ぎっくり腰になって泣かない為の改善戦略

投稿日:

腰痛

最近ぎっくり腰になるお客様が多い。
対処法が分からない。
ずっと寝てることしか出来ない。
この痛みはずっと続くのか?

などの不安を抱えているようだ。
人の身体は痛くなったら、自分で治そうとする力がある。
ただ、間違った対処をすれば症状が悪化してしまう。
そうならないためにも、ぎっくり腰の痛みが治るまでの道すじを記しておく。
ぎっくり腰で困っている人の灯台になれればと思う。

ぎっくり腰とは何か?

ぎっくり腰とは、『急性腰痛症』と呼ばれるものだ。

急性腰痛症(きゅうせいようつうしょう、英: acute low back )は、突然腰部に疼痛が走る疾患で、関節捻挫・筋肉の損傷・筋膜性炎症などの症状をいう。

出典:ウィキペディア
つまり、何かしらの原因で腰の関節や筋肉、筋膜が怪我してしまうものである。
多くの場合が、重いものを持ち上げる時や顔を洗う時に発生する。
私の現場での経験では、普段からあまり動いてない人が急な動作を行った時に発生する事が多い。

ぎっくり腰はこのように治せ!

ぎっくり腰は以下の順で改善させていったほうが良い。

改善手順
① 最初の3日はコルセットで安静固定。
② 3日~2週間は日常生活ではコルセットをし、腰の運動も合わせて行う。
③ 2週間経過して痛みが改善すれば、コルセットを外し通常の生活へ。

なぜこのような手順を踏んだ方が良いのかを説明していく。

腰の痛みが無くなったら、腹筋で予防を!

腰痛予防にうってつけの3種類の腹筋 | 柔 YAWARA|岡崎市の肩こり・腰痛・膝痛専門整体

最初の3日間コルセットで固定する理由

ぎっくり腰は怪我であるから

例えば、肘を擦りむいてしまったとする。
その時は、肘から血が出て、炎症が起こり、痛みが出る。
ぎっくり腰の場合は身体から血が出ているわけではない。
しかし突然痛みに襲われてしまう。
腰に痛みが出た時点で怪我をしているのと同じなのである。
ぎっくり腰も肘を擦りむいた時と同じように、『腰の関節や筋肉』で怪我が起きている。
つまり、ぎっくり腰は怪我と同じように対処しないといけないのだ。

安静が必要な時期なのでコルセットが第一の選択肢となるから

もう一度先程の例えで考えてみよう。
もしあなたが肘を擦りむいた時、何をするだろうか?
絆創膏や包帯でその部分を保護して、なるべく動かさないようにするはずだ。
そして、ある程度傷が回復してきたら、肘を動かしていく。
くどいようだが、ここで思い出して欲しい。
ぎっくり腰は怪我と同じだ。
その為、ぎっくり腰になったら、まずコルセットで腰を保護するのが第一の選択肢となる。

ぎっくり腰になりやすい部位がこちら

ぎっくり腰は背骨の関節や一番下の肋骨の関節で発生することが多い。
ぎっくり腰の場所
この範囲を固定してあげるコルセットが良い!
コルセット
※このようなコルセットを使うと、腰の痛みが和らぎ、安静を保つことが出来る。
DAIYA bonbone プロハードスリム
ぎっくり腰は怪我と同じなので、コルセットで固定して痛みを緩和させるのが大事である!!

