膝の外側が痛い!そんなあなたは膝の『外側靭帯』が損傷しているかも!

   

この記事を書いている人


理学療法士 柔YAWARA
愛知県岡崎市羽根町で小さな整体のお店を営んでいる傍ら、肩こりや腰痛・膝の痛みなどでお困りの方々へお身体のケアについての情報を発信中。3度の飯よりお身体のケアが大好き。
⇒詳しいProfileはこちらから
ブログ  Facebook    Twitter



スポーツをして膝を怪我した人はもちろん、年を重ねていくと膝が痛くなる人が多くなりますよね!

特に膝の外側の痛み!

この原因の一つとして 膝の外側靭帯という場所が傷ついて痛みを出してしまうことがあるんだ!


そんな膝の外側靭帯損傷について、一般の人でもわかりやすく簡単にまとめてみた!


膝の外側靭帯を痛めている人は是非見てください!


スポンサードリンク


膝の外側の靭帯はこの場所にあるよ!



img_05751

左膝を外側から見ています。



意外と細い靭帯で触るとコリコリしている!

外側靭帯はこうやって痛めてしまう



痛めてしまう原因として大きく2つある!


内側からすごい衝撃が加わった時

PlayPause
Slider



ラグビのーのタックルや交通事故などでケガをしやすい!


体重が増えたり、年を取って膝がO脚になってしまう時





膝がO脚変形してしまうと慢性的に外側の靭帯に負担がかかってしまう!

外側靭帯を損傷したらこんな症状がでる



img_05751


膝の外側を押すと痛い

膝がぐらつく

力が入らない。

膝が腫れぼったい


歩くのが凄い辛くなります!

痛めはじめは日常生活に支障をきたすこともありますよ。


実は外側の半月板を痛めることによっても、膝の外側の痛みが出ます。


外側半月板損傷による膝の痛みについては膝の外側半月板を痛めるのは稀ですよ!でも、要注意やで~!を御覧ください。

痛めたらこうやって対処しよう!

原因が外側から凄い初撃が加わった時の場合



・すぐにアイシング

・医療機関でギプス・サポーターで固定

・0~2週は炎症がひどいので安静・固定を!


サポーターはこのような両側に支柱が入っていて横揺れを防止してくれる物が良い!ご参考までに⇩




・2~4週は靭帯が徐々に治ってくるが、無理をすると悪化してしまう。

その為、痛くない範囲で膝の曲げ伸ばしを!

・4~8週間で靭帯が治ってくるので、その時期から徐々に痛くない範囲で運動を!


4~8週間経って、痛みが落ち着いてきたらこちらの体操でリハビリを!⇩


8つの体操で膝の機能改善を!

原因が体重増加、O脚変形の場合



まず痛みが落ち着くまで安静・サポータなどで固定をしよう!

ある程度痛みが引いてきたら(歩いても痛みがあまり気にならない程度)、膝の体操を行っていこう!

この原因の場合も、この記事の体操が有効ですよ!


体重減らすよりも股関節・膝・足首を動かそう!8つの体操教えます

まとめ

今回のポイントがこちら!⇩

・膝の外側靭帯を痛める主な原因は①外側からのすごい衝撃が加わる時と②加齢による膝の変形の大きく2つある。

・膝を痛めた時の対処法は最初の時期はとにかく安静とサポーターによる固定が大事!

・徐々に良くなってきたら、膝が固まらないように痛くない範囲で膝の運動を行っていこう!



膝のケガはほんとに多い!

だから症状や対処法を知っていると、もしもの時役に立ちますよ。


柔YAWARA
もし膝の痛みでどうにもならない場合は是非当店までご相談ください!


柔YAWARAに膝のケアの相談をする⇩


 - 膝の痛み , , ,