島根県で見つけたら絶対に写真に納めたい黄色い『ミツマタの花』

投稿日:2019年4月3日 更新日:

アイキャッチ

TABI LIFE

初の島根県へ上陸!

今回は『出雲大社』と『大山(だいせん)』というお山に行くことが目的の旅でした。

出雲大社の、このしめ縄には圧巻でした!

出雲大社

明確な計画を立てずにぶらりとするのも旅の醍醐味です。

そんなノープランで訪れたのが韓竈神社(からかまじんじゃ)!

Googleさんで「島根県 旅行」と検索して見つけた場所です。

出雲大社の雰囲気も良かったかけど、ここの雰囲気も実に神秘的でした。

この韓竈神社が最終目的でしたが、その道中にある『ミツマタ』と呼ばれる黄色い花を咲かせる木を見に行くというのも目的でした。

ついに植物を見に遠征までしてしまう年齢にになってしまったのかとしみじみに思っていましたが、このお花が本当にきれい!

鮮やかな黄色い花がズラーっと咲き誇っていて、まるで桃源郷のような光景でした!

今回は島根県へ旅で見つけた『ミツマタ』と呼ばれる黄色のお花を咲かせる木のお話を綴っていきます。

ミツマタの花とは?

皆様はミツマタのお花を見た事があるでしょうか?

一つ一つのお花は小さいのですが、束になって、こんもりとした形が非常に可愛いらしいお花です。

満開のものでは、黄色がとても鮮やかで、ひまわりやパンジーとはまた違う雰囲気の綺麗な色の花をしております。

実際の写真がこちらになります。

ミツマタ

実際の木は僕より少し高いぐらいで、全部のお花が首を垂れる様に下を向いているのが特徴的です。

ミツマタ(三椏、学名:Edgeworthia chrysantha)は、冬になれば葉を落とす落葉性の低木であり、ジンチョウゲ科のミツマタ属に属する。中国中南部・ヒマラヤ地方が原産地とされる。3月から4月ごろにかけて、三つ叉(また)に分かれた枝の先に黄色い花を咲かせる。

出典:Wikipedia

このミツマタは妻曰く、三重県の鈴鹿山脈や愛知県の奥三河でも見る事が出来るそうです!

mikachi_1010.さんのインスタグラムではこの様な妖精の森のような写真が挙げられていました!

あまりにも綺麗すぎます!

View this post on Instagram

. . . ・。ฺ・妖精さんのかくれんぼ。ฺ・。 . . ❀ミツマタ(Oriental paperbush) . ❀花言葉 : 「強靱」「肉親の絆」 . location : 栃木県茂木町 焼森山ミツマタ群生地 . . . . #ミツマタ #森の妖精 #はなまっぷ #花言葉 #カメラのキタムラ#ニコン倶楽部 #東京カメラ部#キタムラ写真投稿#群生 #一眼レフ初心者#タムロン #マクロ #じゃらん花畑 #写真撮ってる人と繋がりたい#art_of_japan_ #team_jp_flower #jalan_travel #my_daily_flower#tv_flowers#nature_special_#flowerstagram#bns_flowers#wp_flower#lovers_garden#inspiring_shot#orchipii#japan_of_insta#light_nikon#team_jp_#flower_special_

mik@ tamuraさん(@mikachi_1010)がシェアした投稿 -

出典:インスタグラム mikachi_1010.

韓竈神社へ行く道中でミツマタを見つけた

韓竈神社はとてもパワーが強いスポットとしてテレビなどのメデイアにも取り上げられた事がある場所だそうです。

子宝にも恵まれると言われており、神社へ行くまでに30分以上歩き、300段以上の急な階段を経て、人一人通れるかどうかの岩の隙間を通り抜けて、ようやく辿り着くことが出来る場所です。

韓竈神社

このお話についてはまたの機会に記事にしていこうと思います。

ちなみに韓竈神社の駐車場と入り口がこの様な感じになります。

韓竈神社

入り口

アクセス方法がこちらとなります。

道中は人気が少なくすこし不安になりますが、一度中へ入ると川沿いを歩くので非常に気持が良いです。

入り口から少し入っていくと壁から湧き水ときれいな苔がお出迎えをしてくれます。

苔

暫く歩くとポツリポツリと崖にミツマタの木が現れてきます。

時期的に少し遅かったのか入口付近のやつは、真っ黄色というよりかは白色に近いお花になっていました。

それでも近くで写真をとるととてもきれいなお花の色をしていました!

