ゴルフスイングで右肘内側の痛みの改善法『股関節』と『胸椎』を動かせ!

投稿日:

ゴルフのスイング時の右肘の痛みの改善方法

肘の痛み

こちらの記事はこんな方にオススメ

  • ゴルフのスイングで右肘の内側が痛くなってしまう方。
  • ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)になって中々改善されない方。
  • ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)を改善していきたい方。

ゴルフを続けていると肘のトラブルが出てしまう方が非常に多い。

いわゆる上腕骨内側上顆炎つまりゴルフ肘と呼ばれるものである。

その原因として、体幹や股関節の可動域やグリップの握り方、さらにはコッキングやインパクト時の問題などが挙げられる。

以前こちらの記事にて、ゴルフのスイングで右肘が痛くなる詳しい原因と簡単な改善方法についてご紹介した。

ゴルフのスイングで右肘の内側が痛くなる原因と改善方法のアイキャッチ
ゴルフスイング時の右肘内側部痛の詳しい原因と3つの改善法

こちらの記事はこんな方にオススメ ゴルフのスイングで右肘の内側が痛くなってしまう方。 ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)の原因 ...

続きを見る

今回の記事では主にゴルフのスイングで右肘が痛くなった時の詳しい改善方法について解説していく。

まずは主な3つの原因を知った上で、それに対処していく改善方法に取り組んで頂けるとより効果的である。

ゴルフのスイングで右肘が痛くなる3つの原因

ゴルフのスイングで右肘を痛めてしまう多くの原因は前腕の回内と呼ばれる動作をし過ぎてしまうからだ。

特にインパクトの時に前腕の回内動作が加わることによって、過度に円回内筋が使用される。

この円回内筋は上腕骨の内側上顆に付着している為、その部位に負荷が加わり痛みを出してしまう人が多い。

※その他の肘の内側が痛くなってしまう原因部位はこちらの記事にて詳しく解説しておりますので是非ご覧ください。

肘の内側の痛みアイキャッチ
肘の内側が痛くなる『上腕骨内側上顆炎』の原因となる筋肉と骨はどこ?

こちらの記事はこんな方にオススメ ゴルフや野球で肘の内側が痛くなってしまう方。 日常生活で肘の内側が痛くなってしまう方。 ...

続きを見る

ゴルフのスイング、特にインパクト時に前腕の回内が入ってしまう要因としては以下の3つが挙げられる。

  1. 体幹や股関節の動きが硬い。
  2. クラブの握り方に問題がある。
  3. 癖でコッキングする際、前腕の回外が入り、インパクト時に回内が入りやすくなっている。

これらについてそれぞれ改善していく方法を以下に解説していく。

ゴルフのスイングで右肘内側が痛くなる3つの原因に対する改善方法を解説

ゴルフのスイングで右肘の内側が痛くなってしまったら、以下の改善方法をとっていただきたい。

  1. 右肘の炎症が軽減するまでテニスバンドによる固定と安静。
  2. 股関節や体幹の動きの改善。
  3. クラブの握り方の改善。
  4. コッキングの方法の改善。

これらについて詳しく解説していく。

※柔YAWARAが動画の中でゴルフのスイング時の右肘内側痛の改善方法について詳しく解説しております。YouTubeでは柔YAWARAによく寄せられるお身体のトラブルについて、それを解消するためのエクササイズを定期的に紹介しておりますので、是非チャンネル登録もよろしくお願いします。



スイング時の右肘内側の痛みの初期はテニスバンドによる固定が大切

まず注意していただきたいのは、ゴルフのスイング時に右肘が痛くなってしまう場合は炎症が生じている時期だと考えていただきたい。

痛み=内部の傷と認識しよう。

傷がある為、テニスバンドを使用して患部の安静を保たなければならないのだ。

テニスバンド

テニスバンドで安静を

炎症による痛みがある際に過度なゴルフの練習でより炎症症状が強くなり、痛みを長引かせてしまう事になってしまう場合があるので注意していただきたい。

※テニスバンドはこのような物がオススメ!

股関節の硬さに対する改善方法

ゴルフのスイング動作は回旋運動となる。

この回旋は主に股関節と後述する胸椎と呼ばれる胸にある背骨で行われている。

つまり、この回旋動作の主体となる股関節や胸椎が動かなければ、当然肘に負担がかかってしまう原因となってしまう。

以下に股関節の動きを改善していくエクササイズを解説していく。

股関節の内外旋エクササイズ

股関節の可動域改善エクササイズ

方法

  • 腰掛けて行う
  • 片方の膝を内側に倒し、もう片方は外側へ倒す。
  • 左右交互に行う。
  • 左右10回ずつ行おう。

POINT

  • 痛みがない範囲かつ股関節が伸びない範囲で動かしていこう!

体重移動+股関節の可動域改善エクスササイズ

股関節の可動域改善エクササイズ2

方法

  • 肩幅に足を開いて、腰に手を当てて立つ。
  • 軸になる足は正面を向けたまま、反対側の骨盤を軸となる足の方へ持っていく。
  • 左右交互に行う。
  • 左右10回ずつ行おう。

POINT

  • 動く範囲でかつ痛みが出ない範囲でしっかり股関節を動かしていこう!

