四十肩の強い痛みがずっと続いてしまう原因はストレッチング⁉︎そのメカニズムを詳しく解説!

投稿日:

アイキャッチ

四十肩・五十肩

現場で四十肩や五十肩の人を見る事が多いのですが、どうしても肩の痛みが長引いてしまう方が非常に多い。実はこの四十肩や五十肩の炎症期は、組織的に非常にデリケートな状態である。その為、安易に考えずに慎重に管理していかなければならない。そうでないと、かえって炎症が悪化してしまい症状が悪くなるだけでなく、回復までに時間を要することになるからだ。
今回はなぜ四十肩や五十肩の痛みが長期間に渡って続いてしまうか?という原因について簡単に解説していく。
※記事を読む時間が取れない方には以下の動画もオススメです。 動画の中では四十肩や五十肩の炎症期が長引いてしまう原因を解説しております。YouTubeでは柔YAWARAによく寄せられるお身体のトラブルについて、それを解消するためのエクササイズを定期的に紹介しておりますので、是非チャンネル登録もよろしくお願いします。



どうして四十肩になってしまうのか?その原因は?

原因を簡単に説明すると、肩の筋肉の加齢に伴う劣化や体幹の可動域が悪くなることによる肩への負担増大が挙げられる。その詳しい内容については以前記事にてご紹介していますので、まずはそちらをご覧になっていただければ理解が深まるかと思います。
体幹の動きの低下が『四十肩』を招く原因!?肩の動きのメカニズムから原因を紐解いていく | 柔 YAWARA|岡崎市の肩こり・腰痛・膝痛専門整体

肩の炎症を長引かせて、辛い痛みが続いてしまう要因とは何なのか?

「そもそもなぜ炎症期を長引かせ、肩の痛みが強いまま長期間経ってしまうのか?」と言うと、肩を痛いところまで我慢して動かしたり、無理矢理ストレッチを行なったり、腕を引っ張ったりすることが原因となる。
実際にその身で実践していただければ体感するので、やってみよう。痛くない方で行なうようにしよう。
まずは自然に動きが止まるところまで肩を動かす。
自然に止まる所まで動かす
その状態まで来たら、今度は伸びる感覚が出るところまで肩に抵抗を加えていく。これがいわゆる『ストレッチ』だ。
ストレッチ
多くの皆様はこの『伸びた』感覚が良いと錯覚されている。
しかし、これにさらに抵抗を加えると『痛み』に変わるのが分かるはずだ。
痛みが出る
自然に動きが止まったところで肩の『組織』的に伸びる限界を迎えている。『伸びた』という感覚が出た時点で組織は『損傷』を起こしている。
いまいちピンと来ていない人に向けて紙を用いてもっと簡単に説明していく。
この紙を引っ張ると、微細にやぶれてしまうのが分かる。
これがいわゆる『伸びた』感覚がするストレッチだ。
ストレッチ
さらに紙を引っ張ると完全に破れてしまう。
組織崩壊
これは痛みが出るところまで伸ばすことと同じで、組織の『損傷』になるのだ。
ストレッチで『伸びた』感覚は組織が損傷する前の警告サインもしくは軽度に損傷が起きているサインと考えた方が良い。
その為、引っ張ったり、ストレッチをしたりするのは避けた方が間違いなく得策だ。もちろん痛いところまで動かすのもNGである。
以上のことから、四十肩や五十肩でもともと関節の内部に傷が付いている人が、『伸びる』感覚が出るところまで伸ばしてしまったり、痛みが出るところまで動かしてしまう事によって、さらに傷が広がっていく。それに伴って、肩の痛みが延々と長引いてしまうのだ。
これらのメカニズムが炎症期を長引かせてしまう原因となる。
※四十肩・五十肩の詳しい改善方法に関してはこちらの記事を参考にしてください。
これで安心!四十肩・五十肩の症状~治し方の記事まとめ! | 柔 YAWARA|岡崎市の肩こり・腰痛・膝痛専門整体

四十肩や五十肩の強い炎症期が長続きしてしまう原因をまとめよう

今回は四十肩や五十肩の炎症期が長引いてしまう原因について解説した。

POINT
・四十肩や五十肩の人の肩の内部には少なからず傷がある。
・伸びる感覚が出るストレッチや痛い所まで動かす事によって損傷が生じる。
・さらに無理して伸ばしてしまう事によって損傷がさらに悪化する。そして、肩の組織が治癒する事なく、炎症が長引いてしまう。

中には「四十肩になっても自然によくなってしまったよ」という方がいますが、その多くは肩が痛くて無理なく肩を使っていた人だ。その為、自然に関節の内部が修復していって、いつのまにか治ってしまったと感じている人が多いようである。
日本人は痛みに耐える文化がある。しかし、それは身体からの危険信号を無視している事になる。四十肩に関しては、痛みが出たら、その身体からの救難信号を無視せずしっかりと管理していく事が大切となるので覚えておこう!

長尾 龍男
この記事を書いた人 : 長尾 龍男

愛知県岡崎市在住。整体院柔YAWARAを設立した理学療法士。柔YAWARAにて関節のトラブル由来の肩こりや腰痛、膝の痛みのケアを提供しております。その傍、「理学療法士」として整形外科で培った知識を活かして、『障害の原因』や『予防方法』『身体のメンテナス・ケアのやり方』をこちらのメディアにてご紹介しております。僕の想いはただ一つ。【僕の技術によって皆様の「お身体」のトラブルが改善し、より良い状態になっていただく事。】 ※より詳しいプロフィールや僕の想いは運営者情報もご覧ください。

Copyright© 健康増進メディア『柔 YAWARA』|愛知県岡崎市で理学療法士が立ち上げた整体院が運営するメディア , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.