膝裏に痛みを出す4つの原因とは?

      2017/11/28

アイキャッチ

この記事を書いている人


理学療法士 柔YAWARA
愛知県岡崎市羽根町で小さな整体のお店を営んでいる傍ら、肩こりや腰痛・膝の痛みなどでお困りの方々へお身体のケアについての情報を発信中。3度の飯よりお身体のケアが大好き。
⇒詳しいProfileはこちらから
ブログ  Facebook    Twitter



膝が痛いのは気のせいだ!

痛いのを我慢するのが美徳と感じる日本人が多いようですが、痛みというのは身体からの警告サインです。

無下にしてはいけません。


今回は膝裏の痛みの原因を4つお伝えします。


原因を究明するために知識をしっかりつけよう!


スポンサードリンク


膝裏の痛みの原因はこの4つだ!


腓腹筋の痛み

膝窩筋の痛み

膝の関節に水が溜まっていることによる痛み

ベーカー嚢腫による痛み


以上の4つの原因を説明していく。



腓腹筋の痛み


腓腹筋は場所



腓腹筋
*左足を上から見た写真




この場所に痛みを出すことが多い。


この場所で痛みをだす

膝窩筋の痛み


膝窩筋の場所



膝窩筋
*左足を上から見た写真

疲労や膝の使いすぎによって裏に痛みが生じる。



膝に水が溜まっていることによる痛み



水が貯まる


膝がかかっている人は膝に水が溜まりやすい。


水が貯まると膝の中がパンパンになる。

例えれば、水風船が割れそうな状態だ。


その状態で膝を曲げれば、当然痛みが出てしまう。

ベーカー嚢腫による痛み


ベーカー嚢腫とは?



ベーカー嚢腫


膝に水がたまると、その水は膝に吸収される。


でも、吸収されずに行き場をなくすケースがある。
そのようになると水が膝の後ろに、留まってしまう。


これがベーカー嚢腫だ。


この状態で膝を曲げると水が溜まっているときと同様、膝の後ろに痛みが生じる。

まとめ



今回は膝裏の痛みの原因を4つお伝えした。


今回のポイントがこちら

・膝の裏の痛みは筋肉の痛みもしくは水が貯まることによる痛みがほとんどだ。

・筋肉の痛みを出す場所は腓腹筋・膝窩筋である。

・水が貯まる原因としては、膝へ負担がかかっているからだ。



膝の裏の痛みには色々ある。


簡単そうで実に奥が深い。


膝が痛かったら、まずは何が原因なのかをしっかり理解することが大切だ!

シェア-大歓迎



元理学療法士が膝の痛みに関する記事を更新しております!
ご興味がある方は是非FACEBOOKにいいね!TwitterフォローLINE登録より更新情報を受け取ってくださいね!

お友達やお知り合いへのシェアー大歓迎!

3度の飯より皆様のボデイケアが大好きな元理学療法士!
現在は百名山制覇をもくろむ整体師として活動中!
この記事を書いている人は詳しいプロフィールで御覧くださいね!

柔再生工場

天才でででー画伯に書いてもらいました⇧
詳しくは絵をポチッと押すかしてくださいませ。



当店柔YAWARAのご予約はこちらから ⇩







訂正:2017/11/28



 - 膝の痛み , , , ,