3日~2週間はコルセットと腰の運動を行わないといけない理由

約2週間で痛みは回復してくるが腰自体は硬くなるから

擦り傷も、ぎっくり腰に於いての痛みも最初の3日間は炎症がとても強い。
この時期は痛みを強く感じてしまうのだ。
その痛みは3日~約2週間かけて徐々に良くなってくる。
悪化防止のためにコルセットでの固定がまだまだ必要となる。
しかし、悲しいことに腰の痛みが回復すると同時に身体は硬くなってきてしまう。
それはコルセットをしていればなおさらだ。
だから、痛みが緩和してきたら、腰の体操も同時に行っていくべきなのだ。

痛みが緩和して来たらやっておきたい体操

腰痛を緩和させる超基本的な体操5選 | 柔 YAWARA|岡崎市の肩こり・腰痛・膝痛専門整体

2週間経過すれば、おおよその痛みは改善するが…

3日~2週間で痛みが改善し、コルセットがなくても生活ができるようになる人が多い。
しかし、油断をしてはいけない。
ぎっくり腰が完全に回復するには2~8週必要なのだ。
そして、その期間はぎっくり腰を再発してしまう方が非常に多い。
再発しないためにも、腰の体操で柔軟性を改善していく必要がある。

ぎっくり腰になったらこれだけはやらないで!

ストレッチはするな!

何回も言うが、ぎっくり腰は怪我である。
そして、間違ってはいけない。
ストレッチ はやっていけないのだ。
なぜストレッチをしてはいけないのか?
肘の怪我に当てはめてみれば分かり易い。
肘を擦りむいた時にあなたはその部分をひっぱたり、ストレッチをしたりするだろうか?
傷口が開いてしまうから、やらないはずだ!
ぎっくり腰も同じである。
ストレッチや伸ばす行為は症状を悪化させてしまう原因となるのだ。

お風呂に入らないで!

これも同じ理由である。
血がドバドバ流れているのに熱いお風呂には入るだろうか?
ぎっくり腰になりたての時は症状が悪化してしまうので、2~3日はお風呂には入らない方がよいのだ!

痛いのを我慢すれば治る。はウソ!

ぎっくり腰になりたての時に、このような事をおっしゃる方が多い。
痛いところまで動かせば治るんじゃない?
はっきり言おう。
そんなことをしたら悪化してしまう!
傷口が更に広がり、痛みを強くする原因となるのだ。
ぎっくり腰でつらい方は是非一度当店の施術を!
予約システムからのご予約なら一切手間は不要!さらに初検料1000円割引キャンペーン実施中!

ストレッチポールを使った腰痛予防法もある!

ストレッチポールで体幹を鍛えて腰痛予防! | 柔 YAWARA|岡崎市の肩こり・腰痛・膝痛専門整体

まとめ

今回はぎっくり腰(急性腰痛)についてまとめた。

POINTがこちら
・最初の3日間はコルセットで固定しよう!
・3日~2週間の間はコルセット+体操で改善させていこう!
・2週以降は痛みが改善して、通常の生活を送れるようになる方が多い。しかし、8週までは再発のリスクがあるので油断をしてはいけない!
・ぎっくり腰になりたての時は、ストレッチ・入浴・痛いところまで動かすのはやめよう!!

ぎっくり腰になった時の対処方法が分からない。
痛みが再発してしまう。
いつまで経っても痛みがひかない。
そのような訴えをされる方のために、ぎっくり腰になってから改善するまでの道すじを記しておいた。
このブログがぎっくり腰でお困りの方のお役に立てれば幸いだ!
訂正:2018/03/05

長尾 龍男
この記事を書いた人 : 長尾 龍男

愛知県岡崎市在住。整体院柔YAWARAを設立した理学療法士。柔YAWARAにて関節のトラブル由来の肩こりや腰痛、膝の痛みのケアを提供しております。その傍、「理学療法士」として整形外科で培った知識を活かして、『障害の原因』や『予防方法』『身体のメンテナス・ケアのやり方』をこちらのメディアにてご紹介しております。僕の想いはただ一つ。【僕の技術によって皆様の「お身体」のトラブルが改善し、より良い状態になっていただく事。】 ※より詳しいプロフィールや僕の想いは運営者情報もご覧ください。

Copyright© 健康増進メディア『柔 YAWARA』|愛知県岡崎市で理学療法士が立ち上げた整体院が運営するメディア , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.