寝て起きたら腰が痛い!その最大の原因を解き明かそう!

   

アイキャッチ

この記事を書いている人


理学療法士 柔YAWARA
愛知県岡崎市羽根町で小さな整体のお店を営んでいる傍ら、肩こりや腰痛・膝の痛みなどでお困りの方々へお身体のケアについての情報を発信中。3度の飯よりお身体のケアが大好き。
⇒詳しいProfileはこちらから
ブログ  Facebook    Twitter





わぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~~~~~~~~~~
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
寝起きは腰がいたいよォォォ!!!!!!!!!!!!!


寝起き腰痛




そんな経験をされた方は多いのではないだろうか?


なぜ寝て起きると腰が痛くなるのか?




その疑問について、今回寝起きの腰痛の原因をご紹介する。


スポンサードリンク


寝起きの腰痛の最大の原因



それは腰の関節が十分に動いていないからである。




例えば、10分歩くのと、10分間微動だにせず立って人の話を聞くとではどちらがつらいだろうか?


後者の方が辛いと答える人が多いだろう。




人の身体は固まっているのに弱い。


固まりすぎると痛みがでる仕組みになっている。


腰の関節が十分に動いていない状態で睡眠に入ることが寝起きの腰痛につながるのだ。



腰の関節が動かなくなる2つの要因をお伝え

する。

【腰の関節が十分に動かない要因その1】寝返りがうてない環境である。



寝返りとは、身体とベッドとの圧を逃がす動作である。


この寝返りがうてないというのは長時間微動だ出来ない事になってしまう。


つまり、腰の関節まで固まってしまうことになる。


寝具がこのような状態では無いだろうか?

ベッドが狭すぎる。



ベッドが狭すぎて十分に寝返りが打てない。


ベッドが狭い



枕が高すぎる。



枕が高すぎて、寝返りがうちづらい。


枕が高すぎる



枕が低すぎる。



枕が低すぎて寝返りがうちづらい。


枕が低すぎる



掛け布団が重すぎる



掛け布団が重すぎて寝返りがうちづらい。


掛け布団が重すぎる



【腰の関節が十分に動かない要因その2】身体が動いていない状態で睡眠に入る。



1日の仕事疲れがたまったまま、そのまま寝ていないだろうか?


その状態では身体がバキバキになっていることが多い。


もちろん、腰の関節まで固まっていることになる。


その為、寝る前に十分に腰回りの運動をして、腰の関節が十分に動く状態で寝た方が良い。



朝起きた時の腰痛の対策



寝返りがうちやすい寝具にする!


もしくは、寝る前にこのような体操を行おう!

骨盤体操



骨盤体操



猫犬体操



cat&dog




その他こちらで紹介している体操をやると良い!


まとめ



今回、寝起きの腰痛の原因について説明した。


ポイントがこちらだ

・腰が固まっていることにが、寝起きの腰痛の原因となる。


・寝起きの腰痛解消には腰を動くようにしてから寝るようにしよう!


・体操だけでなく、寝具の環境も整えよう!





朝起きた時に腰が痛いと訴える人は多い。


しかし、痛みがあると言うことは何かしら原因があると言うことだ。


しっかり対策をすれば、解消される問題なのでぜひ試していただきたい。



シェア-大歓迎



元理学療法士が腰痛に関する記事を更新しております!
ご興味がある方は是非FACEBOOKにいいね!TwitterフォローLINE登録より更新情報を受け取ってくださいね!

お友達やお知り合いへのシェアー大歓迎!

3度の飯より皆様のボデイケアが大好きな元理学療法士!
現在は百名山制覇をもくろむ整体師として活動中!
この記事を書いている人は詳しいプロフィールで御覧くださいね!

柔再生工場

天才でででー画伯に書いてもらいました⇧
詳しくは絵をポチッと押すかしてくださいませ。



当店柔YAWARAのご予約はこちらから ⇩






 - 腰痛 ,