変形性膝関節症になったら絶対にこの寝方はやるな!

投稿日:

膝の痛み

この記事で分かること

  • 変形性膝関節症の時にやってはいけない2つの寝方が分かる
  • 夜間痛が出ているときに行った方がよい3つの寝方について理解できる

こんにちは!理学療法士の長尾です。今回は、変形性膝関節症の時にやってはいけない寝方について一緒に勉強をしていきましょう。

変形性膝関節症の方のお話を伺うと

  • 夜中膝が痛くて寝れない
  • 痛みで目が覚めてしまう

という訴えをよく耳にします。

実際に論文でも変形性膝関節症の25%つまり4人に1人は夜中に痛みが出る『夜間痛』が起きているそうです。

この夜間痛があると、睡眠の質が悪くなってしまい、膝の痛みも回復しづらくなってしまうんです。

やってはいけない寝方を知るだけでも、膝の痛みが回復しやすくなります。

変形性膝関節症による膝の痛みを回復させるためにも、ストレッチや筋トレを行う前に、まずやってはいけない寝方について知ることから始めていきましょう。

【関連動画】変形性膝関節症⑤この寝方は絶対にやるな!

記事の内容はこちらの動画でも解説しておりますのでぜひご覧ください。

※こちらのチャンネルではお身体のトラブルの原因や改善方法についての動画を配信しております。是非チャンネル登録よろしくお願いいたします。

変形性膝関節症やってはいけない寝方①

変形性膝関節症の時にやってはいけない寝方の1つ目が仰向けで膝を伸ばして寝ることです。

変形性膝関節症で膝に痛みが出ている方のほとんどが膝が伸びなくなっております。

これは膝の内側にある内側広筋と呼ばれる膝を伸ばすための筋肉が細くなることで生じてしまいます。

膝がまっすぐ伸びないと、膝の内部で傷ができて痛みが出やすくなります。

膝が伸びない状態で、仰向けで寝てしまうとベッドと膝とに隙間ができてしまうんです。

隙間が空いているということは、膝が重力によって引っ張られて伸びようとしております。

ですが、膝自体は膝内部にできた傷を守ろうとして、筋肉に力を入れて曲げようとしてしまいます。

つまり、膝を伸ばして仰向けで寝てしまうと膝に力が入ったまま寝ている状態になるんです。

膝に力が入ってしまうと、血流がとどこおってしまい、回復がしづらくなってしまいます。

それだけでなく、寝ている間にだんだん膝が伸びて、膝内部の傷を悪化させてしまうのです。

その状態になると夜間痛が起きてしまいます。

そのため、変形性膝関節症で膝が痛いときは膝を伸ばして仰向けで寝ることは絶対にやってはいけません。

変形性膝関節症やってはいけない寝方②

変形性膝関節症で膝が痛い時にやってはいけない寝方の2つ目が痛い方の膝を上にして横向きで寝てしまうことです。

先ほど変形性膝関節症で膝が痛い方は膝が伸びづらくなっているとお伝えしました。

膝が伸びなくなっていると実は膝が内側に入りやすくなります。

膝が内側に入ってしまうと、膝の内側の筋肉や靭帯に負担がかかってしまうんです。

つまり、変形性膝関節症で膝が痛い方は日常生活で膝の内側に負担をかけている状態でもあるんです。

そのような方が、痛い方の膝を上にして横向きで寝てしまうと実は膝の痛みが悪化してしまう恐れがあります。

なぜなら、横向きで寝てしまうと上にある膝が内側に入ってしまうからです。

寝ているときに常に膝が内側に入ってしまうと、膝の内側の筋肉や靭帯などに負担がかかってしまいます。

つまり、膝の内側にある微細な傷が広がってしまうのです。

その状態が毎日続けば、膝の痛みが強くなり、夜間痛が起きてしまいます。

そのため、変形性膝関節症で膝が痛いときは、痛い方の膝を上にして横向きで寝ることは絶対にやってはいけません。

※以前こちらの記事にて変形膝関節症の3大原因について解説しました。変形膝関節症による膝の痛みを改善するためにも原因をしっかりと知っておく必要があります。原因が知りたい方は是非こちらの記事をご参考にしてください。

超わかる!変形性膝関節症の3大原因!最大の原因は加齢ではなく○○不足だ!

そもそも変形性膝関節症とは、文字通り膝が変形して痛みを出してしまう病気です。 多くの方がどうして変形性膝関節症になってし ...

続きを見る

変形性膝関節症の症状を回復させる寝方

では、どのように寝たら、変形性膝関節症による夜間痛が軽減して、回復が促進されるのか?について解説していきます。

変形性膝関節症の症状を回復させる寝方①

変形性膝関節症で夜間痛がある時の寝方の1つ目が膝の下にクッションをいれて寝ることです。

先ほども解説しましたが、変形性膝関節症で膝が痛い方は膝が伸びきらない状態になっています。

そのことで、ベッドと膝の間に隙間が空いているのです。

この隙間が原因で膝に伸びる力が働き、しまいには夜間痛につながってしまいます。

そのため、膝とベッドの間の隙間をうめるように広めのクッションを膝下に入れていただくことが大切です。

膝下にクッションをいれて、隙間がなくなれば、膝に伸びる力が働かなくなります。

伸びる力が働かなければ、膝を守ろうとして力を入れなくなります。

つまり、傷んだ膝がリラックスしやすくなるんです。

膝がリラックスできていれば、血流もとどこおることもなく、膝も回復しやすくなります。

そのため、変形性膝関節症で膝が痛い方は膝の下にクッションを入れて寝ることが大切です。

注意

  • 丸めたタオルを膝下にいれてもよいのですが、少しでも隙間ができてしまうと力が入りやすくなってしまいます。
  • なるべく幅広で面で膝を支えてくれるクッションを入れてください。