股関節の可動域拡大エクササイズ

股関節の可動域改善エクササイズ3

方法

  • 手を頭の後ろに回して立つ。
  • 膝を肘にタッチするように股関節を横に開く。
  • 左右交互に行っていく。
  • 左右10回ずつ行っていこう。

POINT

  • 股関節が開かない場合は体幹の側屈を使用して行っていこう。

回旋に関わる胸椎の動きの改善方法

上記で解説した股関節の可動域改善に続き、スイングの回旋動作を改善していく為の胸椎の動きを改善していくエクササイズを解説していく。

胸椎の可動域改善エクササイズ①

体幹の回旋

方法

  • ゴルフクラブまたは傘などの棒を担いで、座って行おう。
  • 顔は正面に向けたまま体を左右に捻っていく。
  • 左右10回ずつ行おう。

POINT

  • 動く範囲でかつ背中などにはり感がでないように行っていこう。

胸椎の可動域改善エクササイズ ②

胸椎の可動域改善エクササイズ

方法

  • ゴルフクラブまたは傘などの棒を担いで、座って行おう。
  • オールを漕ぐように8の字に胸を 回していこう。
  • 左右10回ずつ行っていこう。

POINT

  • 痛みがない範囲かつ動く範囲で行っていこう!

胸椎の可動域拡大エクササイズ

胸椎の可動域改善エクササイズ2

方法

  • 正座をして手を前についた状態で行おう。
  • 片方の手を頭に回し、肘を反対側の脇に向かって身体をひねる。
  • 次に天井を向くように身体を上に開いていく。
  • 左右10回ずつ行っていこう!

POINT

  • 動く範囲でかつ痛みがない範囲で行っていこう!。

原因がクラブの握り方にある場合の改善方法

次に原因がクラブの握り方にある場合の改善方法を解説していく。

握り方を解説する前によくグリップ部分が劣化して滑りやすくなっている方もいる。

クラブのグリップが滑りやすい

そのようなクラブの状態でしたら、早急に新しいグリップへ交換するようにしよう。

続いて、ゴルフのスイング時右肘内側が痛くなってしまう方の多くは、母指(親指 )・示指(人差し指)・中指ばかりを強く握ってしまっている方が大多数だ。

極端な事を言えば 下の画像のような形で握っている。

親指・人差し指・中指でクラブを握りすぎている

そのような方は右肘の内側に負担がかかりやすくなってしまうので、このようなグリップの握り方へ変えよう。

環指(薬指)・小指中心で握る。

薬指と小指中心で握る

クラブを三点支持して、上下に動かしてもブレないように握れるように練習しよう。

ゴルフクラブの持ち方

このようにする事によって、インパクト時に前腕の回内が入りづらくなり、右肘の内側への負担がかなり減少する。

※上腕骨内側上顆炎(ゴルフ肘や野球肘)でお困りな方は是非一度当店にて施術を!

予約受付システムからのご予約なら一切の手間は不要!ご新規の方は初検料1000円割引キャンペーン実施中!

コッキングの方法に原因がある場合の改善方法

コッキングする際に癖で前腕の回外が入ってしまう方も、右肘内側に負担をかけやすくなってしまう。

理由としては、コッキング(テイクバック)する際回外が入ってしまうと、インパクト時に前腕の回内が生じやすくなってしまうからだ。

前腕の回外が入る

インパクト時に前腕の回内が入る

それを防ぐ為にはコッキング(テイクバック)をする際、手関節の橈屈を用いる事が大事である。

橈屈をする

橈屈+体幹の回旋を用いてコッキング(テイクバック)をすれば、前腕の回内が入りづらくなる。

橈屈をしながらコッキングを行う

橈屈からのテイクバック

そして、インパクト時に前腕の回内が入りづらくなり、右肘の内側への負担が減少するのだ。

ゴルフのスイングで右肘内側が痛くなった時の詳しい改善方法のまとめ

今回はゴルフのスイングで右肘内側が痛くなった時の詳しい改善方法について解説した。

POINT

  • ゴルフのスイングで右肘内側が痛くなる原因は体幹や股関節の可動域やグリップの握り方、さらにはコッキングやインパクト時の問題などが挙げられる。
  • ゴルフのスイングで右肘内側の痛みを改善する為には、まずはテニスバンドを使用して、肘の炎症を落ち着かせる。
  • 胸椎や股関節の動きを改善してスイング時の回旋動作をスムーズにする。
  • クラブの握り方を変え、インパクト時の前腕の回内を生じにくくする。
  • コッキング(テイクバック)の方法を変え、インパクト時の前腕の回内を生じにくくする。

ゴルファーの右肘のトラブルは非常に多い。

肘が痛くなるという事は、その部分に負担がかかっている証拠である。

つまり、効率的な動きができていない証拠である。

今回ご紹介した改善方法は飛ぶ打ち方ではなく、あくまでも右肘の内側を考慮したものとなっている。

しかし、こちらの記事で解説した改善方法で身体の動きがスムーズになり、効率良く動くようになれば、もしかすると飛距離や精度も改善する可能性はある。

人それぞれカラダの構造が違うので、今回ご紹介した方法を参考にして頂き、右肘へのリスクを減らしつつ自分のゴルフスイングを見つけて頂ければ幸いだ。

長尾 龍男
この記事を書いた人 : 長尾 龍男

愛知県岡崎市在住。整体院柔YAWARAを設立した理学療法士。柔YAWARAにて関節のトラブル由来の肩こりや腰痛、膝の痛みのケアを提供しております。その傍、「理学療法士」として整形外科で培った知識を活かして、『障害の原因』や『予防方法』『身体のメンテナス・ケアのやり方』をこちらのメディアにてご紹介しております。僕の想いはただ一つ。【僕の技術によって皆様の「お身体」のトラブルが改善し、より良い状態になっていただく事。】 ※より詳しいプロフィールや僕の想いは運営者情報もご覧ください。

Copyright© 健康増進メディア『柔 YAWARA』|愛知県岡崎市で理学療法士が立ち上げた整体院が運営するメディア , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.