膝の中が丸見え!半月板の場所と特徴はこれで完璧だ!

   

アイキャッチ

この記事を書いている人


理学療法士 柔YAWARA
愛知県岡崎市羽根町で小さな整体のお店を営んでいる傍ら、肩こりや腰痛・膝の痛みなどでお困りの方々へお身体のケアについての情報を発信中。3度の飯よりお身体のケアが大好き。
⇒詳しいProfileはこちらから
ブログ  Facebook    Twitter





「あぁ~、半月板がいたんでますね~。」


と整形外科の先生に言われたことはないだろうか?




えっ!?


半月板?




なにそれ?




どこにあるの?




多くの人がそのような疑問をお待ちなようだ。




今回、そんな半月板の場所と特徴を簡単に説明していく。


スポンサードリンク


半月板の場所はここだ!


半月板を正面から見てみよう!



半月板
左足を前から見た写真である。
手書きで半月板と骨をトレースしてある。




半月板には内側半月板・外側半月板がある。



半月板を上から覗いてみよう!



半月板
左足を上から覗いた写真である。




外側の半月板は『丸い形』・内側の半月板は『Cの形』をしている。



半月板の役割がこれだ!



・膝にかかる衝撃を和らげてくれる。


・膝の関節のかみ合わせを良くしてくれる。


・膝に栄養を与えてくれる。




半月板に傷がつくと痛いの?





実は…




半月板には神経が通っていない!


だから、半月板が傷ついても痛くないのだ。


しかし傷がついてしまうと、膝のかみ合わせが悪くなる。


その為、半月板の周りの組織が痛くなる!



半月板に傷がついたら治るの?



血流


半月板を色分けしてみた。


赤色の部分は血液が通っている。


青いの部分は血液があまり通っていない。




つまり半月板の『外側(赤色の部分)』の傷なら、修復してくれる。


しかし、『内側(青色の部分)』の傷は修復しづらいのだ。




半月板の手術について



半月板の手術は痛めた場所によって変わる。




外側(赤色の部分)を痛めた場合

⇨ 縫い合わせる手術


内側(青色の部分)を痛めた場合

⇨ 半月板を除去する手術


を選択される事が多い。



まとめ



半月板について分かりやすく解説した。


今回のポイントがこちら ⇩

・半月板な外側と内側がある。


・半月板の役割は①膝への衝撃の緩和 ②膝のかみ合わせを良くする ③膝に栄養を与える。


・半月板自体は傷がついても痛みはない!痛くなるのは、半月板の周りの組織だ。





膝の半月板について、少しは理解が深まっただろうか?




半月板は膝にとって大事な場所である。


痛めないように日頃から運動やケアを行っていって欲しい。




歩いて移動ができるからこそ、人間は快適に生活できるのだから。



おすすめの膝の体操をご紹介!



もう膝で悩まないための体操【8選】

膝の痛み解消!もう膝で悩まないための体操【8選】を伝授!




ランナーの方はこちらを御覧ください!


ランナー膝の改善法がこちら!テーピング・体操のやり方を一挙大公開!

ランナー膝の改善法がこちら!テーピング・体操のやり方を一挙大公開!



シェア大歓迎!



元理学療法士が膝の痛みに関する情報を更新しております!
ご興味がある方は是非FACEBOOKにいいね!TwitterフォローLINE登録より更新情報を受け取ってくださいね!

お友達やお知り合いへのシェアーも大歓迎!

3度の飯より皆様のボデイケアが大好きな元理学療法士!
現在は百名山制覇をもくろむ整体師として活動中!
この記事を書いている人は詳しいプロフィールで御覧くださいね!

柔再生工場

天才でででー画伯に書いてもらいました⇧
詳しくは絵をポチッと押すかしてくださいませ。




 - 膝の痛み , , ,