変形性膝関節症の症状を回復させる寝方②

変形性膝関節症で夜間痛がある時の寝方の2つ目が膝の間にクッションをはさんで寝ることです。

先ほども解説しましたが、膝が内側に入ってしまえば、膝の内側にある見えない傷が広がってしまいます。

それを防ぐために、膝の間にクッションを入れて、膝が内側に入らないようにしてください。

この時の注意点もできるだけ、幅広いクッションを使用していただくことをおすすめします。

クッションが小さすぎると足を支えられず、結果膝の内側に負担がかかってしまうからです。

また、大きすぎるクッションもやめてください。

足が内側に入らないように大きめのクッションをいれると今度は骨盤がねじれてしまい、腰に負担をかけてしまう恐れがあるからです。

そのため、変形性膝関節症で膝が痛い方は、幅が広めで挟むと楽な大きさのクッションを使っていただくことが大切になるので覚えておきましょう。

変形性膝関節症の症状を回復させる寝方③

変形性膝関節症で夜間痛がある時の寝方の3つ目が背中にクッションをいれて、リクライニングして寝ることです。

実は変形性膝関節症の方の多くが、腰にトラブルを抱えております。

仰向けに寝ると反り腰が強くなるのを防ぐために、膝が曲がってしまう方が非常に多いです。

そのような方は、一度背中にクッションを入れてリクライニングしてみてください。

リクライニングすると自然に膝が伸びるという方は、間違いなく腰のトラブルによって膝が伸びなくなっている方になります。

そのため、変形性膝関節症による膝の痛みだけでなく、腰も痛い方はリクライニングをして寝ていただくことが非常に大切なので覚えておきましょう。

おまけ:Q&A

最後おまけに、『変形性膝関節症で膝が痛い時はどうしたらよいですか?』というご質問にお応えしていきます。

結論から言えば、膝が痛い時は膝のサポーターでまず固定をすることから始めた方が賢明です。

多くの方が、痛みを我慢してストレッチや筋トレを行って痛みを治そうとします。

このような行動の多くが、膝の痛みの悪化を招いてしまいます。

※詳しい理由については以前こちらの記事で解説しておりますので是非ご参考にしてください。

変形性膝関節症で膝が痛いときは絶対にこの3つをやるな!

病院で変形性膝関節症と診断されると、 ストレッチをやってください。 筋トレを行っていきましょう。 というアドバイスを受け ...

続きを見る

変形性膝関節症による膝の痛みがある時は、まず膝のサポーターで固定して膝への負担を減らす事からはじめていきましょう。

膝への負担が減らなければ、自然治癒力が上手く働かず、より痛みが増していくからです。

変形性膝関節症で膝が痛い時はこちらの膝サポーターがオススメです。

こちらのサポーターはベルクロやパテラキャップにより膝を安定させてくれます。

また、膝の両側にある柔らかいコイルバネによって、膝の横揺れを軽減してくれます。

さらには、通気性が良い構造のため、長時間使用しても快適なサポーターとなっております。

こちらのサポーターの詳細に関しては下記のリンクをご参照ください。

理学療法士イチオシ!軽度な変形性膝関節症や膝の痛みにオススメの「膝サポーター」

理学療法士イチオシ!軽度な変形性膝関節症や膝の痛みにオススメの「膝サポーター」

理学療法士イチオシ!軽度な変形性膝関節症や膝の痛みにオススメの「膝サポーター」

膝の痛みでお悩みの方は是非一度当店にて施術を!
予約受付システムからのご予約なら一切の手間は不要!

ご新規の方は初検料1000円割引キャンペーン実施中!

まとめ

今季あは変形性膝関節症の時に絶対にやってはいけない寝方について詳しく解説しました。

POINT

変形膝関節症で膝が痛い時はこの2つの寝方は絶対にやってはいけません。

  • 仰向けで膝を伸ばして寝ること
  • 痛い方の膝を上にして横向きで寝ること

変形性膝関節症で膝が痛い時は、膝の内部や内側に傷がついている状態です。

寝ている時にその傷に負担がかかってしまうと夜間痛がおきてしまいます。

それを防ぐためには、クッションなどを活用して寝ていただくことが大切となります。

また、イレギュラーとして腰のトラブルによって、膝の夜間痛がひどくなっている場合があります。

腰にも痛みがある方はリクライニングをして寝てみてください。

リクライニングすると膝の夜間痛が軽減される方が多いので是非お試しください。

長尾 龍男
この記事を書いた人 : 長尾 龍男

長野県長野市在住。2015年8月愛知県岡崎市にて整体院「柔YAWARA」を設立。2021年6月に長野県長野市にて『Seitai Zen繕』を設立した理学療法士。Zen繕にて関節のトラブル由来の肩こりや腰痛、膝の痛みのケアを提供しております。その傍、「理学療法士」として整形外科で培った知識を活かして、『障害の原因』や『予防方法』『身体のメンテナス・ケアのやり方』をこちらのメディアにてご紹介しております。僕の想いはただ一つ。【僕の技術によって皆様の「お身体」のトラブルが改善し、より良い状態になっていただく事。】 ※より詳しいプロフィールや僕の想いは運営者情報もご覧ください。

Copyright© ゼンブログ|長野県長野市で理学療法士が立ち上げた整体院の「肩こり・腰痛・膝痛」解決ブログ , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.