【四十肩・五十肩になって2週間以内の人必見】炎症急性期の治し方を大公開!

      2017/06/22

この記事を書いている人


理学療法士 柔YAWARA
愛知県岡崎市羽根町で小さな整体のお店を営んでいる傍ら、肩こりや腰痛・膝の痛みなどでお困りの方々へお身体のケアについての情報を発信中。3度の飯よりお身体のケアが大好き。
⇒詳しいProfileはこちらから
ブログ  Facebook    Twitter



リライト版(2017/06/22)

四十肩・五十肩のなりたての人、痛みが出てから2週以内の方を炎症急性期と呼ぶ。


お客様のケアをしていて感じることは、この炎症急性期の過ごし方を間違ってしまう方が多いという事だ。


多くの方はこの時期に痛みをこらえて動かしすぎたり、過度なストレッチを行っている。


この時期は基本的に痛みが引くまで 安静 が第一だ。


安静 と言っても、全く動かさないのではなく、痛みのない範囲で動かさなければならない。


しかし、痛みをこらえて動かせば改善すると考えている人が非常に多い。


これが日本人の美徳となっているので恐ろしいことだ。


はっきり言おう!


痛みを堪えて動かしても痛みがひどくなるだけである


その為、この記事では四十肩・五十肩の炎症急性期の正しい管理方法・治し方をお伝えする。


スポンサードリンク


四十肩・五十肩炎症急性期とはなにか?



期間

痛みが生じてから2週間以内


症状

肩に痛みが強く生じる時期である。


過度な運動や過度なストレッチで肩に刺激が加わりすぎるとより痛みがひどくなる事が多い。


この時期に必要なこと


それは安静を保つこと!

安静の意味を履き違えないで!



安静を保つこと = じっとして、なにもしない 

という意味ではない。


安静を保つこと = 痛みが出ない範囲で肩を動かしていく

という意味で捉えていただきたい。


ただし少し動かすだけで痛いなら、動すのはやめたほうが良い。


しかし、腕を挙げても痛くないのに動かさないことは大きな問題を発生してしまうので注意しよう!


あくまでも痛みがない範囲で動かすことを心がけよう!

四十肩・五十肩炎症急性期の治し方



基本安静を最優先に考えて欲しい。


それに加え、知っておかないといけない事が3つある。


1.急性期にやってはいけない事

2.日常生活での肩の管理方法

3.就寝時の肩の管理方法



1.炎症急性期にやってはいけない事



・痛みを伴うストレッチ


ストレッチ禁止岡崎市


・アイロン体操と呼ばれる手を振り回す体操


アイロン体操岡崎市


引っ張れば柔らかくなるという方がいるが、それは大きな間違えだ。


肩の組織の損傷を招き、痛みを悪化させてしまう。


紙を引っ張ったら破れますよね?


ゴムを引っ張り過ぎたら、ちぎれますよね?


なんで人だけが、引っ張れば良くなるのでしょうか?


詳しくはこちらの 四十肩・五十肩を治す為に行うストレッチ。超がつくほどやめたほうが良い!(追記2017/02/04)を御覧ください。


その他に 痛みを伴うリハビリ ・ 痛いところまで肩を挙げる行為 などは人の持つ自然治癒力が阻害され、肩の組織に傷がつき痛みが悪化する恐れがあるため、絶対に行わないでください。

2.日常生活での肩の管理方法



四十肩・五十肩の炎症急性期は痛み強い時期である。


その為、以下の方法で 安静 を保ち、肩への負担を軽減させ、自然治癒を促そう!


ポケットに手をいれて、腕の重さを軽減させる

人の腕の重さは4kg前後ある。

腕の重さだけでも肩の痛みを強くしてしまう事がある。

痛みを悪化させないためにも、ポケットに手を入れて、腕の重さを軽減しよう!


ポケットで支える|岡崎市


もし痛みが強くてポケットに手を入れられない場合はは以下の方法を行ってください。


良い方の手で痛みが出ている方の腕を支える


腕で支える|岡崎市


服を掴んで、腕の重さを軽減させる


服をつかむ|岡崎市

3.就寝時の肩の管理方法



これが一番重要な事だ。


炎症急性期の四十肩・五十肩は寝ているだけでも痛みが強く出てくることがある。


その原因として、腕の位置を正しい場所に置いていないからである。


痛みで眠りが妨げられないように、寝る時の腕の正しい位置を覚えよう!


寝る時の悪い腕の位置がこちら


重力で肩が下がり、痛みがでてしまう。


悪い位置|岡崎市


良い例がこちら


重力で肩が下がらないように肩の下にクッションを挟む。


そうすると肩の痛みがかなり楽になる。


クッションを挟む|岡崎市


横向きで寝る時はこのようにしよう!


痛みが出ている肩を上にして、クッションを抱える。


これだけで肩の痛みが緩和される。


クッション|岡崎市


逆に痛みが出ている肩を下にしてしまうと痛みが悪化してしまうので気をつけよう!


四十肩・五十肩の炎症急性期を長引かせないためにも、寝る時の痛みを緩和させる事が大事である。

まとめ



四十肩・五十肩の炎症急性期について簡単にまとめてた。


今回のポイントがこちらである。

・四十肩・五十肩の炎症急性期とは痛みが出てから2週間以内のことをさす

・痛みがとても強いため、安静が第一だ!

・安静=全く動かさないではない!安静=痛みのない範囲で動かす ことを頭に入れよう!

・炎症急性期を長引かせないためにも、寝る時の痛みを軽減させることが大事である!



間違った治し方・管理方法を行っていると、肩の痛みは長く続き、治るまでに時間がかかってしまう。

そうならないためにも、正しい治し方・管理方法を実践していこう!


四十肩・五十肩の炎症期急性期の次は、炎症亜急性期 になります。

詳しくはこちらの 2~4週目の四十肩・五十肩の人へ!ちょっと動かしすぎてない?正しい治し方がこれだ!
を御覧ください。

柔YAWARA
もし自分ではどうにもならない四十肩・五十肩の痛みでお悩みの方は、是非柔YAWARAまでご相談ください!


 - エクササイズ(健康維持・予防・改善), 四十肩・五十肩 , ,