柔 YAWARA|岡崎市の肩こり・腰痛・膝痛専門整体

岡崎市羽根町で理学療法士免許所有者が行う整体

*

膝の痛み

膝の外側側副靭帯損傷後の治し方・リハビリを教えて!

投稿日:

アイキャッチ
The following two tabs change content below.
柔YAWARA
愛知県岡崎市羽根町で小さな整体のお店を営んでいる傍ら、肩こりや腰痛・膝の痛みなどでお困りの方々へお身体のケアについての情報を発信中。3度の飯よりお身体のケアが大好き。

高校生の時ラグビーをやっていて、左膝の外側側副靭帯を損傷したことがある。

正直、この時はどうしたら良いのか分からなかった。

足はグラグラして、まともに歩けない。

本当に困ったのを覚えている。


世の中にはきっとこのような方が多いのではないだろうか?

今回はそのような方のために、膝の外側靭帯の修復過程とリハビリ方法をお伝えする。

スポンサーリンク

膝の外側靭帯の場所

膝外側側副靭帯の場所

膝の外側靭帯損傷の原因

主な2つの原因

・強い衝撃が膝に加わった時(ラグビーのタックルや交通事故など)

・体重増加や加齢によるO脚の進行

詳しくはこちらを御覧ください!

膝の外側が痛い!そんなあなたは膝の『外側靭帯』が損傷しているかも! | 柔 YAWARA|岡崎市の肩こり・腰痛・膝痛専門整体

膝の外側靭帯はどのくらいで修復するの?

通常人の靭帯は損傷後2週間は炎症が非常に強い。

その後4〜8週にかけて靭帯の修復が進んでいく。

8週以降、数年かけて靭帯の修復が行われ、強度が増していく。

膝の外側靭帯の治し方・リハビリ

外側靭帯損傷してから2週間までの期間

以下の3つを守っていただきたい。

・靭帯の修復を促すための装具による固定をする。

・膝の可動域を早期に確保するために痛みがない範囲で曲げ伸ばしをする。

・股関節の体操を行い足全体の力を落とさないようにする。

オススメのサポーターがこちら

ひどい損傷の場合はこちらのような強固な支柱があったほうが良い。

軽度な損傷ならこのようなサポーターがよい。

左右に支柱が入っているので膝が安定する。

詳しい体操・リハビリ法はこちらから



外側靭帯損傷してから2〜6週の期間

8週にかけて靭帯が修復してくる時期である。

固定は続け、膝の動きの向上と筋力の回復を目指せしていく。

詳しい体操・リハビリ法はこちらから

※スクワットは装具を着用したまま行っていこう!

外側靭帯損傷してから8週間以降

靭帯が更に修復してくる時期である。

膝の可動域改善と筋力回復を行うため、2〜6週の体操を続けていく。

スポーツ等を行なっている方は更に負荷の高いトレーニングを行う。

今回はその件について割愛する。

まとめ

膝の外側靭帯損傷後のリハビリについてまとめた。

ポイントがこちら

・膝外側側副靭帯は6〜8週間にかけて修復してくる。

・膝外側側副靭帯損傷後、最初の2週間は固定をしっかり行う。

オススメのサポーターがこちら

・膝外側側副靭帯損傷後、2〜6週の期間は膝の動きと筋力を改善させていく。

・膝外側側副靭帯損傷後、8週以降は回復状況に合わせて動きと筋力を回復させていく。スポーツをしている人は更に強度が強いトレーニングを行う。



正しくケアを行わないと早く治るものも治らない。

この記事が高校時代の僕のように怪我をした時どのように対処をしたら良いか分からない人の役に立てば何よりだ。

The following two tabs change content below.
柔YAWARA
愛知県岡崎市羽根町で小さな整体のお店を営んでいる傍ら、肩こりや腰痛・膝の痛みなどでお困りの方々へお身体のケアについての情報を発信中。3度の飯よりお身体のケアが大好き。

-膝の痛み
-, , ,

こちらの記事もオススメ!