回旋が出来ない四十肩や五十肩炎症期に行うべき『安静』を主体とした改善方法

投稿日:

アイキャッチ

四十肩・五十肩

四十肩や五十肩の特徴の一つとして、肩の痛みによる日常生活動作の中での不具合や夜間痛による睡眠障害などがある。

これらの痛みは急性期の四十肩や五十肩の人が経験するものだ。

この痛みを我慢して動かしすぎてしまうとより悪化してしまうので注意が必要な症状となる。

しかし多くの方がその様な痛みの期間ですら無理な動かし方をして四十肩や五十肩の症状を悪化させてしまっている方がいらっしゃる。

そのように悪化させることを続けてしまうと終いには肩の回旋動作が出来なくなるほど悪くなってしてしまう。

今回は四十肩や五十肩が悪化しすぎて、肩の回旋が出来ない上にまだ痛みが続いている肩向けの改善方法を解説していく。

※記事を読む時間が取れない方には以下の動画もオススメです。 柔YAWARAが動画の中で肩の回旋が出来ない四十肩や五十肩の改善方法について解説しております。YouTubeでは柔YAWARAによく寄せられるお身体のトラブルについて、それを解消するためのエクササイズを定期的に紹介しておりますので、是非チャンネル登録もよろしくお願いします。

どうして四十肩や五十肩になってしまうのか?

多くの文献で四十肩や五十肩はその原因が不明とされているが、それは原因が多すぎて特定できないと判断した方が良い。

多くの文献を読み漁り、また現場の経験を踏まえて考察すると『肩周りの筋力低下』『体幹の可動性の低下』などの原因がある。

いずれの場合も加齢に伴う身体の劣化と運動不足による身体の可動範囲の減少が背景にある。

その状態でふとした動作によって肩の内部が損傷し、痛みが出てしまう。

※四十肩や五十肩の原因についてはこちらの記事にて詳しく解説しておりますので是非ご参考にしてください!

アイキャッチ
体幹の動きの低下が『四十肩』を招く原因!?肩の動きのメカニズムから原因を紐解いていく

多くの人が四十肩や五十肩、いわゆる『肩関節周囲炎』と呼ばれる病気で苦しんでいるが実際はどのような症状で、どのような原因で ...

続きを見る

肩の回旋が出来なくなる人は症状としてはひどい分類になる!

肩の回旋が出来ないほど痛みが強くなってしまった場合、それはかなり症状が悪化している事が考えられる。

そのような方の殆どは四十肩や五十肩の初期に痛いのを我慢して無理に動かしてしまう事によって、自ら症状を悪化させてしまっている人がほとんどだ。

日本人の多くが未だに痛いことをする事が良い事、伸びるまで動かす事が改善の近道だと考えている。

これはもはや文化のレベルだ。

しかし、実際は痛みが強くなっている時期に肩を無理やり引っ張ったり、ストレッチングをしたり、痛みを我慢しながら動かしたりすることは症状を悪化させる原因となる。
 
※四十肩や五十肩の症状が悪化していく原因については『炎症期がずっと続いてしまう原因』という記事にて詳しく解説しておりますので、是非ご覧ください!

アイキャッチ
四十肩の強い痛みがずっと続いてしまう原因はストレッチング⁉︎そのメカニズムを詳しく解説!

現場で四十肩や五十肩の人を見る事が多いのですが、どうしても肩の痛みが長引いてしまう方が非常に多い。実はこの四十肩や五十肩 ...

続きを見る

改善させる為には『安静』が大原則

 
怪我の時でも同様な事が言えるのだが、四十肩や五十肩の痛みが強い時期、つまり炎症期で痛みが強い時は基本「安静に保つ」「痛くない範囲、筋肉が伸びない範囲で動かす」というのが大原則となる。
 
特に肩の回旋が出来ないほど症状が悪化している人はこの原則を守らなければならない。
 
人は自然に治る力がある。

このように「安静に保つ」「痛くない範囲、筋肉が伸びない範囲で動かす」というように管理することによって、肩の内部にある傷が修復しやすくなる。
 
特に気をつけないといけないのが、寝ている時と起きている時の肩の位置だ。

以下に寝ている時や座っている時、立っている時の肩のポジションについて詳しく解説していく。

参考文献:結合組織の創傷治癒より見た肩関節周囲炎の病態と治療

肩の回旋が出来ないほどつらい四十肩・五十肩炎症期の改善方法

この時期の改善方法としては前述したように『安静に保つ』という事が大事となる。

その為まずは寝ている時に肩に負担をかけないポジションについて解説していく。

寝ている時の痛みを改善させる為に必要な身体の構造の知識

寝る時のポジショニングを解説する前に人間の肩の構造をお伝えしていく。

実は人が寝る時、肩甲骨は地面にベッタリくっついている訳ではなく、やや前に傾いている。
 
前に傾く

その為、腕を真横に置くと肩の前に負担がかかり、夜中に痛みが出てしまう。

前に負担

肩に負担のかからない位置としては下の写真の位置がベストになる。

良いポジション
 
実際に寝る時は腕がこの位置にあるのが一番と良く、肩の内部の損傷も回復しやすい。決して腕を下に下げないようにしよう。
 

仰向けで寝る時に重要な肩の痛みを改善させるポジショニング

仰向けで寝る際は上記の模型のようなポジショニングを取る事が大事となる。

そのポジショニングを作る為には、まずタオルを2枚ほど重ねて高さを作ろう!

