膝内側痛の解消のカギはこれ!「内側広筋」を徹底的に鍛えよ!

投稿日:

膝の痛み

この記事で分かること

  • 内側広筋の鍛え方
  • 膝内側痛がある時に内側広筋を鍛える意味

今回の記事では膝内側痛を撃退するための筋肉の鍛え方について解説していきます。

結論からお伝えしておきます。

膝内側痛を撃退するためには「内側広筋」を鍛えて下さい。

こちらの記事では

  • 膝痛を撃退する内側広筋の3つの鍛え方
  • どうして内側広筋を鍛えなければいけないのか?

という順番で解説していきますので是非最後までご覧ください。

「内側広筋」を制する者は膝の痛みを制すとも言われるぐらい非常に重要な筋肉です。そのため、内側広筋の筋肉の鍛え方をぜひ覚えていってください。

関連動画:【膝の内側が痛い】シンプルな撃退法!この筋肉を最優先に鍛えよ!

※YouTubeではお身体のトラブルの原因や改善方法に関する動画を配信しております。ぜひチャンネル登録よろしくお願いいたします。

膝痛を撃退する内側広筋の3つの鍛え方

まずは膝内側痛を解消する為の内側広筋を鍛える3つの方法について解説していきます。

ぜひ一緒にまねして行ってください。

内側広筋の鍛え方①

1つ目はタオルを5秒間つぶしていきましょう。

方法は足を軽く開いてください。

膝の下にタオルを入れてまっすぐつぶしていきましょう。

内側広筋が硬くなるように力を入れていきましょう。

5秒×3セット行っていきます。

※注意点としては、膝の外側の筋肉も硬くなってしまう方は押す力を弱くしてください。

内側広筋の鍛え方②

2つ目はバスタオルを膝に挟んだまま膝を伸ばしていきましょう。

踵はつけた状態でつま先を外に向けるとより内側広筋が鍛えられます。

内側広筋に力が入っているのを確認しながら行っていきましょう。

膝を伸ばしきったまま5秒キープしましょう。

3セット行っていきます。

内側広筋の鍛え方③

3つ目は立った状態でタオルを膝に挟んだまま膝を伸ばしていくだけです。

膝を伸ばしきって内側広筋に力をいれたまま5秒キープしましょう。

3セット行っていきます。

これら3つの鍛え方で内側広筋を鍛えられます。

内側広筋が強化されると膝内側痛が改善していきますので是非お試しください。

どうして内側広筋を鍛えなければいけないのか?

先ほどは内側広筋の鍛え方を3つお伝えしました。

ですが、なぜ内側広筋を鍛えることが膝内側痛の解消につながるのか?疑問に思うと思います。

その理由を解説していきます。

実は内側広筋を鍛えることによって、膝が伸びきるようになるからです。

膝内側痛が出ている人は、膝が伸びらなくなる傾向があります。

膝が伸びきらないと膝は内側に入りやすくなります。

特に女性で顕著に膝が内側に入ってしまい、膝の内側に負担がかかることで膝内側痛が出てしまうのです。

内側広筋は「膝を伸ばしきる」時に活動する筋肉です。

そのため、膝を伸ばしきるためには内側広筋がしっかりと働かないといけません。

ですが、内側広筋は年齢を重ねるごとに細くなりやすい性質があります。

さらにはなかなか鍛えづらい筋肉とも言われております。

そのため、内側広筋を鍛える事によって膝が伸びきるようになり、膝内側痛を撃退することが可能になるのです。

当店にご来店されるお客様でも内側広筋が太くなることによって、膝痛を改善されている方が非常に多いです。

膝内側痛でお困りの方は、ぜひ先ほどお伝えした3つの鍛え方を実践してみてください。

膝の内側の痛みでお悩みの方は是非一度当店にて施術を!
予約受付システムからのご予約なら一切の手間は不要!

ご新規の方は初検料1000円割引キャンペーン実施中!

まとめ

今回は膝内側痛を解消するための内側広筋の鍛え方を解説しました。

POINT

  • 内側広筋は年齢を重ねると細くなりやすい筋肉
  • 内側広筋は膝を伸ばしきるときにとても活動する
  • 膝内側痛が起きている方は膝が伸びきらなくなっている傾向がある
  • 内側広筋を強化することで膝内側痛を改善することができる

膝内側痛になっている方の多くが知らず知らずのうちに膝が伸びきらなくなっております。

そのことによって、膝内側痛を悪化させている人がいるのです。

もし膝が伸びていないようなら、ぜひ内側広筋を鍛えてみてください。

膝内側痛解消に役立つはずです。

焦らず地道に改善させることが膝内側痛を解消していくカギとなるので覚えておきましょう。

※膝内側痛を解消するためにはまずは原因をしることが大切!膝内側痛の5大原因についてこちらの記事にて解説したのでぜひご覧ください。

一目でわかる!膝の内側が痛い時に知っておきたい「5大原因」とは!?

今回の記事では膝の内側が痛くなる5つの原因について解説していきます。 階段をおりたり、立ち上がる時に膝の内側が痛くなるこ ...

続きを見る

※膝内側痛を改善させるためには寝方も非常に大切です。膝への負担を減らす寝方はこちらをご覧ください。

膝内側痛を改善するには寝る方が超重要!

今回の記事では膝の内側が痛い時の寝方について詳しく解説していきます。 膝の内側が痛い時、なかなか膝の位置が決まらずに寝付 ...

続きを見る

※実はこの3つを行うと膝内側痛が悪化してしまいます。詳しくはこちらの記事に解説しておりますので是非ご参考にしてください。

膝の内側が痛い時のストレッチは逆効果!?この3つをやっていると悪化します

今回は膝の内側の痛みを悪化させる3つの原因について解説していきます。 しゃがむ時や立ち上がる時に膝の内側が痛いと、どうに ...

続きを見る

長尾 龍男
この記事を書いた人 : 長尾 龍男

長野県長野市在住。2015年8月愛知県岡崎市にて整体院「柔YAWARA」を設立。2021年6月に長野県長野市にて『Seitai Zen繕』を設立した理学療法士。Zen繕にて関節のトラブル由来の肩こりや腰痛、膝の痛みのケアを提供しております。その傍、「理学療法士」として整形外科で培った知識を活かして、『障害の原因』や『予防方法』『身体のメンテナス・ケアのやり方』をこちらのメディアにてご紹介しております。僕の想いはただ一つ。【僕の技術によって皆様の「お身体」のトラブルが改善し、より良い状態になっていただく事。】 ※より詳しいプロフィールや僕の想いは運営者情報もご覧ください。

Copyright© ゼンブログ|長野県長野市で理学療法士が立ち上げた整体院の「肩こり・腰痛・膝痛」解決ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.