

けれど、遊びに行くのと住むのとでは大きな違いがあります。

遊びに来ていただけでは、その土地の表面的な部分しか見れないからです。

長野市に住んで、文化や成り立ちをお客様から聴いたり、調べたりしていくうちに、

「なるほどね!だから、長野にお住まいの方はこのような人が多いんだ!」

と理解できるようになりました。

長野の方の特性がなんとなく分かってからは、スゴイエネルギーを使ってLow GEARで走っていた状態が、少し軽いSecond GEARの状態で走れるようになったかと思います。

愛知県から北へ300km移動しただけで、気候が違えば、景色や文化も違う。

ですが、違わないものが1つだけありました。

それは「人」です。

その土地の特性や何に価値をおくのか?などは違います。

ですが、最終的にその「人」が

  • なにに悩んでいるのか?
  • 何に困っているのか?

ということはどこへ行っても同じだという事が分かりました。

自分の仕事は「人」をみる仕事です。

同じ日本に住んでいれば、「人」に大きな違いはありません。

その「人」のために、自分に何ができるのか?

何の役に立つのか?という事を考えていく事が非常に大切なんだと思います。

それを改めて学んだ1年でした。

お客様に大感謝!

この言葉につきると思います。

路頭に迷うことなく、仕事ができているのは間違いなく皆様のおかげです。

しれっとした場所に、しれっとお店を作ってしまったんですが、徐々に徐々にとお客様が足を運んでくださっております。

長野方々は一人一人がリテラシーが高い!

また何と言っても真面目なのが印象的です。

セルフエクササイズをお伝えしても、8割以上の方がやってくださいます。

これは「真面目」と言って過言ではありません。

私のところへきて下さる方々は、本当にご自身のお身体への関心が非常に高いのかと思います。

それにお応えするためにも、自分は精一杯できることを100%行っていかなければいけません。

自分の仕事はお客様の信頼があってのものです。

そんな信頼は築くためには時間がかかります。

いきなりは絶対に不可能です。

ましてや、知り合いのいない土地ではいうまでもありません。

ですがそんな状況の中でも、去年に比べたら間違いなく皆様から「信頼」をいただいております。

そんな信頼を

  • 今年より来年。
  • 来年より再来年。

と言ったようにどんどん増やしていく努力をしきます。

RPGで例えたら、今現在ようやくレベル2になった村人です。

これからたくさんの経験値を積んで、皆様から「信頼」していただける存在になっていきます。

あらためて

長野にきたばかりの当院に足を運んでくださった皆様には感謝しかありません。

本当にありがとうございます!

ケアにかける想い

私が提供しているケアにはこの2つの想いが含まれています。

  • 私が提供する施術でお身体の状態を改善してもらう
  • 私が提供する施術がきっかけで自分のカラダと対話できるようになってもらう

1つ目は「私が提供する施術でお身体の状態を改善してもらう」というものです。

お越しになってくださったお客様の現状を把握して、状態を説明し、お互いに共有する。

そしてお客様のお身体の状態に最適な施術を提供していく。

といったものです。

そして、もう一つが

「私が提供する施術がきっかけで自分のカラダと対話できるようになってもらう」というものです。

正直自分の仕事は、皆様が健康であれば必要のない仕事です。

なぜなら、そもそも人間には「治る力」が備わっているので。

ですが、現実問題そういう訳にはいきません。

情報過多でかつストレス過多のこの現代社会。

生活しているだけでどこかの関節に負担がかかり、「お身体の痛み」となってエラーが起きます。

そのエラーを解決するのが私の仕事です。

しかし、ただ施術して終わり。というのは正直ダメだと思います。

施術の後が肝心です。

自分の施術時間は1週間で換算すると、168時間分の1時間にも満たない時間です。

残りの167時間はお客様自身が管理しなければいけません。

そのため、お客様自身が自分のお身体と対話できるようになってもらう事が非常に大切なんです。

それを踏まえて、

  • お客様の「治る力」を引き出すためにどんなセルフケアが有効なのか?
  • 状態に応じてどんなことをしていったら、「痛み」や「炎症」が落ち着きやすいのか?

をお伝えすることを自分は大切にしております。

昔からインフォームドコンセント(施術者がお客様に説明し、同意を得る事)が大切だと言われております。

ですが、私としては『インフォームドチョイス』(施術者がお客様に説明した上で、どんな治療を受けるかを選択する事)の方が大切だと考えております。

お客様のカラダをコントロールするのは、私ではなく、最終的には「お客様自身」だからです。

これらのことから、私が提供しているケアには

  • 自分の技術でお客様がよくなってもらう
  • お客様自身も自分のカラダと対話できるようになってもらう

という想いを込めております。

私だけの押しつけではなく、

私とお客様が協力して、

一緒にお客様のお身体をより良い状態にしていけたら最高じゃないでしょうか?

人生ロールプレイングだ!

長野に来てレベル2になりたての村人は、おそらく今後も悩み、もがくことが多いかと思います(笑)

ですが、

今後も「お客様(人)のために、何ができるのか?」ということを常に考えていくことが大切だと思っております。

自分の技術を磨くことはもちろんのこと、「人間力」を高めていくことが、お客様への還元につながるのかと。

愛知で6年近く続けた整体院をひょんなことで閉じることになりました。

そして、長野へ移転したのが昨年のことです。

ですが、その決断には「間違いはない」と思っております。

本当に移転して無事に1年が過ぎて何よりです。

この1年お越しになってくださったお客様、本当にありがとうございました。

私事になりますが、今後もどんどんレベルを上げて、長野の皆様から信頼が得られるように尽力いたします。

またこの1年。

いや、僕が施術できなくなるまで(笑)

どうぞよろしくお願いいたします!

長尾 龍男
この記事を書いた人 : 長尾 龍男

長野県長野市在住。2015年8月愛知県岡崎市にて整体院「柔YAWARA」を設立。2021年6月に長野県長野市にて『Seitai Zen繕』を設立した理学療法士。Zen繕にて関節のトラブル由来の肩こりや腰痛、膝の痛みのケアを提供しております。その傍、「理学療法士」として整形外科で培った知識を活かして、『障害の原因』や『予防方法』『身体のメンテナス・ケアのやり方』をこちらのメディアにてご紹介しております。僕の想いはただ一つ。【僕の技術によって皆様の「お身体」のトラブルが改善し、より良い状態になっていただく事。】 ※より詳しいプロフィールや僕の想いは運営者情報もご覧ください。

Copyright© ゼンブログ|長野県長野市で理学療法士が立ち上げた整体院の「肩こり・腰痛・膝痛」解決ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.