肩の回旋ができる人はお腹の上にクッションを置いて、その上に腕を置こう。

仰向けの良いポジション
 
肩の回旋ができない人は腕のところまでクッションを置いて肘を伸ばして腕をおこう。

仰向けの良いポジション

横向きで寝る時に重要な肩の痛みを改善させるポジショニング

 
横向きで寝たほうが楽な方はこのようなポジショニングを取るようにしよう!

肩の回旋ができる人はまず横向きで寝たら、枕もしくはクッションを抱こう。

その上に腕を乗せると肩への負担が軽減される。

横向きの良いポジション

肩の回旋ができない人は横向きで寝たら身体の横に腕を置こう。

無理に前や後ろに置くと痛みが出る傾向があるので気をつけよう!
 
横向きの良いポジション

立っている時や座っている時に重要な肩の痛みを改善させるポジショニング

次に立っていたり、座っていたりする時の負担のかからないポジションを解説する。
 
腕だけでも3~4kgあるので何もしないと重力に引っ張られてしまい肩や腕がだるくなったり痛みを出してしまう方がいらっしゃる。

そのような方は以下のようなポジショニングを取ろう!
 
肩の回旋ができる人は服を掴んだり、ポケットに入れて肩の負担を軽減させよう。
 
良いポジション

良いポジション

肩の回旋ができない人はズボンを掴み肩への負担を軽くしよう。
 
良いポジション

これは座っている時は腕を反対側でもったり、太ももの上に置くようにして肩の負担を和らげよう。

良いポジション

非常に簡単に実践できるので肩の回復の為に是非良いポジションをとっていただきたい。

※上記の『安静』を保つ方法を行ってもも改善されない方は安静のとり方が間違っている可能性がございます。その際は是非一度当店にてお診せください!

予約受付システムからのご予約なら一切の手間は不要!ご新規の方は初検料1000円割引キャンペーン実施中!

※四十肩や五十肩の炎症期に行いたい動く範囲で動かす体操はこちらの記事にて詳しくご紹介しておりますので合わせてご覧ください。

【四十肩・五十肩になって2週間以内の人必見】炎症急性期の治し方を大公開!

四十肩・五十肩のなりたての人、痛みが出てから2週以内の方を炎症急性期と呼ぶ。 この炎症急性期の過ごし方およびケアの方法を ...

続きを見る

まとめ

今回は四十肩・五十肩で回旋が出来ないほど痛みが強い方の管理方法を解説した。

POINT

・四十肩や五十肩は肩の内部の損傷がある状態であり、肩の回旋が出来なくなっている人は症状がかなり深刻である。
 
・痛みが強い時期は『寝ている時』『座っている時』『立っている時』の正しいポジショニングが大切となる。

・痛みが強い時期は決して無理して動かさないようにしよう!

「安静に保つ」「痛くない範囲、筋肉が伸びない範囲で使う」たったこれだけで方の内部が修復しやすくなる。

決して無理して動かせば、肩の動きが改善するわけではないのだ。

肩の状態に合わせた最良な方法で改善させていかなければならない。

また、肩の回旋ができなくなっている人ほど、痛みが取れたあとの拘縮(肩が固まって動かなくなる状態)がひどくなっている場合がほとんどだ。

その為、今後は長いスパンをみて根気強くケアを行っていく必要があるので心に留めておこう!

長尾 龍男
この記事を書いた人 : 長尾 龍男

愛知県岡崎市在住。整体院柔YAWARAを設立した理学療法士。柔YAWARAにて関節のトラブル由来の肩こりや腰痛、膝の痛みのケアを提供しております。その傍、「理学療法士」として整形外科で培った知識を活かして、『障害の原因』や『予防方法』『身体のメンテナス・ケアのやり方』をこちらのメディアにてご紹介しております。僕の想いはただ一つ。【僕の技術によって皆様の「お身体」のトラブルが改善し、より良い状態になっていただく事。】 ※より詳しいプロフィールや僕の想いは運営者情報もご覧ください。

Copyright© 健康増進メディア『柔 YAWARA』|愛知県岡崎市で理学療法士が立ち上げた整体院が運営するメディア , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.