ミツマタ

ミツマタ

ポツリポツリではありますが、小さな可憐なお花からはとても良い香りが漂っていました。

匂いはそれほどきつくはなく、お部屋にこのような香りがあるととてもリラックスできるのではないというぐらい、あまく優しい香りでした!

ミツマタ

ミツマタ

さらにあるき進めるとまっすぐに伸びた林の中に突入していきます。

ここから先が更に凄いミツマタの群生地が出現してきます。

林

ミツマタの群生とパワースポットで癒しのひと時を

林を超えた先にはミツマタの群生がありました。

入り口の時とは違い、ミツマタの木が密に集まり、綺麗なお花を咲き誇らせていました。

満開のミツマタを超至近距離で見てみると三又に分かれているので不思議ですね!

妖精がこの木に住んでいそうな、そんなファンタジーな感じさえします。

人気の少ない林道でこの綺麗で可愛いらしい黄色のお花を咲かせる木を見ると不思議と心が和んできます。

ミツマタ

妻と二人して夢中に写真を撮っていたら、30分のコースが2時間かかっていくはめに笑

人もいないし、川のせせらぎの音も心地よく、目には初めて見る黄色の絶景が広がっていて、まるで桃源郷の様な場所でした!

ミツマタ

そのまま歩き続けると韓竈神社の入り口が見えてくるのですが、それを通り越してしばらく歩くといい感じの滝が見えてきます。

その入り口にはミツマタのトンネルが!

本当にミツマタだらけの綺麗な場所です。

ミツマタ

滝

滝が落ちる様子、そしてその音を聞いているだけで、不思議と心が落ち着いてきますね。

これがマイナスイオン効果なのでしょうか?

滝

※動画の中では韓竈神社周辺にあった滝や小川の風景をジャズにのせてご紹介しております。癒しのひと時をぜひ味わってください。

妻はあいも変わらず、ミツマタにカメラを向け続けていました笑

ミツマタ

カメラ越しに見るミツマタも可愛い!

余談ですが、最近の携帯は昔のミラーレスよりも画質がいいんですね!

その性能に只々驚くばかりです。

ミツマタ

ミツマタの森。

妖精が本当に出てきそうな場所。

しかも、神秘的なパワースポットでもある韓竈神社がすぎ近くにある。

基本は超リアリストですが、この様な場所に来ると本当にパワーをもらえる感じがするので不思議ですね。

最近では研究で地球の磁場を人間は感じているとの報告があるぐらいなので、やはり人間には五感の他にもシックスセンスがあるのかもしれませんね笑

ミツマタ

終わりに

お花を見て何が面白い?と思われる人がいるかもしれませんが、ここの雰囲気、ミツマタの匂い、川のせせらぎの音、風で枝が揺れる音、全てを感じる事で非日常が味わえるのかもしれません。

人間も動物と同じ生き物です。

人工的なものに囲まれているとやはり色々と気づかないうちにストレスを感じてしまいます。

それが肩こりや腰痛などの慢性痛を生んでしまう理由になります。

※ストレスと身体の痛みの関係についてはこちらの記事をぜひご覧ください!

アイキャッチ
人の心が感じるストレスと背中の痛みの関連性とは?

現代社会は色々なたくさんのストレスに溢れている。 例えば、今見ているスマホも目に多大なブルーライトを浴びせて、知らぬ間に ...

続きを見る

この様な自然あふれる場所に来て、時間を忘れるぐらいそこの雰囲気を味わうのはとても精神衛生上良いと感じます。

これは来た人にしか感じる事が出来ないのですが、間違いなく良いです。

是非春に島根県を訪れたら、韓竈神社周辺に咲いているミツマタを見に行ってみてはいかがでしょうか?

訂正:2019/04/04

長尾 龍男
この記事を書いた人 : 長尾 龍男

愛知県岡崎市在住。整体院柔YAWARAを設立した理学療法士。柔YAWARAにて関節のトラブル由来の肩こりや腰痛、膝の痛みのケアを提供しております。その傍、「理学療法士」として整形外科で培った知識を活かして、『障害の原因』や『予防方法』『身体のメンテナス・ケアのやり方』をこちらのメディアにてご紹介しております。僕の想いはただ一つ。【僕の技術によって皆様の「お身体」のトラブルが改善し、より良い状態になっていただく事。】 ※より詳しいプロフィールや僕の想いは運営者情報もご覧ください。

Copyright© 健康増進メディア『柔 YAWARA』|愛知県岡崎市で理学療法士が立ち上げた整体院が運営するメディア , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.